• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月05日 09:55

福岡市長選で現職陣営が公職選挙法違反?ポスターを公民館に掲示 福岡市長選2018 

警固公民館に掲示されていたポスター

 4日に告示された任期満了にともなう福岡市長選挙で、3期目を目指す無所属の現職陣営に公職選挙法違反の疑いが生じた。

 4日午前中、福岡市中央区の警固公民館3階の階段部に掲示されているところを市民が発見。情報提供を受けた記者が現地で確認したところ、「室内用」とされた現職の立候補者のポスター(右画像)が掲示されていた。

 福岡市選挙管理委員会によると、公職選挙法は第145条および第201条で、政治ポスターを地方自治体が管理する施設に掲示することを禁じている。公民館の職員によると、前日(3日)夜に市議会議員が同公民館で集会を行っており、ポスターはその時貼られて、そのままになっていたという。公民館職員は、記者の指摘を受けてすぐにそのポスターを撤去した。

ポスターを回収にきた現職陣営の選挙カー

 その直後、現職陣営の選挙カーが街宣活動をしながら同公民館に到着。選挙カーから降りて、公民館職員から撤去されたポスターを受け取った市議会議員の秘書は取材に対し、「前日の集会に急きょ、現職の立候補者が来ることが決まってポスターを掲示したが、撤去するのを忘れてしまった」などと説明した。

 撤去を忘れていたということは情報提供を行った市民や記者の指摘がなければ、そのまま放置される可能性があったということ。掲示されていたポスターは、「室内用」と明記されているが、デザインは現職候補者の選挙ポスターとまったく同じもので、連絡先などの記載はナシ。意図的な行為であれば、公共施設の私物化ととらえられてもおかしくはない行為であり、現職市長の姿勢として由々しき問題である。

【山下 康太】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年11月18日 20:00

福岡市長選、高島宗一郎氏が当選確実に

   任期満了にともなう18日投開票の福岡市長選挙で、現職の高島宗一郎氏(44)=自民支持=が当選を確実にした。2010年に初当選し、3期目となる。  高島...

2018年11月18日 07:00

成長を続ける国内化粧品市場 インバウンド・時短ケア商品がけん引

   マーケティングリサーチ事業の(株)富士経済(東京都中央区)はこのほど、化粧品市場調査を発表。訪日外国人観光客によるインバウンド需要と、「時短ケア化粧品」の...

2018年11月17日 07:01

「ヒューペルンA カプセル」認知・記憶障害の予防、記憶力・学習能力の向上に有効!(後)

  (株)龍泉堂 認知症患者への投与試験で認知機能が有意に改善  脳の活性化する作用はヒト試験でも実証されている。認知症患者を対象とした脳の機能改...

2018年11月16日 18:24

【訪米レポート(3)】玉城県知事が訪米日程を終了~「このままではデッドロック状態」と警告

   訪米日程を終えた玉城デニー沖縄県知事が、取材に応じた。現地時間14日の模様と、囲み取材の様子をお伝えする [ニューヨーク/横田一] <1...

2018年11月16日 16:43

【寄稿】乙武洋匡が出会った「福岡発・スゴ腕13歳」

   「乙武さんのお話を福岡のみんなに聞かせたいので、ぜひ僕にサイン会と講演会を開かせてください」  SNSを通じてそんなメッセージをくれたのは、福岡市に住...

2018年11月16日 16:38

九州地銀の2019年3月期 第2四半期(中間期)決算を検証する(1)

   九州地銀(18行)の2019年3月期の第2四半期(中間期)の決算が出そろった。  上場会社は、東証から45日以内に決算発表することを上場ルールとして求められ...

2018年11月16日 15:40

【福岡市長選】なぜ、いまごろ?自民党が高島氏を「支持」

  党県連通さず直接要請  18日投開票が行われる福岡市長選。15日、自民党は、現職の高島宗一郎氏(44)を「支持」することを決めた。高島氏は、自民党福岡...

2018年11月16日 15:18

冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年11月16日 15:12

身内の改宗を通夜で知る

   身内に不幸があり、通夜に出席した。聞けば、大腸がんで、医者からもあまり長くはないと伝えられていたそうだ。  挨拶もそこそこに、用意された席に向かう途中、故...

2018年11月16日 15:00

イメージと実態のギャップを正しく理解する

   就職活動をする場合、とくに若手のビジネスパーソンはイメージに囚われ、実態が見えていないケースが見受けられます。知識や経験の乏しさから、やむを得ない面もあります...

pagetop