一人演劇「細川ガラシャ」
2018年11月24日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月25日 15:36

【11/24】中島淳一氏 一人演劇「細川ガラシャ」開催

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。昨年11月にはアメリカ・ニューヨークの日本クラブのギャラリーで個展を開催するなど、その活躍の場は日本国内にとどまらない。これまでに開催した一人演劇の上演回数はゆうに1,500回を超えており、日夜、精力的な芸術創作活動を続けている。

 その中島氏の新作一人演劇の公演が、11月24日(土)に同氏のアトリエで開催される。今回の演題は「細川ガラシャ~本能寺の真相と明智光秀の娘ガラシャの命運~」。
 織田信長の命により16歳で細川家に嫁ぎ、“本能寺の変”の後は謀反人の娘として非業の最期を遂げた明智光秀の娘・細川ガラシャの数奇な運命。そして、光秀に仕えていた忍び・市之助によって語られる、本能寺の変の真相とは――。

■一人演劇「細川ガラシャ」~本能寺の真相と明智光秀の娘ガラシャの命運~

<日 時>
2018年11月24日(土) 午後7時半(開場:午後7時)

<場 所>
中島淳一アトリエ(福岡市西区拾六町2-6-6-302)

<入場料>
4,000円(ワインパーティー付)

▼関連リンク
・中島淳一氏 HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop