• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月12日 07:03

シリーズ・地球は何処に向かう、日本人はどうなる~日本列島は終焉に向かっているのか(2)

束の間の安息

 8日夕方、福岡市の天神地下街を歩いた。人通りは相変わらず多い。小雨が止んだ後だったので涼しく感じ、往来の女性たちの服装からは秋の雰囲気が漂っていた。筆者の前を歩く女性は赤いセーターを着ていたが、なかなかお洒落なデザインだった。セーターを着ても暑く感じない程、気温が下がっているのだ。秋雨前線の影響だろうか?いずれ暑さは戻ると思うが――。

 女性にとって春・秋シーズンこそがファッションセンスをアピールできる絶好の季節だ。しかし、この30年間、地球温暖化の影響からか、従来の春と秋の気温が観測される期間が短くなってきたように感じる。だいたい1ケ月半ぐらいではないだろうか。ファッション業界も春・秋用のファッション市場が細ることは頭痛の種になっているという。

 それはさておき女性たちが秋のファッションを楽しんでいた8日(土曜日)の夕方は束の間の安息だと感じた。

日本列島悪夢の1週間

 今年は猛暑の夏として記憶に残るだろう。九州北部地方の8月の平均気温は1946年に統計を開始して以降、最高。6~8月の平均気温も2013年に並ぶ暑さだった。また特筆すべきは、この猛暑が北上して東北・北海道の平均気温が急上昇しているということだ。気温上昇に伴って降雨量も増えた。秋田にいる友達(長崎県出身)が「九州と同様の激しい雨が降り、たびたび被害を受けた」と驚く。ある専門家は「10年後には気温40度が異常ではなくなるだろう」と予測している。

 2日(日曜日)から8日(土曜日)の一週間は、まさに「魔の一週間」だった。台風は連日のように発生し、非常に強い台風21号が4日(火)に徳島県に上陸し、その後、兵庫県神戸市に上陸して日本海へと抜けた。上陸した際の中心気圧は940ヘクトパスカルで最大瞬間風速は50mだった。

 風速50mと聞けば「恐ろしく強力な風だろう」と想像できるが、現実感を抱けないだろう。ただ8tトラックが転がっていく様子を目撃すれば恐怖で体が硬直してしまうだろう。人間が50mの風に遭遇したら空へ巻き上げられるのではないか!!この想像を絶する地獄絵図をリアルタイムで見られるのはSNSが普及したからだろう。災害最前線の緊迫した状況を一般の人がスマートフォンなどで撮影した写真に嘘偽りはない。これに比べればテレビニュースの「災害現場からです」という記者のレポートなどは嘘っぱちに感じる。両者の迫力は比較にならない。

 台風21号における最悪の被害は関西国際空港だった。同空港は地盤が沈下し続けているという構造的な弱点がある。だから高潮に脆いことは予想されていた。案の定、高波に襲われた空港は一面、海水に覆われてしまった。退去できない乗降者・空港関連職員たち3,000人がターミナルの建物内に閉じ込められてしまった。足元までを覆う海水に誰もが不安に襲われたことだろう。
今回の関空の脆弱さを徹底検証し、台風襲来への備えを万全にしておかないと、さらなる致命的被害を受けることになる。台風21号を上回る強さの台風が襲来する可能性もあるのだから…。

山野がなくなる

 6日(木)、北海道で震度7の地震が起きた。台風の被害も怖いが、地震の揺れには「もう勘弁してくれ」といいたくなるほどの嫌悪感がある。震源地の厚真町で震度7の揺れに直面した方々は「まさしく現世の地獄」と形容してもよい恐怖感に苛まれたのではないか!!今回の地震は直下型である。「ド、ドーン」という異様な音とともに下から突き上げられた記憶は長期間、消えないだろう。

 2005年の福岡県西方沖地震では震度6弱を経験した。発生が日中だったから気分にも多少の余裕があった。しかし、今回の地震の発生は午前3時ごろ、暗闇のなかで、その恐怖は想像することができない。

 朝、明るくなって厚真町の人たちは絶句したことだろう。見慣れた裏山がないのだ。地震で山が崩壊したのである。裏山の一部ではない。4層5層の山並みが崩壊しているのだ。崩壊した山並みは土砂となり集落を襲い、下敷きになった住民のなかには死者もでるという最悪の被害を招いた。

 震源地である厚真町だけが被害地区ではない。北海道全域が停電になるという前代未聞の事態が発生した。火力発電所の供給に支障が生じるが、消費電力は現状通り。その落差で停電が起きることを専門用語で『ブラックアウト』と呼ぶことを初めて知った。今回の北海道全域の停電は決して自然災害ではない、「人災」と断言して良い。素人の筆者でも「北海道電力の送電網に問題あり」ということに気づく。

 停電が一日続くだけで人々の暮らしに致命的な支障をきたす。電気供給がストップすればテレビが見られない、パソコンが使えない、スマートフォンが使用できない。しかし、それは二の次だ。まず衣食住が不自由になり、食料が底をつくと、生存の危機に直面することになる。今回の地震では北海道民だけでなく日本人すべてが「電気文明」のひ弱さに対峙している。

 地震は日本全国、どこにでも突然、起きると覚悟することが重要だ。「日本列島は台風・地震が荒れ狂う時期に入っているのではないか」という懸念がもち上がってきている。日本は人間とって住みにくい環境に突入しているのだろうか。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 13:00

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(前)NEW!

 NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(2019年6月2日放送)を見た。ある女性が全身の身体の機能が奪われる「多系統萎縮症」という回復の見込みのない難病と宣告され...

2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)NEW!

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経...

2019年08月19日 10:50

海洋資源大国・日本の生きる道:海底に眠るレアアース泥でエネルギー革命を!(後編)NEW!

 「水を制するものは、世界を制す」。これが21世紀の資源争奪戦の現実である。狭い国土に人が密集しているが、石油などエネルギー資源の乏しい国。必要なエネルギー源の9割を...

2019年08月19日 10:39

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会の人事等、設立の準備が進むNEW!

 政府は今秋の臨時国会において、内閣府大臣官房の指揮下、カジノ管理委員会設立に向けた人事案を提出するとのことで、来年度の具体的な実行に向け、着々と準備が整っている。全...

2019年08月19日 10:05

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(前)NEW!

 ホテル事業などを手がけるユニゾホールディングス(HD)は8月6日、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が実施中のTOB(株式公開買い付け)に対し、取締役会として反...

2019年08月19日 09:50

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(後)NEW!

 香港国際空港のマカオ行きバスターミナルは大陸(珠海市)方面行の団体客が溢れ、長時間の待機を余儀なくされた。この際、我々日本人には何も言わない職員が、中国人団体客に対...

「れいわ新選組」経済政策公約歩みと今後の課題NEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は教条主義の下で消費税増税に突き進むことは悪政の代表であると訴えた8月...

2019年08月19日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(後)

 小売業の求人募集といえば、以前はレジ後ろや店頭掲示板を使った店内掲示などが主であった。店内掲示は緊急性を要さない場合や、継続的に新規採用を続けたい場合に向いている。...

2019年08月19日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(後)

 7月10日、横浜銀行と千葉銀行が「業務提携で合意した」との発表があり、業界にインパクトを与えた。いまや銀行同士の業務提携(アライアンス)はとくに珍しくもないが、地銀...

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

pagetop