• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月12日 09:36

貴乃花親方辞職事件の真実(4)

青沼隆郎の法律講座 第16回

不都合な真実

 日馬富士暴行事件に始まり、貴乃花親方辞職事件にまで達した一連の相撲協会の不祥事は国民にとって、大変貴重な法律事件の学習の機会を与えた。残念ながら、この学習機会を必死に隠蔽しようとする勢力による事件の本質隠蔽のための印象操作、誤誘導も甚だしく、結局、国民は「何かよくわからない」状況におかれているのが現実である。
 そんな中、隠されていた不都合な真実の1つが白日に曝されたのが、日馬富士による暴行傷害による貴ノ岩への賠償問題である。本来、単純な不法行為事件は、当事者に事件事実そのものに争いがなければ、とうの昔に解決している。しかし、ご存知のように暴行事件の真実は隠蔽されたままである。これが示談交渉の成立しない根本の理由である。

 そんな状況において、再び、デタラメ報道が始まった。これはすでに指摘したように報道者・ジャーナリストがきちんとした視座をもたないことが1つの要因である。
 報道では、貴ノ岩の請求金額は3,000万円であり、日馬富士の代理人弁護士は「法外な金額」としてこれを拒否し、訴訟になる可能性があると報道した。その「法外」の原因は、師匠貴乃花親方の意向が反映されているとする。その理由は、もともと貴ノ岩は同郷の先輩力士の日馬富士を「アニキ」と慕っていたからという。ここでも貴乃花親方はまたまた悪意の報道にさらされた。いくら何でも貴乃花親方が損害賠償額に口を出すことはできない。損害額の算定について何も知らないし、損害額の算定は弁護士による法令や判例に従った算定でしかあり得ない。
 報道によれば、その金額の内訳は土俵復帰までの1年間に費やした費用とうべかりし利益などの合計という。そうであれば、極めて「法外」の過少請求となる。

 通常の加害行為による損害賠償請求では、後遺症被害の算定が必要で、さらに将来の逸失利益の算定も必要である。貴ノ岩が被害前の健康状態・実力状態に復帰した(これを法律用語で原状回復という)のは1年後の最近であるから、貴ノ岩は理論的には力士生命を1年間短縮されたことになる。そうであれば未来の1年間の収入を逸失したわけであるから、その損失補償が必要である。貴ノ岩の未来の1年間の損失額の算定はいろいろ考えられるが、最も公平で確実なのが、加害者である日馬富士の直近の1年間の収入額である。これは通常は3,000万円をはるかに超えるという意味で、報道された3,000万円の請求は過少である。

 まだ隠されている不都合な真実は、協会の使用者責任、力士の管理監督責任である。協会は暴行事件をまったく関係のない第三者として対応した。貴ノ岩の番付降格処分も単純な個人的都合による休場として処理した。貴ノ岩が休場したのは日馬富士の暴行傷害のためであり、休場の原因について直接責任があるのは日馬富士であるが、協会も力士の管理監督、具体的には力士が他人に暴行傷害などの違法行為を行わないよう、指導監督し、事件の発生を防止する責任がある。つまり、協会も休場の原因者である。

 従って、協会の貴ノ岩の休場による降格処分自体が極めて不当違法の疑いがある。そして、休場期間中の給金の補償も協会はすべきであった。それらを真実そのものの隠蔽で闇に葬ったのであるが、日馬富士への請求が訴訟となれば、必然的に協会の使用者責任が争われ、事件の真実が、その責任を明確にするため、事実認定されることは必至となる。これまた、協会にとっては明らかに不都合であるから、またまた水面下での裏取引が弁護士らの関与によって行われる可能性が高い。

 なお、貴ノ岩の協会への請求は、理事個人に対する請求ではない。しかし、赤子の法知識しかない現在の理事には個人的請求かの如く誤解して、これまたご立腹の限りのご乱行を画策されるかもしれない。国民はしっかり監視の目を緩めてはいけない。
 識者のなかには今回の貴乃花親方辞職騒動の本質が、理事会によるパワハラであるとする意見もあるが、筆者は理事会の一連の業務執行は明白な法令定款違反であると断言する立場である。

(つづく)

<プロフィール>
青沼 隆郎(あおぬま・たかお)

福岡県大牟田市出身。東京大学法学士。長年、医療機関で法務責任者を務め、数多くの医療訴訟を経験。医療関連の法務業務を受託する小六研究所の代表を務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月19日 07:05

対中強硬派のロバート・ライトハイザーUSTR代表の胸の内(前編)

  NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャン...

創業の心を伝承、地場建設業として福岡の発展に貢献する(後)

  照栄建設 (株) 次世代の人材育成に向けて リバレイン(福岡県糸島市)  これまで以上に高い志で挑む同社にとって大切な...

2019年01月19日 07:01

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(後)

  新しいカテゴリーに新しい市場が創造される  2回目となる今回の実証実験は、19年2〜3月に行うが、前回の実証実験について、ここで振り返っておこう。 ...

2019年01月18日 17:40

ヴィーナスギャラリー清川店で暴行事件

   本日18日、福岡市中央区清川2丁目のパチンコホール「ヴィーナスギャラリー清川店」店舗内で、男が店員を殴る事件が発生した。  福岡県警察によると、事件が...

2019年01月18日 17:30

プロが選ぶ「日本の小宿」に九州から「唐津 網元の宿 汐湯凪の音」

   18日、東京都内で「第44回プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の表彰式が開催され、選考審査員特別賞「日本の小宿」10施設に九州からは唯一選出された、佐賀県...

2019年01月18日 17:26

国民民主党、福岡選挙区は女性弁護士

   国民民主党は今年の夏に行われる参議院選挙で福岡選挙区に公認候補を擁立することを決めた。党本部と連合の主導で選ばれたのは福岡市在住の女性弁護士。NHKで法律の解説...

2019年01月18日 16:06

(株)創栄(新潟)/回転寿司店経営

  事業停止 負債総額 約8億円  同社は15日、事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。  担当は中村崇弁護士ほか2名((弁)ユナイテッド法律...

2019年01月18日 16:06

(株)湯島(旧・(株)西山温泉慶雲館)(山梨)

  特別清算開始決定 負債総額調査中 現在精査中  同社は8日、東京地裁から特別清算開始決定を受けた。  負債総額は現在精査中。 業 種...

2019年01月18日 16:05

(株)シベール(山形)/菓子製造ほか

  民事再生法適用申請 負債総額 約19億6,500万円  同社は17日、山形地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日、監督命令を受けた。  申請代理...

2019年01月18日 15:51

思考のクセとメンタル状況がわかる「B-Brainテスト」~「脳タイプ」と「脳活力度」を数値化

  スマホやパソコンで、80問の設問に答えるだけで、その人の脳タイプがわかるテストがある。都立駒込病院・脳神経外科部長の篠浦伸禎医師が開発し、筑波大学で応用開発...

pagetop