• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月13日 15:14

なぜ、文科省は自発的「植民地化」に邁進するのか!(3)

国際教育総合文化研究所 所長 寺島 隆吉 氏
朝日大学経営学部 教授 寺島美紀子 氏

複言語主義では母語を活用し母語以外に2つの言語

▲『英語教育が亡びるとき――
 「英語で授業」のイデオロギー』
 明石書店/2009年

 寺島 世界で日本人だけが、異常とも思えるほど英語一辺倒に大きく傾斜しています。いま世界の外国語教育のトレンドは欧州評議会による「複言語主義」です。複言語主義とは、「母(国)語+2つの外国語」が基本であり、2つの外国語のうち1つは近隣国の言語を選んで習得します。「多様な価値観を共有してお互いが豊かになる」という魂は21世紀の世界に相応しいものです。このためには全員が「4技能」を習得する必要はありません。自分の必要とする能力、たとえば「読める」だけでもよいとするのが複言語主義です。

 ところが日本は世界の大きな流れとはまったく方向違いの未来を見つめています。文科省は、間違った言語施策を上塗りするかのように、「大学の授業も英語で行い、こうした『国際化』を断行する大学には年間4億2,000万円の補助金を出す」という政策を打ち出しました。これに多くの国立大学や私立大学が「改革案」を掲げて雪崩のごとく応募しました。その典型例が「100人の外国人教員を雇い、共通教育の半分を英語で行う」という案を出して巨額の補助金をもらった京都大学でした。

 このままでは科学立国の土台であるべき大学が崩壊する、さらに「今後、京都大学からノーベル賞受賞者が出なくなる」という焦燥感に駆られて私が出版したのが『英語で大学が亡びるとき』(2015年)でした。これも幸いなことにかなりの反響を呼び、北國新聞や中日新聞のような地方紙だけでなく共同通信や月刊誌『新潮45』などからも取材依頼があり、4刷まで出るようになりました。

▲『英語で大学が亡びるとき―
 「英語力=グローバル人材」という
 イデオロギー』明石書店/2015年

 しかし不幸なことに、本書で私が予言したように、日本の研究力はいま大きな落ち込みを見せています(英国科学誌『ネイチャ-』2017年3月号参照)。最近でも、日経新聞(2018年5月5日)は、「日本の科学技術『競争力低下』、若手研究者調査で8割」と題した記事を載せ、「不安定な雇用や予算の制約で、短期的成果を求められることを疑問視する声が目立った」と解説しています。国立大学の地方交付金を毎年のように削りつつ、他方で英語にうつつをぬかす大学をつくる教育政策が何をもたらすかを、この記事はよく示しています。

 さらに日経新聞(2018年6月4日)は、「日本の大学 痩せる『知』。東大、中国・清華大に後れ」「東大も京大も地盤沈下。データで見る大学の研究力」と、2つの記事を掲載し、研究力の地盤沈下や日本の大学が世界のなかで相対的地位を低下させているようすを、図表やグラフで鮮明に示してくれました。それにもかかわらず文科省は、今までは高校だけだった「日本語を使わずに英語授業を行う」政策を、新指導要領では「2021年以降は中学でも行う」としました。このような事態が続けば、日本の国力・研究力の土台が崩壊することは間違いないでしょう。まさに「亡国の教育政策」です。

(つづく)
【聞き手・文・構成:金木 亮憲】

<プロフィール>
寺島 隆吉 (てらしま・たかよし)

国際教育総合文化研究所所長。元岐阜大学教育学部教授。1944年生まれ。東京大学教養学部教養学科を卒業。石川県公立高校の英語教諭を経て岐阜大学教養部および教育学部に奉職。岐阜大学在職中にコロンビア大学、カリフォルニア大学バークリー校などの客員研究員。すべての英語学習者をアクティブにする驚異の「寺島メソッド」考案者。英語学、英語教授法などに関する専門書は数十冊におよぶ。また美紀子氏との共訳『アメリカンドリームの終わり―富と権力を集中させる10の原理』『衝突を超えて―9.11後の世界秩序』(日本図書館協会選定図書2003年度)をはじめとして多数の翻訳書がある。

<プロフィール>
寺島 美紀子 (てらしま・みきこ)

朝日大学経営学部教授。津田塾大学学芸学部国際関係論学科卒業。東京大学客員研究員、イーロンカレッジ客員研究員(アメリカ、ノースカロライナ州)を歴任。著書として『ロックで読むアメリカ‐翻訳ロック歌詞はこのままでよいか?』(近代文芸社)『Story Of  Songの授業』、『英語学力への挑戦‐走り出したら止まらない生徒たち』、『英語授業への挑戦‐見えない学力・見える学力・人間の発達』(以上、三友社出版)『英語「直読理解」への挑戦』(あすなろ社)、ほかにノーム・チョムスキーに関する共訳書など、隆吉氏との共著が多数ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月21日 13:12

「小泉・竹中ろくでもない」、大コール響く山本太郎の演説NEW!

 「小泉・竹中ろくでもない、小泉・竹中ろくでもない」。街中に市民の大コールが響いた。れいわ新選組から比例代表で立候補している山本太郎氏(44)の演説中、山本氏に促され...

2019年07月21日 12:39

れいわ新選組が新宿を占拠、マスコミの黙殺はねのけNEW!

 参議院選挙最終日の20日夕、東京・JR新宿駅西口は「れいわ新選組」支持者で埋め尽くされた。前川喜平・前文科事務次官も応援に駆け付け、同党が安倍政権に引導を渡すことに...

2019年07月21日 07:00

【7/22~9/20】鉄道企画展「列車で行こう福岡の旅」開催

 鉄道企画展「列車で行こう福岡の旅」が22日(月)から福岡県庁11階「福岡よかもんひろば!」で開催される。

2019年07月21日 07:00

グループ再編進行中 セメント事業と教育が肝(前)

 飯塚市の密着企業と目される麻生グループだが、事業再編と広域化も着実に行っている。不採算事業は清算、規模を縮小するなどしているほか、単体で売上高が落ちているセメント事...

2019年07月20日 14:42

【参院選2019】秋田へのイージス・アショア配備が争点の秋田選挙区~参院選最終日に安倍首相と菅官房長官がそろって応援演説

 イージス・アショア配備が大きな争点となっている参院選秋田選挙区(改選1)で、安倍自民党が「最大限」とも言えるテコ入れをしている。選挙戦最終日の7月20日には、安倍首...

2019年07月20日 07:00

石炭からセメント、さらに医療へ 教育にも注力する飯塚の古豪(後)

 近年は上場企業の買収を積極的に進めている。情報・ソフト事業に属する(株)ぎょうせいは、1893年9月に創業した出版社。同社は裁判の判例集や地方自治関連の法律の逐条解...

2019年07月20日 07:00

朗報!貸会議室のTKPがJ1大分トリニータの筆頭株主に~九州男児、河野社長の起業家人生(後)

 05年に再び、転機が訪れた。学生時代の友だちの事故死に、人生一度切りだと改めて思い知らされ、自分がやりたいことを見つめ直した。そこで、自分がやりたかった起業を決意。...

2019年07月19日 17:44

ザ・ビッグ久留米すわの店オープン ドミナント強化へ

 マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンした。

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

pagetop