• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月25日 15:27

鳥取銀行の支店撤退に行政がクレーム~地銀の経営統合にも影響か(中)

 山陰地方とは中国山脈の北側に位置する島根県、鳥取県と山口県・兵庫県・京都府の北部で、いわれは五畿七道の山陰道からきている。今は島根・鳥取の二県を指すことが多い。その山陰に本店がある地銀は山陰合同銀行(島根県松江市)・鳥取銀行(鳥取県鳥取市)・島根銀行(島根県松江市)の3行で、その預貸金計数は【表1】の通り、一強二弱となっている。

※クリックで拡大

山陰の地銀3行について

(1)山陰合同銀行(第一地銀)
・前身は1889年(明治22年)8月に設立された松江銀行。1941年7月に、松江銀行(島根県)と米子銀行(鳥取県)が合併し山陰合同銀行(以下、山陰合銀)設立。本店は島根県松江市にあるが、島根県と鳥取県の2県を主力基盤にしている。

・そのため、鳥取県の指定金融機関であり、鳥取県内12市町村(米子市・倉吉市・境港市・三朝町・湯梨浜町・琴浦町・日吉津村・南部町・伯耆町・日南町・日野町・江府町)の指定金融機関を受託している。

(2)鳥取銀行(第一地銀)
・前身は1921年(大正10年)12月に設立された鳥取貯蓄銀行。1949年(昭和24年)10月に鳥取信用組合の営業を譲り受け、鳥取銀行を設立し普銀転換。

・鳥取県では唯一の地銀であるが、設立は戦後であるため、指定代理金融機関となっている。ただ鳥取県内7市町(鳥取市・岩美町・若桜町・智頭町・八頭町・北栄町・大山町)から指定金融機関を受託している。

(3)島根銀行(第二地銀)
・前身は1915年(大正4年)5月に設立された松江相互貯金。1989年8月に普銀転換し松江相互銀行から島根銀行に商号変更。島根県の指定金融機関は山陰合銀。指定代理金融機関は島根県農業協同組合であり、島根銀行は島根県および鳥取県内に支店を開設しているほかの銀行と同じ、収納代理金融機関の扱いとなっている。

 【表2】を見ていただきたい。鳥取県内にある地銀の支店・出張所の配置図である。

※クリックで拡大

<この表から見えるもの>
◆鳥取県の2018年8月現在の推定人口は56万人余りとなっている。鳥取銀行は県内に41支店と10出張所、合わせて51店舗を開設。一方、山陰合同銀行は22支店と25出張所、合わせてほぼ同数の47店舗を配置している。両行を比較すれば山陰合同銀行は合理化のため、支店を減らし出張所にしているのがわかる。

◆鳥取銀行は遅れていた合理化を進めるため、県内5店舗の移転と1支店の廃止を発表。そのなかに、日南町の生山支店を隣接する日野町へ移転すると発表したことが、大きな波紋を呼ぶことになったのだ。

(つづく)
【(株)データ・マックス顧問 浜崎 裕治】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

老後資金2000万円+消費税増税で安倍内閣与党惨敗

 安倍内閣が消費税増税強行を掲げて参院選単独実施に突き進むなら、日本政治にとっての千載一遇のチャンスになる。伊藤真弁護士が提示する「ピンチはチャンス」である。

2019年06月17日 09:30
NEW!

「消費税廃止しても物価上昇率は1.67%まで」、山本太郎氏がインフレ懸念を払拭~浜松

 新党「れいわ新選組」の山本太郎参院議員は15日、静岡県浜松市内での市民との対話集会で、デフレから脱却して国民所得を増やすには消費税廃止と最低賃金1,500円への引き...

2019年06月17日 09:08
NEW!

茨城、福島、栃木で震度4の地震発生~マグニチュード5.2

 17日午前8時0分ごろ、茨城県北部を震源とするマグニチュード5.2の地震が発生した。

2019年06月17日 09:01
NEW!

産廃処分場訪問に観るゼネコンの企業倫理

 元請であるゼネコンは建設系産廃が中間処理場、最終処分場において、どのように処理されるのかを確認しなければならない、と廃掃法には規定されているが、現実にはその義務をは...

2019年06月17日 07:00
NEW!

新・激戦スポットを往く(4)~福岡県水巻町 11月、イオン水巻店跡に大型商業施設進出

 2017年3月閉店したイオン水巻店の跡地で大和ハウス工業子会社のダイワロイヤルによる商業施設「ライフガーデン水巻」の建設が進められている。大規模小売店舗立地法の届出...

2019年06月17日 07:00
NEW!

コード決済におけるクレジットカード不正対策ガイドラインを策定(中)

 このガイドラインのなかで、意外な事実が示された。「今般判明した不正利用においては、不正利用者がクレジットカード番号、有効期限のみならず、セキュリティコードをも不正に...

2019年06月16日 07:00

ますます加速するシニアシフト 変化に対応し、価値を創造することが重要(後)

 コンビニやドラッグストアの攻勢を受けているスーパーもシニア需要の取り込みを強化している。イオン(株)は、シニアシフトを戦略として位置付け、シニア世代をG.G(グラン...

2019年06月16日 07:00

激変する情報通信業界でチャレンジを続ける 九電グループを代表するイノベーション企業(4)

 まだ完全に完了形ではありませんが、たしかにここ数年は、そういうチャレンジを行えるだけの基盤ができてきたように思います。ただ、20年間の苦労とおっしゃいましたが、実際...

2019年06月15日 07:00

ますます加速するシニアシフト 変化に対応し、価値を創造することが重要(中)

 高齢者に便利なサービスも展開し取り込みを図っている。弁当、総菜、飲料など商品を届ける「セブンミール」は、500円以上購入すると無料という手軽さで利用が増えており、6...

2019年06月15日 07:00

激変する情報通信業界でチャレンジを続ける 九電グループを代表するイノベーション企業(3)

 昨年も西日本豪雨などの大規模な豪雨災害がありました。地震などはいつ発生するかがわからないにしても、豪雨などはある程度は発生が想定できます。弊社でも災害時における基本...

pagetop