• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月10日 15:13

「白馬会議2018」が11月17日・18日に開催!(前)

「白馬会議」運営委員会事務局代表 市川 周 氏

 リーマン・ショックの年に「西のダボス(※)、東の白馬」という遠大な志のもとに始まった「白馬会議」が11月17日(土)・18日(日)の2日間、長野県白馬村「シェラリゾート白馬」で開催される。第11回を迎えた今年の統一テーマは「大丈夫か?日本のイノベーション!‐4つの壁(組織・財政・技術・防衛)突破の新機軸を問う‐」である。白馬会議は、学会でも、財界セミナーでも、評論家やジャーナリストたちの集まりのいずれでもない。1人ひとりの知的な個人がそれぞれの生きざま、歩んできた背景や問題意識をもって、国内外から集まり、白馬の大自然のなかで心ゆくまで議論するものだ。
11月の開催準備に忙殺されている中、運営委員会事務局代表・(特非)一橋総合研究所統括責任者(CEO)の市川周氏に、今年の抱負を聞いた。

何か、新しい「知」が渇望されている感じがした

 ――今年のテーマに入る前に、「白馬会議」について教えてください。まず、どのような経緯で設立されたものなのでしょうか。

▲「白馬会議」運営委員会事務局
 市川 周 代表

 市川周氏(以下、市川) 第1回の「白馬会議」は2008年11月15日・16日に開催されました。その経緯は大きく分けて2つあります。

 1つは、2008年9月15日にアメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生しました。いわゆる「リーマン・ショック」です。
リーマン・ショックを境に世界的に経済が冷え込み、消費が落ち込み、金融不安で各種通貨から急速なアメリカ合衆国ドルの下落が進み、アメリカ合衆国の経済への依存が強い輸出産業から大きなダメージが広がりました。当然、日本経済にも大幅な景気後退が起こりました。

 この一連の現象には、何となく時代の転換点、世界史の曲がり角にきている、“におい”がしました。そこには、今までまったくなかった、何か新しい「知」が渇望されている感じがしたのです。そして、私が「白馬会議を設立しよう」と言い出すとまわりの多くの方が賛同してくれました。

知的な人間を動員する仕組みはできないだろうか

 2つ目は、私が(社)世界経済研究協会(※)の専務理事(雑誌『世界経済評論』の発行人)をしていたことと関係があります。私は同協会の専務理事に2006年に就任しました。

 同協会は1953年発刊で日本の代表的な知的アセットの1つである雑誌『世界経済評論』をもつ、1963年設立の歴史ある協会です。しかし、私が専務理事に就任した時は、日本経済はバブルが崩壊、日本の財界、企業がこの種の活動をサポートするのが一番苦しい時だったのです。

 私は何か新機軸を出さなければならないと感じていました。アイデアとしては、ウェブ世界へ進出するとか、いくつかありました。しかし、私は雑誌『世界経済評論』を舞台に、知的な人間を動員する仕組みはできないだろうか、と考えました。そこでまず、東京で年6回開催する「世界経済フォーラム」を企画しました。この成果は隔月で発行する『世界経済評論』紙上で発信しました。そして、フォーラムのその年の集大成のような位置づけで「白馬会議」を企画したのです。つまり、雑誌『世界経済評論』、「世界経済フォーラム」「白馬会議」と“知のトライアングル”を完成させたわけです。

知的空間を創造して、知的発信基盤を構築する

 ――白馬会議を語る際には「西のダボス、東の白馬」いう文言がよく出てきます。

 市川 スイスのアルプスの麓の小さな村で行われるダボス会議は、知的ステータスとして、日本の政・財界人、文化人、ジャーナリストたちの憧れの的になっています。しかし、高額な参加費用や、言葉の問題など、いくつか理由があり、一部の政治家を除いて、日本の財界人も文化人もジャーナリストもほとんどダボスには行っていません。もし、そうならば、北アルプスの麓の白馬村に、知的な個人が集合して、もちろん外国人も歓迎ですが、ダボスに負けない知力で「世界における日本の針路を熱く議論しようではないか」と考えました。

 ダボスと似たような自然環境の白馬に新たな「知的空間」を創造し、日本からの「知的発信基盤」を構築する、という意味において、ダボスになぞらえています。

(つづく)
【金木 亮憲】

【ダボス会議】
スイスのジュネーブに本部を置く世界経済フォーラム(WEF)が毎年1月にスイスのリゾート地、ダボスで開催する年次総会の通称。国際的な非営利団体であり、政財界をはじめとする各界のリーダーたちの連携を通して、世界の経済・社会の現状の改善に向けて取り組むことを目的としている。

【(社)世界経済研究協会】
「産官学一体となって世界経済の中の針路を考える」を活動理念に1963年に創設。「産」では日本経済をリードする有力企業を法人会員として擁し、「官」では5省庁(外務・財務・経産・農水・内閣)の共管を受け、「学」では日本国際経済学会、国際ビジネス研究学会と姉妹関係にあった。同研究会は2015年に解散で幕を閉じ、雑誌『世界経済評論』は(一財)国際貿易投資研究所に引き継がれ、「白馬会議」は独立、運営母体は「白馬会議運営委員会」となった。

<プロフィール>
市川 周(いちかわ・しゅう)

1951年長野県生まれ。1975年一橋大学経済学部卒業。同年三井物産入社。香港三井物産、米国三井物産(この間、ペンシルバニア大学ウォートンスクールマネジメントプログラムコースを履修)を経て、1990年三井物産貿易経済研究所(現・三井物産戦略研究所)創設に参画。91年同研究所主任研究員、96年同研究所コンサルティング事業室長。97年に三井物産を退職、人材開発コンサルティング会社「市川アソシエイツ」を設立。98年石原慎太郎氏と(特非)一橋総合研究所を設立。2006年(社)世界経済研究協会専務理事、08年11月「白馬会議」を創設。著書として、石原慎太郎氏との共著『「NO(ノー)」と言える日本経済』(光文社)、『外される日本』(NHKブックス)、『選択する日本経済』(共著 東京経済情報出版)、『ライオンリーダーになる19の鉄則』(中経出版)、『中国に勝つ』(PHP研究所)など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月19日 07:05

対中強硬派のロバート・ライトハイザーUSTR代表の胸の内(前編)

  NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャン...

創業の心を伝承、地場建設業として福岡の発展に貢献する(後)

  照栄建設 (株) 次世代の人材育成に向けて リバレイン(福岡県糸島市)  これまで以上に高い志で挑む同社にとって大切な...

2019年01月19日 07:01

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(後)

  新しいカテゴリーに新しい市場が創造される  2回目となる今回の実証実験は、19年2〜3月に行うが、前回の実証実験について、ここで振り返っておこう。 ...

2019年01月18日 17:40

ヴィーナスギャラリー清川店で暴行事件

   本日18日、福岡市中央区清川2丁目のパチンコホール「ヴィーナスギャラリー清川店」店舗内で、男が店員を殴る事件が発生した。  福岡県警察によると、事件が...

2019年01月18日 17:30

プロが選ぶ「日本の小宿」に九州から「唐津 網元の宿 汐湯凪の音」

   18日、東京都内で「第44回プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の表彰式が開催され、選考審査員特別賞「日本の小宿」10施設に九州からは唯一選出された、佐賀県...

2019年01月18日 17:26

国民民主党、福岡選挙区は女性弁護士

   国民民主党は今年の夏に行われる参議院選挙で福岡選挙区に公認候補を擁立することを決めた。党本部と連合の主導で選ばれたのは福岡市在住の女性弁護士。NHKで法律の解説...

2019年01月18日 16:06

(株)創栄(新潟)/回転寿司店経営

  事業停止 負債総額 約8億円  同社は15日、事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。  担当は中村崇弁護士ほか2名((弁)ユナイテッド法律...

2019年01月18日 16:06

(株)湯島(旧・(株)西山温泉慶雲館)(山梨)

  特別清算開始決定 負債総額調査中 現在精査中  同社は8日、東京地裁から特別清算開始決定を受けた。  負債総額は現在精査中。 業 種...

2019年01月18日 16:05

(株)シベール(山形)/菓子製造ほか

  民事再生法適用申請 負債総額 約19億6,500万円  同社は17日、山形地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日、監督命令を受けた。  申請代理...

2019年01月18日 15:51

思考のクセとメンタル状況がわかる「B-Brainテスト」~「脳タイプ」と「脳活力度」を数値化

  スマホやパソコンで、80問の設問に答えるだけで、その人の脳タイプがわかるテストがある。都立駒込病院・脳神経外科部長の篠浦伸禎医師が開発し、筑波大学で応用開発...

pagetop