三井と三菱 旗艦ブランド九州初進出 福岡に新風を吹き込む大型商業施設
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月10日 14:57

三井と三菱 旗艦ブランド九州初進出 福岡に新風を吹き込む大型商業施設

キッザニアが九州初進出

 2016年2月に閉場し、その跡地活用をめぐって協議が重ねられてきた福岡市博多区那珂の「青果市場跡地」。その再開発事業予定者に、三井不動産(株)(東京都中央区)を代表企業とし、ほかに九州電力(株)と西日本鉄道(株)とで構成されるグループ(以下、三井不動産グループ)が決定した。

▲全体鳥瞰イメージパース
(福岡市提供)
▲「花のエントランス」イメージパース
(福岡市提供)

 三井不動産グループの提案内容によると、「出会いの広場~そして次の景色へ~」をテーマに、新しい賑わいや新しいビジネス、新しいコミュニティの広がりを生み出していく“出会い”にあふれる広場空間を目指すとしている。「花」と「森」をテーマとする2つのエントランスの配置により緑の創出が行われるほか、多機能な10の広場、スポーツパークなどを整備。導入される機能・空間としては、九州初進出となる子ども向けの職業体験施設「キッザニア」のほか、体験農園「アグリパーク」や福岡九州の食材を集積する「福岡フードマーケット」などが提案されている。建設される主な建物は、地上6階建・延床面積13万9,010m2の本体棟・オーバル棟、地上4階・延床面積1万2,560m2の別棟、駐車場棟など。周辺の交通環境への配慮として、新規バス路線を新設したうえで大規模バスターミナルが整備されるほか、自動車交通混雑の緩和のために、敷地後退による道路拡幅も盛り込まれている。

 代表企業の三井不動産は、「今回の青果市場跡地活用事業については、地域の拠点となり得る貴重で大規模な用地開発と認識しておりますので、弊社だけでなく、九電さんと西鉄さんも含めた3社のコンソーシアムで、福岡市の都市の成長に貢献できるように頑張っていきたいと考えております。また今回の提案では、キーワードとして『出会い』を掲げさせていただいておりますが、地域の方々が集う、コミュニティ形成の場としての商業施設を展開していきたいと思います」(広報部)と意欲を見せる。なお、一部報道で商業施設が「ららぽーと」になると報じられている件については、「可能性はゼロではありませんが、現時点で決定しているものではありません」とコメント。

 市の担当課である住宅都市局跡地活用推進部計画課も、「事業予定者が決定し、福岡空港や博多駅に近接する8haを超える敷地規模を生かしたまちづくりが進められていくこととなります。地域も利用できる多彩な広場を始め、魅力的な機能や空間も提案されており、今後、南部地域の顔として地域や福岡市の魅力向上に寄与することを期待しております」と期待を寄せる。

 今後のスケジュールは、今年12月に議会に議案を上程したうえで議決後に契約を結び、その後、19年3月の土地引き渡しを予定。施設の開業予定は2021年度末となっている。

11月にはMARK IS開業

 一方、三菱地所(株)(東京都千代田区)が福岡市中央区地行浜で開発中の商業施設「MARK IS 福岡ももち」は、今年11月21日に開業を予定している。同社が開発する商業施設の旗艦ブランドである「MARK IS」としては3施設目となり、西日本では初進出。開発コンセプトは「モモチゴコチ~まいにちも、とっておきも~」で、シーサイドももちの立地を生かしつつ、周辺エリアと一体となった街並みや臨海エリアとしての空間づくりを行い、地域のランドマークとなる施設を目指していくとしている。店舗面積は約4万8,000m2で、全163店舗のうち新業態が9店舗、福岡県初出店が44店舗となっている。

 また、隣地では三菱地所レジデンス(株)(東京都千代田区)、積水ハウス(株)(大阪市北区)、西日本鉄道(株)が共同で開発を手がけるツインタワーマンション「ザ・パークハウス福岡タワーズ」(WEST棟、EAST棟:各地上28階建・各292戸)が建設中。三菱地所グループとしては初の取り組みとなる、大型商業施設と集合住宅とが一体となった複合開発プロジェクトとなっている。

▲「MARK IS 福岡ももち」全体街区完成予想イメージ

● ● ●

 これらの新たな商業施設が進出してくることで、福岡に“新たな風”が吹き込まれ、周辺地域だけでなく市全体の魅力向上にもつながっていくだろう。こうした動きが市内事業者も刺激し、福岡都市圏のさらなる活性化が進んでいくことを期待したい。

【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月31日 13:00

【住民投票迫る】いよいよ明日。大阪都構想(大阪市廃止)の行方 維新は災害対策「やってる感」を演出NEW!

 政令指定都市が初めて廃止されるか否かでも注目される「大阪都構想(大阪市廃止)」の争点の1つは防災だ。「水の都・大阪」は、豪雨災害や津波被害、さらに高潮などの水害に弱...

2020年10月31日 07:00

ストラテジーブレティン(263)~コロナパンデミックの経済史的考察(7)

 コロナパンデミックは、株式資本主義の新時代を開くかもしれない。米国においては今や金融政策も株価本位といえる。QEが株価など資産価格引き上げに決定的に寄与したが、この...

2020年10月31日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】三権分立論の嘘(1)

 日本国民の大部分が、日本は三権分立の民主主義国であると信じている。しかし、彼らは政治的制度について論理的にも事実実証的にもまったく確認することなく、「制度の建前=真...

2020年10月30日 16:36

【11/2~】「春水堂台湾フェア」で台湾を満喫~春水堂と台湾観光局がコラボ

 タピオカミルクティーなどを提供する春水堂(日本での運営会社:(株)オアシスティーラウンジ)は台湾観光局東京事務所とともに、11月2日(月)から全国の18店舗にて「台...

(株)フジ精機(熊本)/金属部品製造加工

 同社は、10月23日、熊本地裁に破産手続きの開始を申請した...

2020年10月30日 14:57

大和ライフネクストがオンラインを活用したマンション管理員研修を開始~集合型研修の見直しで業務効率と教育効果向上へ

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト(株)は、管理員の入社時研修プログラムにオンライン講義を取り入れてリニューアルし、研修時間の短縮を図っている...

2020年10月30日 13:30

【福岡商工会議所調査】新型コロナウイルスの海外進出企業に及ぼす影響~8割の企業がマイナスの影響があるとしつつも、現地で事業を継続

 福岡商工会議所(藤永憲一会頭、以下、商工会議所)は、九州の海外進出企業385社を対象に実施した「新型コロナウイルス感染症が九州の海外進出企業に及ぼす影響に関する調査...

2020年10月30日 13:00

【新自由主義の波】タネは誰のもの? 菅首相は種苗法改定で日本の農家を殺すのか

 11月1日投開票の大阪都構想の住民投票は、維新と蜜月関係にある菅義偉首相の政権運営にも影響を与えるのは確実だ。野党のふりをしながら与党に協力する「ゆ党」こと維新は、...

総選挙勝利に具体的政策明示不可欠

 10月28日午後5時半より、新宿区四谷区民ホールにおいて 政策連合(オールジャパン平和と共生)主催「政策連合で政権交代-総決起集会&松元ヒロ公演-」が開催された...

2020年10月30日 11:30

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命の論理学(後)

 任命行為を、ある人を選出し(前工程)、その人に地位権限を付与すること(後工程)と定義する...

pagetop