• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月12日 07:03

シリーズ・地球は何処に向かう、日本人はどうなる~日本列島は終焉に向かっているのか(2)

束の間の安息

 8日夕方、福岡市の天神地下街を歩いた。人通りは相変わらず多い。小雨が止んだ後だったので涼しく感じ、往来の女性たちの服装からは秋の雰囲気が漂っていた。筆者の前を歩く女性は赤いセーターを着ていたが、なかなかお洒落なデザインだった。セーターを着ても暑く感じない程、気温が下がっているのだ。秋雨前線の影響だろうか?いずれ暑さは戻ると思うが――。

 女性にとって春・秋シーズンこそがファッションセンスをアピールできる絶好の季節だ。しかし、この30年間、地球温暖化の影響からか、従来の春と秋の気温が観測される期間が短くなってきたように感じる。だいたい1ケ月半ぐらいではないだろうか。ファッション業界も春・秋用のファッション市場が細ることは頭痛の種になっているという。

 それはさておき女性たちが秋のファッションを楽しんでいた8日(土曜日)の夕方は束の間の安息だと感じた。

日本列島悪夢の1週間

 今年は猛暑の夏として記憶に残るだろう。九州北部地方の8月の平均気温は1946年に統計を開始して以降、最高。6~8月の平均気温も2013年に並ぶ暑さだった。また特筆すべきは、この猛暑が北上して東北・北海道の平均気温が急上昇しているということだ。気温上昇に伴って降雨量も増えた。秋田にいる友達(長崎県出身)が「九州と同様の激しい雨が降り、たびたび被害を受けた」と驚く。ある専門家は「10年後には気温40度が異常ではなくなるだろう」と予測している。

 2日(日曜日)から8日(土曜日)の一週間は、まさに「魔の一週間」だった。台風は連日のように発生し、非常に強い台風21号が4日(火)に徳島県に上陸し、その後、兵庫県神戸市に上陸して日本海へと抜けた。上陸した際の中心気圧は940ヘクトパスカルで最大瞬間風速は50mだった。

 風速50mと聞けば「恐ろしく強力な風だろう」と想像できるが、現実感を抱けないだろう。ただ8tトラックが転がっていく様子を目撃すれば恐怖で体が硬直してしまうだろう。人間が50mの風に遭遇したら空へ巻き上げられるのではないか!!この想像を絶する地獄絵図をリアルタイムで見られるのはSNSが普及したからだろう。災害最前線の緊迫した状況を一般の人がスマートフォンなどで撮影した写真に嘘偽りはない。これに比べればテレビニュースの「災害現場からです」という記者のレポートなどは嘘っぱちに感じる。両者の迫力は比較にならない。

 台風21号における最悪の被害は関西国際空港だった。同空港は地盤が沈下し続けているという構造的な弱点がある。だから高潮に脆いことは予想されていた。案の定、高波に襲われた空港は一面、海水に覆われてしまった。退去できない乗降者・空港関連職員たち3,000人がターミナルの建物内に閉じ込められてしまった。足元までを覆う海水に誰もが不安に襲われたことだろう。
今回の関空の脆弱さを徹底検証し、台風襲来への備えを万全にしておかないと、さらなる致命的被害を受けることになる。台風21号を上回る強さの台風が襲来する可能性もあるのだから…。

山野がなくなる

 6日(木)、北海道で震度7の地震が起きた。台風の被害も怖いが、地震の揺れには「もう勘弁してくれ」といいたくなるほどの嫌悪感がある。震源地の厚真町で震度7の揺れに直面した方々は「まさしく現世の地獄」と形容してもよい恐怖感に苛まれたのではないか!!今回の地震は直下型である。「ド、ドーン」という異様な音とともに下から突き上げられた記憶は長期間、消えないだろう。

 2005年の福岡県西方沖地震では震度6弱を経験した。発生が日中だったから気分にも多少の余裕があった。しかし、今回の地震の発生は午前3時ごろ、暗闇のなかで、その恐怖は想像することができない。

 朝、明るくなって厚真町の人たちは絶句したことだろう。見慣れた裏山がないのだ。地震で山が崩壊したのである。裏山の一部ではない。4層5層の山並みが崩壊しているのだ。崩壊した山並みは土砂となり集落を襲い、下敷きになった住民のなかには死者もでるという最悪の被害を招いた。

 震源地である厚真町だけが被害地区ではない。北海道全域が停電になるという前代未聞の事態が発生した。火力発電所の供給に支障が生じるが、消費電力は現状通り。その落差で停電が起きることを専門用語で『ブラックアウト』と呼ぶことを初めて知った。今回の北海道全域の停電は決して自然災害ではない、「人災」と断言して良い。素人の筆者でも「北海道電力の送電網に問題あり」ということに気づく。

 停電が一日続くだけで人々の暮らしに致命的な支障をきたす。電気供給がストップすればテレビが見られない、パソコンが使えない、スマートフォンが使用できない。しかし、それは二の次だ。まず衣食住が不自由になり、食料が底をつくと、生存の危機に直面することになる。今回の地震では北海道民だけでなく日本人すべてが「電気文明」のひ弱さに対峙している。

 地震は日本全国、どこにでも突然、起きると覚悟することが重要だ。「日本列島は台風・地震が荒れ狂う時期に入っているのではないか」という懸念がもち上がってきている。日本は人間とって住みにくい環境に突入しているのだろうか。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年09月21日 17:38

【10/3】福岡のソウルフード、てんぷらの「ひらお」がアクロス福岡にオープン

   福岡のてんぷら専門店「天婦羅処ひらお」が10月3日、福岡市中央区のアクロス福岡地下2階に新店舗をオープンする。店舗面積は約35坪で、席数は30席。...

2018年09月21日 17:11

【沖縄県知事選2018】投票所での撮影は許されるのか?~公職選挙法では「想定外」

  進んで日常を「晒す」時代の秘密選挙のありかた ▲広大な面積を独占する普天間飛行場。  右側に輸送機「オスプレイ」が停まっているのがわかる ...

2018年09月21日 16:55

筑後川に男性の変死体

   21日午後0時57分、福岡県大川市新田の新田大橋から南方約600m先の筑後川内で、通行人が男性の変死体を発見した。現在、福岡県警が遺体の身元などを調べている。

2018年09月21日 16:12

「筑後川で人が流された」は見間違え~ネット一時騒然

   きょう(21日)昼、増水した筑後川で「人が流された」との通報が警察および消防に寄せられ、緊急車両が事故現場とされる河畔に集結。SNSでも「筑後川で誰かが流された...

2018年09月21日 16:09

中国経済新聞に学ぶ~日本3大車メーカー 中国で生産力拡大

   トヨタ、ホンダ、日産の日本3大自動車メーカーがこのごろ、中国での増産投資計画のスタートを相次いで決定し、生産能力を拡大させ、中国市場でより多くのシェア獲得をねら...

2018年09月21日 15:39

生涯介護のいらない人生で最期まで親の尊厳を保つ~痛みや高血圧は悪玉か善玉か?

  日中特殊鍼法研究会会長 長尾治療院院長 長尾 良一  ▲長尾 良一 氏  痛み、痺れ、だるさなどや、不安やイライラ...

安倍政治の終わりの始まり意味する自民党党首選

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は20日の自民党総裁選で明らかになった勢いに翳りがみえる安倍...

2018年09月21日 15:22

アセアンのリーダー国を目指すインドネシアの強みと弱み:日本の出番!(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年09月21日 15:08

地場企業を育成したバンカー(4)~企業と街を育んだ銀行マン

  福岡銀行元専務 杉浦 博夫 氏  地域の発展には、商工業の育成が欠かせない。それを担うのが、主に地元の銀行であろう。預金という形で企業の財産を守る...

2018年09月21日 15:00

【特別企画】芝居と音楽が織りなす至福の時間と空間~1人演劇「信長」

   芝居と音楽のコラボ再び。昨年6月、大濠公園能楽堂で開催された中島淳一氏と黒木あすか氏による競演は大盛況で幕を閉じた。そして今回、新たに元衆議院議員で音楽家の新開...

pagetop