• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月13日 14:42

種子法廃止の恐怖~国民は巨大種子企業のモルモットに?(1)

 主要農作物種子法(種子法)が2018年3月末、廃止された。廃止法案が審議されていたのは2017年3月の通常国会。テレビも新聞もほとんど報じなかった。しかし、同法廃止により、このままでは農家はグローバル種子企業の奴隷になり、国民はモルモットにされるだろう。
 今回から5回シリーズで、種子法の意義と廃止の背景を見ていく。

突然の種子法廃止とその影響

 種子法は1952年、日本人が生きるうえで欠かせない食糧の種子であるコメ、麦、大豆を安定して供給できるように制定された。これら種子は国が管理して各都道府県に優良な品種を選択、増殖させ、安定して農家に供給することを義務付けてきた。

 これによって各県の農業試験場で優良品種の改良が急速に進み、愛知県農業試験場の「日本晴(にっぽんばれ)」、東北地方の冷害に強い青森県農業試験場の「藤坂5、福井県農業試験場で食味のよい「コシヒカリ」などが完成した。

 種子法制定の背景に、戦後の厳しい食糧事情があったのは事実だ。しかし、これによって消費者は、おいしく安全で安価な穀物を、当たり前のように食べることができた。近年、コメの1人あたり消費量が落ち込んで生産調整が行われたが、各県はコメの食味をめぐっての差別化、競争を展開するようになった。私たちは冷めてもおいしい弁当や、おにぎりに向いた低アミロースの「ゆきむすび」や「ミルキークイーン」、寿司用のコメなど多様な品種を選ぶことができる。

 農水省の農業試験場に長らく勤務した農学博士の西尾敏彦氏の調べによれば、都道府県の奨励品種はうるち米(一般の食用)で263、もち(もち米)で69の合計332種類におよぶ。

 種子法のもう1つの重要な役割は、各地で長い間栽培されてきたコメ、麦、大豆の原原種、原種の維持を課してきたこと。コメの自家採取を毎年続けていくと、少しずつ劣化していくことを農家は知っている。良質な種子を育種しなければならないが、それにはかなりの手間とお金が必要で、コメの栽培に専念できない。

 これらは専門的な技術をもった農家や農業試験場が行い、品質維持のために人の目でチェックするなど、多くの手間とコストがかかっている。雑草の除去や異株の抜き取りは、炎天下でも手作業で行わなければならない。刈り入れはコンバインを使うが、異種が混入しないよう、機械の部品はすべて解体し、掃除しなければ、次の品種を刈り入れできない。

 そして、都道府県は、地域に合った種子計画をつくり、農家に安定供給する責任を負ってきた。こうした種子の生産・普及のため、これまで国は、責任をもって都道府県に予算を投じてきた。しかし、種子法がなくなることで、その根拠は失われてしまった。

 種子法が定める措置により、国内で生産されるコメの種子は100%自給してきた。消費者はおいしく安全で安価な穀物を、当たり前のように食べることができた。

 ところが2017年4月14日、政府は種子法廃止を閣議決定する。農家、JA、消費者など国民には何も知らされないまま、衆議院ではわずか5時間の審議で議決。参議院では参考人質疑はできたものの、12時間足らずで成立した。理由は、「民間企業の参入を阻害している」というもの。しかし、県によっては、すでに民間品種を奨励品種に認定していた。

 種子法廃止は米国が要求してきたもので、農協解体に象徴される農業改革や種子の自家採取禁止の動きと連動している。その背後には、グローバル種子企業が控える。

 今回の廃止では、従来通りに予算が確保されるよう求める付帯決議が採択された。廃止されても公的な種子生産は続くと政府は説明しているが、利益を優先する民間企業に任せていけば、いずれ農家は巨大種子企業の言いなりになり、コメの生産をあきらめる農家も増えるだろう。消費者である国民は安全なコメを口にするのが難しくなる。

(つづく)

<プロフィール>
高橋 清隆(たかはし・きよたか)

1964年新潟県生まれ。金沢大学大学院経済学研究科修士課程修了。ローカル新聞記者、公益法人職員などを経て、2005年から反ジャーナリスト。『週刊金曜日』『ZAITEN』『月刊THEMIS(テーミス)』などに記事を掲載。著書に『偽装報道を見抜け!』(ナビ出版)、『亀井静香が吠える』(K&Kプレス)、『亀井静香—最後の戦いだ。』(同)、『新聞に載らなかったトンデモ投稿』(パブラボ)。YouTubeで「高橋清隆のニュース解説」を配信中。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月20日 19:00
NEW!

筑紫野市長選、藤田陽三氏が無投票で3選

   任期満了に伴う筑紫野市長選は20日に告示され、現職の藤田陽三氏(76)以外に届け出がなく、藤田氏が無投票で3選を果たした。藤田氏は前回(2015年)の市長選も...

事業を通じて資源の有効活用を提案、推進する(前)

  上内電気 (株) 景観環境を推進、高い企画提案力を有する老舗  上内電気(株)は、屋外照明灯、交通信号機事業、屋内照明事業の計画、設計、設置な...

2019年01月20日 07:01

モンゴル産機能性原料サプライヤーの老舗 新たにシーベリー原料供給開始

  日本三晶製薬(株) 設立から20年以上にわたり、機能性原料を供給している同社。確かなエビデンスや特許を取得した松の実原料を主体に、今年からさまざま...

2019年01月19日 07:05

対中強硬派のロバート・ライトハイザーUSTR代表の胸の内(前編)

  NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャン...

創業の心を伝承、地場建設業として福岡の発展に貢献する(後)

  照栄建設 (株) 次世代の人材育成に向けて リバレイン(福岡県糸島市)  これまで以上に高い志で挑む同社にとって大切な...

2019年01月19日 07:01

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(後)

  新しいカテゴリーに新しい市場が創造される  2回目となる今回の実証実験は、19年2〜3月に行うが、前回の実証実験について、ここで振り返っておこう。 ...

2019年01月18日 17:40

ヴィーナスギャラリー清川店で暴行事件

   本日18日、福岡市中央区清川2丁目のパチンコホール「ヴィーナスギャラリー清川店」店舗内で、男が店員を殴る事件が発生した。  福岡県警察によると、事件が...

2019年01月18日 17:30

プロが選ぶ「日本の小宿」に九州から「唐津 網元の宿 汐湯凪の音」

   18日、東京都内で「第44回プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の表彰式が開催され、選考審査員特別賞「日本の小宿」10施設に九州からは唯一選出された、佐賀県...

2019年01月18日 17:26

国民民主党、福岡選挙区は女性弁護士

   国民民主党は今年の夏に行われる参議院選挙で福岡選挙区に公認候補を擁立することを決めた。党本部と連合の主導で選ばれたのは福岡市在住の女性弁護士。NHKで法律の解説...

2019年01月18日 16:06

(株)創栄(新潟)/回転寿司店経営

  事業停止 負債総額 約8億円  同社は15日、事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。  担当は中村崇弁護士ほか2名((弁)ユナイテッド法律...

pagetop