• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月20日 11:54

シリーズ・地球は何処に向かう、日本人はどうなる(4)~中小企業のM&A事情(後)

自主再建か売却かで悩む創業者

 サラリーマンを20年経験し、40歳で事業を起こした花田(仮名)は後悔した様子で語る。「もう少し大胆に借り入れして事業拡大すべきだった。確かに現在、無借金だが、手堅いだけでは自慢にならない。自分自身の性格は本来、攻撃的だったのだが、経営者になり、いつの間にか安全第一主義になってしまった。攻めの展開をしていたら、会社は現在の10倍の規模になっていたと思うが、もう遅い。75歳を過ぎての方針転換は不可能だ」。

 花田は体調を悪くした。子どもは娘のみで事業継承の対象者がいない。娘婿もその器ではない。一時は「社内から抜擢も考えた」が、やはり該当者がいなかった。だから先程の後悔の念に戻るのである。「現在の10倍に事業拡大をはたしていたら解決策は無数にあった」という。花田は「俺がゼロから立ち上げた会社だから、どういう選択をするかは自由である。しかし考えれば考えるほど迷うのもたしかだ」と語る。

 花田も近々、事業継承という選択をするだろう。M&Aのコンサル会社が企業買収を実施するのだが、問題の根幹は「独立する=スタートアップする」ための人材が皆無だということだ。昔なら「自分の会社が身売りされた」となると必ず骨のある社員が事業を起こすケースが多かった。しかし今の世の中、リスクを嫌う傾向が強まっているせいか、独立しようとする者が皆無なのである。

 M&Aがスムーズに成功して一企業の事業継承に成功すると、会社は吸収されることになってしまう。はたしてそれが日本の経済にとっていいことなのか!!断じてこれは好結果ではない。健全な経済状態というのはステップアップする企業が増えることだ。企業数が減っていくようでは日本経済の将来はない。日本の明日はどうなるのか!!これがこの「シリーズ(4)」で強調したいことである。

M&Aこそが芸術なり

 対馬(仮名)は中核企業3社の経営を生え抜きに任せて悠々自適の生活を送っていた。かつて中核企業のうちの2社は一度、倒産した経緯があった。対馬はこの倒産した2社を引き取って大企業に育て上げた。対馬は現在、週1度取締役会議に出るだけで、どの企業も好調な業績を挙げている。この下に二ケタにおよぶグループ企業群がある。

 対馬の唯一の趣味は読書だった。この2年間は、読書に没頭していたが、シャバとの付き合いが恋しくなったようだ。
 対馬が始めたのは中洲通いではない(対馬は酒をうけつけない体質だ)。シャバ復帰で始めた仕事はM&Aである。グループ会社3社とは別に持株会社を設立して会社を買い漁る日々である。自ら買い漁りしなくとも対馬のもとには次々と情報が飛びこんでくる。連日「対馬さん!!こういう会社が売りにでています。いかがですか」という情報を受け取る。「迅速な行動が成約アップのポイントだ」と対馬は語る。

 「成約率は20%でしょうかね。M&Aの情報や打診があるとワクワクします。恋人探しのように心が踊り、楽しいです。しかし、残念ながらワクワクする気持ちは一瞬でなくなります。一目見て成就できるか否かが判断できるからです。この見切りができるのも、これまでたくさん一目惚れして失敗した経験のおかげでしょう。M&Aを成約したところから私のミッションが始まります。経営内容を改善させるミッションを抱えることになるからです」と語る。

 経営内容が健全でも会社を手放す例もわずかにあるが、経営に行き詰まって投げだすケースが大半だ。対馬は長年、企業を再生させてきた経験をフル活用して会社を健全化させている。「どの企業にも社長をこなせる人材は必ずいます。この人をトップにして経営のコツというかツボを叩き込めば黒字化は簡単です」とわかりやすく解説する。

※クリックで拡大

 再生した企業に買い手が現れたら転売する。時には恋人を見捨てるような悲しみに襲われることもあるという。
 対馬の目的は儲けることではない。会社買い・再生・転売が趣味なので転売益にはこだわらない。こだわるのは自身の腕による企業再生という結果である。これこそ、まさしく「M&A芸術」だ!!

 それと同様に「我がM&A芸術道」に陶酔しているのが北洋建設を中核にした九州みらい建設グループの総帥・脇山章治氏である。北洋建設は地場ゼネコンでは上村建設につぐ2番手にランクしている。彼自身の経営者歴は後発ながら先輩企業を追い抜き凌駕してきたという実績がある。その実績を買われてさまざまな企業再生の打診があり、ことごとくすべての再生に成功している。

 脇山氏はその再生術を生かして九州みらい建設グループを拡大させている。九州みらい建設グループ一覧(下記)のように業種が多岐にわたっていることに気づくと思う。これを見る限り、脇山氏は事業が第二の動機で、「企業再生・M&Aの芸術道を極める」ことが第一の動機だろう。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月03日 17:14

【コロナに負けない(45)】地域への感謝と現場の責任感。「ありがとう基金」に1,000万円~フードウェイグループ

 スーパーチェーンや精肉小売を手がけるフードウェイグループは5月28日、福岡市の「ありがとう基金」に1,000万円を寄託した...

2020年06月03日 16:40

『脊振の自然に魅せられて』「カマツカの花と感動の対面」

 雨の縦走路をさらに進む。あの花に会えるだろうか、期待が膨らむ...

2020年06月03日 16:30

【コロナと対峙する企業】日産自動車~赤字6,712億円は、カルロス・ゴーンの「負の遺産」の清算だ!「平時リーダー」の内田誠社長は「有事リーダー」のゴーン前会長を超えることができるか(前)

 日産自動車の2020年3月期の連結決算は、最終損益が6,712億円の赤字となった。経営難に陥り、カルロス・ゴーン前会長が再建にとりかかった2000年3月期の最終赤字...

2020年06月03日 15:56

日本建築検査研究所への反論~ベルヴィ香椎6番館問題

 日本建築検査研究所(以下「検査研」)からデータ・マックス(以下「DM」)にベルヴィ香椎6番館の記事についてのメールが送られてきた。以下にこのメールについて反論してい...

2020年06月03日 15:30

杭に関する施工偽装!杭の不適切な切断とデータ偽装!(前)

 Net I・B Newsでは、愛知県名古屋市営住宅において杭が施工されていなかった事例を報じたが、元杭工事関係者から杭の不正に関する情報が寄せられた。その内容は、「...

2020年06月03日 14:40

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(前)

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の世界的な感染拡大によって、働き方に変革が求められている。なかでも、ウイルス感染を回避しつつ仕事に取り組める手段として、テレワーク...

2020年06月03日 14:00

熊本副知事・小野泰輔氏が来月投開票の東京都知事選に出馬表明~ホリエモンの出馬は?

 2日、熊本県副知事・小野泰輔(おの・たいすけ)氏が7月5日投開票の東京都知事選に出馬すると表明した。小野氏は今年46歳...

2020年06月03日 13:16

九州地銀の20年3月期決算を検証する(4)

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の純資産残高順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位は福岡銀行...

2020年06月03日 12:04

経産省、コロナ消毒で使う次亜塩素酸水に「有効性の確認なし」

 経済産業省は、5月29日時点において、消毒に使われる次亜塩素酸水(次亜塩素酸を主成分とする液体)について、新型コロナウイルス(COVID-19)への有効性は5月29...

2020年06月03日 11:21

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(前)

 スーパーやドラッグストア、SC(ショッピングセンター)開発・運営、金融などさまざまな事業を展開する同社では低収益事業の改革が目下の経営課題だ。2021年2月期は業績...

pagetop