• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月19日 09:00

存在意義は流動化すること 不動産で九州・東京・アジアを繋げる(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(株)トリビュート

再生力に強み、眠っていた価値に光を

 (株)トリビュートの主な事業は「不動産再生」。福岡だけでなく長崎などの価値が眠っていた不動産に光を当ててきた。2015年に東京支店を開設してからは、東京都内での再生事例も増加している。最近の再生事例は、いずれも都心の不動産。駅から徒歩3分と好立地ながら築年数が古く空きビルとなっていたものを取得し、リニューアル後に満室にしたうえで売却。同駅から徒歩1分の9階建ビルでは、前オーナーが使用していた上層階が空室となっていたが、こちらも満室にして売却。山手線の駅から徒歩3分の土地では、テナントの立ち退きから手がけ、建っていた建物を取り壊し、更地にして売却。4分の3が空室状態だった築30年以上の築古物件では、外壁、屋上工事を行い、周辺語学学校の寮ニーズに適した物件へ再生し、売却した。

トリビュートの再生事例・事例1:商業ビル

 いくつかのテナントで騒音や窓ガラスにフィルムを貼るなど、ビル全体のイメージが悪くなっていたが、ハード面を簡易改修するとともに、ビルテナント向けのルール策定と管理、違反者に対しての法的な立ち退き交渉を代行。さらに、新たな入居者についても選定を行ったことでビル全体を優良物件へと再生した。

事例2:商業ビル

 無許可で1階の駐車スペースを改修され、建築基準法違反となっていたビル。不適合部分の補修工事を行い、1階のテナントを駐車スペースに戻し、屋上をカフェテラスに改修。ビル全体の利回りを確保した。

事例3:土地

 ※クリックで拡大

 間口の狭い狭小の不整形地であったことと、隣地のイメージが悪かったため、土地の価格が安くなっていた。この隣地を買収し、建物を解体。不整形地から整形地にすることにより、高値で売却が可能な状態に再生した。

 同社の強みはこの「再生力」だ。再生力にはさまざまな要素が関わる。不動産取引には売主と買主だけではなく、さまざまなプレイヤーが関わるからだ。売主は一般的に売却の動向を他人に知られたくない。数多くの仲介業者に売却を依頼した方が売却の可能性は高まるが、それにより情報が錯綜し、さらに錯綜した情報が拡散される恐れもある。

 トリビュートは、いったん自社で物件を取得するか、秘密保持契約を締結するなどしたうえで売主の意向に沿ったコンサルティングを行うことで、これまで信頼を得てきた。これは、前述のような問題のある不動産に限った話ではなく、何の問題もない好立地のビルにもいえることなのだ。

都心部の不動産「まだまだ伸びしろある」

▲(株)トリビュート
 田中 稔眞 社長

 今後の戦略と不動産市場の動向について、田中稔眞社長は次のように話す。「日本全体で見れば人口は減少傾向で推移しているものの、東京、福岡はもちろん大阪、名古屋など都市の中心部の人口は増加しています。さらに、地方都市にもその傾向はあり、佐賀市や鹿児島市でも中心部の人口は増えているのです。弊社が創業した07年と比較しても、ITのおかげで情報の伝達スピードは格段に早くなりました。これにより、日本全域を商圏と捉えて広域局所的ランチェスター戦略をとっていけるようになったのです。

 また、日本の経済力を維持するためにも海外マネーを呼び込むことが重要だと考え、香港や上海、北京で日本の不動産に関するセミナーをこれまでに5回開催しました。日本の金融機関とともに、日本で初めて不動産を取得する際に気をつけたいポイントや、日本の不動産の特徴などを海外投資家向けに案内してまいりました。弊社には現地語に対応できる人材も正社員として在籍していますので、安心して取引していただいています」。

 同社のアジア国際事業は、香港・北京・上海などの富裕層の不動産投資ニーズを聞き取り、日本の不動産オーナーにそのニーズを情報提供し、双方をマッチングするもの。トリビュートならではの正確な物件情報を投資家に提供し、日本とアジアのビジネスを活性化させるのが目的だ。投資家に対しては、十分なヒアリングはもちろん、取得までのサポートや必要に応じてビザの取得や日本での生活をサポートする用意もある。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:田中 稔眞
所在地:福岡市博多区博多駅前3-27-24 博多タナカビル8F
東京本社:東京都港区虎ノ門2-9-14 郵政福祉虎ノ門第一ビル7F
設 立:2009年4月
資本金:1,600万円
TEL:092-292-2313 /03-6257-3801(東京本社)
URL:http://tribute-company.jp

<プロフィール>
田中 稔眞(たなか・としまさ)

 1980年8月12日生まれ、福岡市出身。不動産会社を経て2009年に(株)トリビュートを設立し、代表取締役に就任した。趣味は仕事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop