• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月11日 16:05

貴乃花親方辞職事件の真実(3)

青沼隆郎の法律講座 第16回

近代スポーツとしての大相撲の矛盾と相撲道精神

 大相撲には近代スポーツの個人格闘技としての致命的欠陥がある。それは体重別階級がないことである。結果、相撲部屋に入門した力士志望者は勝利のためには技術や体力の鍛錬に加えて、体重自体の増量に励まなければならない。これは運動生理学にも反し、内臓疾患や代謝異常の重篤な疾病の原因となるが、なによりも衝突時の物理量を増大させ、その衝撃の結果発生する負傷・身体損傷を重篤化させる。
 横綱を張るほどの力士であっても、再起不能に近い身体損傷を受けた直近の実例が横綱稀勢の里負傷事件である。

 大相撲のかかる実態は、大相撲力士志望の子ども自体にもすでに制限があり、体躯そのものが、まず人並み以上のものである必要がある。子どもの入門レベルですでに国民的スポーツという範疇にない。これは必然的に「日本人」の入門者の減少と、それを補う外国出身者の入門という現象になる。潤沢な収入が見込まれれば、それは一層加速される。
 大相撲はもともと伝統的には神事の一環として伝承されてきた面があり、それが近代スポーツへと発展してきたものであり、純粋に公平公正に個人の力量を競うという面は最近になって意識されてきたに過ぎない。

 この力士としての矛盾に最も苦悩したのが貴乃花親方であることは間違いない。親方はその力士としての全盛期に怪我による引退を余儀なくされた。これは自分自身の人生にとっても衝撃的なことであるが、何よりも同じ運命が待ち構えている後輩力士たちにとってもつらい厳しい運命であると、誰よりも親方は理解した。この厳しい運命を克服する道が、日頃肉体の鍛錬の際の精神的な拠り所であった相撲道の確立であった。
 不可避的な身体の損傷・負傷を最小限にするためにも強い精神力の存在が不可欠との信念に達したのである。緩慢な精神での格闘技は必ず、重篤な身体損傷を招く、との経験的知見から、親方は弟子の運命を護るためにも相撲道精神の確立の必要性を強く意識した。

 しかし、この弟子を護るための相撲道の精神が、弟子を守らなければならない親方衆に一番欠けているという現実があり、かくして、貴乃花親方は従来の「しきたり」に反して理事の道を志し、結果として保守的抵抗勢力との闘いを余儀なくされた。
 一連の事件報道において、この相撲道の精神について、貴乃花親方の姿勢には一貫した相撲道の精神が体現されていると感じられるが、同じ、力士として相撲道の精神を学び実践すべきほかの親方・理事には微塵もその精神性が感じられない。口からでる言葉には常に腐敗臭が漂い、明らかな虚偽や矛盾の言動が多い。国民の多数が、貴乃花親方を応援するのは何も単純なフアン心理ではなく、かかる状況が示す、本質的腐敗臭が原因である。

(つづく)

<プロフィール>
青沼 隆郎(あおぬま・たかお)

福岡県大牟田市出身。東京大学法学士。長年、医療機関で法務責任者を務め、数多くの医療訴訟を経験。医療関連の法務業務を受託する小六研究所の代表を務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

2019年02月15日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 1月31日発表 九州地区(福岡を除く)

   厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。19年1月31日に公表(18年12月31日更新分)さ...

2019年02月15日 14:53

焼酎「白波」の薩摩酒造、FSSC22000認証を取得

   焼酎ブランド「白波」で知られる薩摩酒造(株)(本社:鹿児島県枕崎市、本坊愛一郎社長)はこのほど、食品安全マネジメントシステムの国際規格「FSSC22000」の...

pagetop