財産管理のための民事信託活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月13日 13:00

財産管理のための民事信託活用

超高齢化社会の到来

▲岡本成史弁護士

 2025年には、認知症患者とその予備軍が1,000万人を突破すると予想されています。これは、65歳以上の3人に1人という数字です。契約などの法律行為を行うには、意思能力が必要であり、それを欠いた状態で交わされた契約は無効になります。

 近年、高齢者が不動産を売却する目的で契約したのに、契約を履行する前に、意思能力が低下してしまったり、重病で倒れてしまい、契約の履行ができないケースが増えつつあります。資産はあるのに、認知症などのために、財産を適切に管理することが困難となる世帯が増加し、社会全体で不動産の処分が停滞することもあり得ます。相続対策の前に、生前の財産管理のための「認知症対策」を行わなければならない時代となっています。

成年後見制度の不都合

 認知症などによる判断能力の低下に対処する法制度として、成年後見制度(法定後見と任意後見契約)がありますが、現在、制度が硬直化しており、非常に使いづらくなっています。資産を維持する観点から、親族などが勝手に財産を処分しては困るので、一定の財産の処分には家庭裁判所の許可が必要です。結果として、本人の利益になることであっても、生活のために必要ではない財産の処分や、さらには財産を投資して収益を上げることについて、家庭裁判所は消極的です。余剰資産があったとしても、積極的に有効活用することは困難になり、財産は本人の生活や健康の確保、資産自体を維持するためだけに使うことになります。

 「相続税対策」として、たとえば更地にアパートを建築して財産評価額を下げることや、そのために金融機関からの借入をして債務控除を利用することなどもできなくなります。相続税対策は、将来発生する相続税を減らすための対策ですが、相続税の軽減によって利益を受けるのは相続人であって、被相続人(被後見人)本人ではないからです。

 成年後見制度では、相続税対策や積極的な資産運用などの柔軟な対応ができず、これが成年後見制度の1つの限界といえます。

民事信託制度の活用

 民事信託制度は、本人(委託者)が元気なうちから、資産の運用・処分方針などを決定したうえで、信託契約において信頼できる親族などを受託者として資産を預けることで、その後に委託者の意思能力の低下・喪失などの事情が生じても、信託設定時の委託者の意思を維持・尊重し、信託の目的に従って受託者が引き続き信託財産の管理・処分をする制度です。とはいえ、信託設定だけで、何らかの相続税対策になるわけではありませんので、ご注意ください。

 今後、民事信託を活用する場面が増えていくことが予想されます。ただし、まだまだ法的に未解決な問題点も多いため、法律の専門家である弁護士に相談されることをお薦めいたします。

<プロフィール>
岡本 成史(おかもと・しげふみ)弁護士

岡本綜合法律事務所 代表
1971年生まれ。京都大学法学部卒。97年弁護士登録。大阪の法律事務所で弁護士活動をスタートさせ、2006年に岡本綜合法律事務所を開所。福岡県建築紛争審査会会長、経営革新等支援機関、(一社)相続診断協会パートナー事務所/宅地建物取引士、家族信託専門士。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月20日 14:42

【参院選2019】秋田へのイージス・アショア配備が争点の秋田選挙区~参院選最終日に安倍首相と菅官房長官がそろって応援演説

 イージス・アショア配備が大きな争点となっている参院選秋田選挙区(改選1)で、安倍自民党が「最大限」とも言えるテコ入れをしている。選挙戦最終日の7月20日には、安倍首...

2019年07月20日 07:00

石炭からセメント、さらに医療へ 教育にも注力する飯塚の古豪(後)

 近年は上場企業の買収を積極的に進めている。情報・ソフト事業に属する(株)ぎょうせいは、1893年9月に創業した出版社。同社は裁判の判例集や地方自治関連の法律の逐条解...

2019年07月20日 07:00

朗報!貸会議室のTKPがJ1大分トリニータの筆頭株主に~九州男児、河野社長の起業家人生(後)

 05年に再び、転機が訪れた。学生時代の友だちの事故死に、人生一度切りだと改めて思い知らされ、自分がやりたいことを見つめ直した。そこで、自分がやりたかった起業を決意。...

2019年07月19日 17:44

ザ・ビッグ久留米すわの店オープン ドミナント強化へ

 マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンした。

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

2019年07月19日 15:23

ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店、26日(金)にオープン

 JR九州ドラッグイレブンは26日(金)に「ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店」を福岡市営地下鉄西新駅直結の商業施設「PRALIVA(プラリバ)」の地下2階...

2019年07月19日 15:00

令和で最初(福岡労働局管内)のユースエール認定

 (社福)信愛会(糟屋郡篠栗町)が6月20日にユースエール認定を受けた。福岡労働局管内では2019年(令和元年)度で初の認定となる。

2019年07月19日 14:38

宗像市の塗装業者を排除通報 代表者が暴力団と密接交際

 福岡県警は7月18日、福岡県宗像市田熊の塗装業者「森下悟塗装店」(森下悟代表)が指定暴力団神戸山口組系組員と密接に交際していたとして通報した。

2019年07月19日 14:09

「アルゾひびきの店」9月オープン 万惣が九州4号店

 万惣の「アルゾひびきの店」は9月オープンの見通しとなった。九州では飯塚、甘木、吉野ヶ里店に続く4号店。大和ハウス工業子会社の建設した2階建ての建物の1階に出店する。

pagetop