わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月19日 09:00

存在意義は流動化すること 不動産で九州・東京・アジアを繋げる(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(株)トリビュート

再生力に強み、眠っていた価値に光を

 (株)トリビュートの主な事業は「不動産再生」。福岡だけでなく長崎などの価値が眠っていた不動産に光を当ててきた。2015年に東京支店を開設してからは、東京都内での再生事例も増加している。最近の再生事例は、いずれも都心の不動産。駅から徒歩3分と好立地ながら築年数が古く空きビルとなっていたものを取得し、リニューアル後に満室にしたうえで売却。同駅から徒歩1分の9階建ビルでは、前オーナーが使用していた上層階が空室となっていたが、こちらも満室にして売却。山手線の駅から徒歩3分の土地では、テナントの立ち退きから手がけ、建っていた建物を取り壊し、更地にして売却。4分の3が空室状態だった築30年以上の築古物件では、外壁、屋上工事を行い、周辺語学学校の寮ニーズに適した物件へ再生し、売却した。

トリビュートの再生事例・事例1:商業ビル

 いくつかのテナントで騒音や窓ガラスにフィルムを貼るなど、ビル全体のイメージが悪くなっていたが、ハード面を簡易改修するとともに、ビルテナント向けのルール策定と管理、違反者に対しての法的な立ち退き交渉を代行。さらに、新たな入居者についても選定を行ったことでビル全体を優良物件へと再生した。

事例2:商業ビル

 無許可で1階の駐車スペースを改修され、建築基準法違反となっていたビル。不適合部分の補修工事を行い、1階のテナントを駐車スペースに戻し、屋上をカフェテラスに改修。ビル全体の利回りを確保した。

事例3:土地

 ※クリックで拡大

 間口の狭い狭小の不整形地であったことと、隣地のイメージが悪かったため、土地の価格が安くなっていた。この隣地を買収し、建物を解体。不整形地から整形地にすることにより、高値で売却が可能な状態に再生した。

 同社の強みはこの「再生力」だ。再生力にはさまざまな要素が関わる。不動産取引には売主と買主だけではなく、さまざまなプレイヤーが関わるからだ。売主は一般的に売却の動向を他人に知られたくない。数多くの仲介業者に売却を依頼した方が売却の可能性は高まるが、それにより情報が錯綜し、さらに錯綜した情報が拡散される恐れもある。

 トリビュートは、いったん自社で物件を取得するか、秘密保持契約を締結するなどしたうえで売主の意向に沿ったコンサルティングを行うことで、これまで信頼を得てきた。これは、前述のような問題のある不動産に限った話ではなく、何の問題もない好立地のビルにもいえることなのだ。

都心部の不動産「まだまだ伸びしろある」

▲(株)トリビュート
 田中 稔眞 社長

 今後の戦略と不動産市場の動向について、田中稔眞社長は次のように話す。「日本全体で見れば人口は減少傾向で推移しているものの、東京、福岡はもちろん大阪、名古屋など都市の中心部の人口は増加しています。さらに、地方都市にもその傾向はあり、佐賀市や鹿児島市でも中心部の人口は増えているのです。弊社が創業した07年と比較しても、ITのおかげで情報の伝達スピードは格段に早くなりました。これにより、日本全域を商圏と捉えて広域局所的ランチェスター戦略をとっていけるようになったのです。

 また、日本の経済力を維持するためにも海外マネーを呼び込むことが重要だと考え、香港や上海、北京で日本の不動産に関するセミナーをこれまでに5回開催しました。日本の金融機関とともに、日本で初めて不動産を取得する際に気をつけたいポイントや、日本の不動産の特徴などを海外投資家向けに案内してまいりました。弊社には現地語に対応できる人材も正社員として在籍していますので、安心して取引していただいています」。

 同社のアジア国際事業は、香港・北京・上海などの富裕層の不動産投資ニーズを聞き取り、日本の不動産オーナーにそのニーズを情報提供し、双方をマッチングするもの。トリビュートならではの正確な物件情報を投資家に提供し、日本とアジアのビジネスを活性化させるのが目的だ。投資家に対しては、十分なヒアリングはもちろん、取得までのサポートや必要に応じてビザの取得や日本での生活をサポートする用意もある。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:田中 稔眞
所在地:福岡市博多区博多駅前3-27-24 博多タナカビル8F
東京本社:東京都港区虎ノ門2-9-14 郵政福祉虎ノ門第一ビル7F
設 立:2009年4月
資本金:1,600万円
TEL:092-292-2313 /03-6257-3801(東京本社)
URL:http://tribute-company.jp

<プロフィール>
田中 稔眞(たなか・としまさ)

 1980年8月12日生まれ、福岡市出身。不動産会社を経て2009年に(株)トリビュートを設立し、代表取締役に就任した。趣味は仕事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月29日 17:47

東京都、都内の建設業者3社の建設業許可を取消

 東京都は1月27日付で、都内の建設業者3社に対し、建設業許可の取消処分を行った。 取消処分を行ったのは、(株)コーワ(東京都江東区、神田晃代表)、(株)西別当工務...

2020年01月29日 17:31

アビスパのグティエレス選手が接触事故

 アビスパ福岡所属のカルロス・グティエレス選手が25日、接触事故を起こしていたことがわかった。

2020年01月29日 17:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~人質司法の後に来るもの「無限裁判」(後)

 現在、日本人が感覚的にゴーンの裁判が行われないことを納得している背景にはこのような裁判手続の本質に対する大きな無知誤解が原因である。以上の明白な事実は、民事訴訟法学...

2020年01月29日 16:55

【業界ウォッチ】人気投票キャンペーン

 ファミリーマートは、1月21日から2月10日まで、山崎製パン、伊藤製パンなどパンメーカー9社が開発したオリジナルパンを発売し、販売金額とTwitterの投票で人気N...

2020年01月29日 16:46

ソフトパワー戦争に突入したアメリカとイラン 日本は仲介役をはたせるのか?(5)

 トランプ大統領に対しドイツもフランスも手を焼いている。アメリカに拠点を構える「ドイツ・マーシャル・ファンド」のコレット上級顧問曰く「ヨーロッパはトランプ大統領に愛想...

2020年01月29日 16:30

社員1人ひとりの働き方を大切にして日本一のコールセンターを目指す!

 1998年1月に設立された当社は、健康食品の大手通信販売会社のコールセンター業務を受託しているコールセンターの専門会社です。特徴的なことは、お客様からのお問い合わせ...

2020年01月29日 16:20

【オンガネジャパン(株)】受験シーズンに高麗人参のススメ~その理由を臨床試験で解明

 受験シーズンを迎え、受験生たちが日々勉強で忙しい日々を送っているなか、万全に受験に臨むべく、家族の協力のもと、インフルエンザ予防など体調管理に注力する時期でもある。...

2020年01月29日 16:12

韓国で11社目のユニコーン企業が誕生(後)

 巨大な市場で大きく成長できるポテンシャルがあると評価できるので、ベンチャーキャピタルも企業の将来に巨額の投資ができるわけだ。一方、ユニコーン企業が少ない国には、それ...

2020年01月29日 15:51

新型コロナウイルス

 「株式会社日本一」の代表取締役・桜大志氏が塾長を務める「男塾」では、政治、経済、軍事、国際、外交、歴史、経営などの論考を塾生と会員向けにメルマガ配信している。一部抜...

2020年01月29日 15:38

【速報】弘中弁護士の事務所捜索を終えた係官ら

 東京地検は1月29日、日産自動車前会長・カルロス・ゴーン被告(65)の弁護人を務めていた弘中惇一郎弁護士の事務所を捜索した。

pagetop