論文形式の実地試験をクリアするには
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月13日 15:00

論文形式の実地試験をクリアするには

▲坂口 智美 社長

 建築・土木・電気の1・2級施工管理技士の学科試験に合格された方、また、今年実地試験(論文形式)に再チャレンジされる方、あるいはこれから2級の学科試験と同時に実地試験を受験される方は、いよいよ10月の実地試験に向けて本格的に勉強を始めていることでしょう。年に1度の試験だからこそ、確実に合格したいものです。しかし、いざ勉強を始めようとすると、何から始めればいいのか、悩みますよね。試験は、しっかりとポイントさえつかんでおければ合格できます。そこで初めに理解してもらいたいのは、論文形式の記述問題の採点には、試験官の裁量も入るということです。今回は、実地試験における注意点について、3つほど挙げてみましょう。

 (1)記述文字は、誤字・脱字・読めない癖字などは減点対象になります。そのため、記述練習のときから、きちんと丁寧に書く習慣を身に付けましょう。練習だからといって、走り書きや自分にしか読めない字などで練習していると、本試験のときも同じように書いてしまいがちです。自分ではしっかりと書いたつもりでも、合格発表時に「番号がない!」ということになりかねません。

 (2)点数の高い経験記述は、とくに重要です。経験記述で点数を落としてしまうと、合格はできません。とくに力を入れて練習しましょう。まず初めに過去の出題問題を使って、具体的な内容になるように練習しましょう。具体的とは、数値や種類を入れたりして、第三者が背景など含めてイメージできる内容で書くことです。たとえば、(建築)「品質目標:型枠の精度管理、実施内容:打設前にピアノ線を張り通り確認し、倒れは下げ振りにより±2mm以内を確認してチェックリストに記録した」などです。工事の規模は関係なく、経験に合わせて具体的に表現できれば、とくに問題はありません。ただし、1級を受験される方はそれなりの経験をされていますので、できる限り、経験上規模の大きな工事を選ぶ方が良いでしょう。

 (3)一般記述は、建築・電気工事はすべて解答になるため選択はありませんが、土木は選択があります。ですが、問題をすべて解けなければ合格できないということではありません。さまざまな分野の工事をされている方が受けるため、どの分野の方でも合格できるようになっています。まずは自分の得意分野を重点的に勉強し、あとは理解できそうな箇所を選んで勉強すればいいでしょう。

 参考書の文章は、あくまでも参考例です。そのまま書いても合格はできませんので、きちんと理解したうえで、自分の言葉で書くことが大事です。また、独学で勉強されている方は、自己採点だけでなく、一度経験豊富な人に読んでもらうことをお薦めします。客観的に判断してもらったうえで、積極的に意見を聞いたほうが良いでしょう。

<プロフィール>
坂口 智美(さかぐち・ともみ)

(株)建設技術者養成センター 代表取締役
1972年生まれ、福岡県出身。学卒後、建設業界へ。建設従事者からの「国家資格は、独学ではなかなか合格できない」という声がきっかけとなり、2001年に工事監理技術者養成センターを大阪で設立。主に出張講習を全国展開し、14年には拠点を福岡(本社)と沖縄(営業所)に移し、社名を(株)建設技術者養成センターに変更。同センターは、生講義で行うことにこだわり、受講生の合格率は90%を超える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月23日 07:00

「価格」「機能」「素材」がキーワード~イオンPB「ホームコーディ」NEW!

 「HOME COORDY(ホームコーディ)」は、イオンのホームファッションのPB(プライベートブランド)。ホームコーディは、シンプルで飽きのこないデザインをコンセプ...

2019年09月22日 07:00

ラグビー・イタリア代表チーム、福岡市内の小学校で交流イベント実施

 ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場しているイタリア代表チームは本日(22日)、ナミビア代表チームとの初戦を迎える。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(4)

 地球上の生命は水を介してすべてが循環している。この水の流れを滞らないようにすることが、生命体である人間にとっても地球にとっても欠かせない。水そのものを大切にするのは...

2019年09月21日 07:00

【9/28】横断歩道のルールを学ぶ~横断歩道マナーアップキャンペーン2019

 日本自動車連盟(JAF)福岡支部は9月28日(金)、エルガーラ・パサージュ広場(福岡市中央区)で「横断歩道マナーアップキャンペーン2019」を開催する。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(3)

 欧米の水メジャーが仕掛ける大規模な水ビジネスのなかで、日本は単なるパーツの提供、納入業者の地位に甘んじてきた。言い換えれば、最も儲かる水道事業の管理、運営の部分はこ...

2019年09月20日 17:10

トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(後編)

 筆者は以前、自著『ハゲタカが嗤った日』(集英社インターナショナル)で、イ・アイ・イ・インターナショナル社長・高橋治則氏のことを書いた事がある。彼は「日本のドナルド・...

2019年09月20日 16:37

【交通取締情報】9月24日、北九州市八幡西区とみやま市で実施

 福岡県警は9月24日(火)、北九州市八幡西区とみやま市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月20日 15:22

えんHDの新本社ビル「えん博多ビル」で上棟式

 (株)えんホールディングス(えんHD)が福岡市博多区住吉で建設中の新社屋「えん博多ビル」で20日、上棟式が行われた。同社の原田社長が関係者や近隣住民へ感謝の辞を述べ...

2019年09月20日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 8月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年09月20日 14:33

地域との共生のため~しっかりとした顧客対応が必要に

 暑さも峠を過ぎて朝晩めっきり涼しくなり、野菜を植えるシーズンの到来となった。私もわずかばかりの畑にシソ、ピーマン、大根、キャベツ、白菜、人参、ジャガイモ、ニンニク、...

pagetop