わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月02日 07:00

検察の冒険「日産ゴーン事件」(3)

青沼隆郎の法律講座 第20回

罪刑法定主義違反の罰条

 本件刑事事件の被疑事実は有価証券報告書虚偽記載罪(金融商品取引法第197条)である。従って、最初にその犯罪構成要件について適法性の確認が必要である。

 行為主体   有価証券報告書の提出者
 犯罪行為   重要な事項についての虚偽記載

解説

 行為主体は有価証券報告書の提出者である。それは最終的に有価証券報告者を法的に確定した者、つまりその権限者との意味であるから、当該会社の取締役会の出席取締役全員である。例外的に承認に反対した者や議決に参加しなかった取締役は除外される。従って、今回の逮捕がゴーンとケリーの2名の代表取締役であったこと自体、不公正不合理な恣意的身柄拘束となる。
 犯罪行為に関する構成要件については2つの要件が重要である。

第一の重要な構成要件  「重要な事項」

 有価証券報告書の記載事項は極めて膨大であり、そのなかのどの事項が「重要な」事項であるかが具体的に限定されていない。かかる場合、具体的な限定列挙や例示列挙さえ存在しないことは明らかに罪刑法定主義に違背する。結局、「重要性」について犯罪規範としての保障機能に欠けるからである。言い換えれば、刑罰権の発動について司法官憲の強制捜査権や公訴の提起についての「独自の一方的解釈」による権利濫用を抑止できないからである。
 これは明らかに、憲法第31条の保障する適正手続条項(罪刑法定主義)に違反する。

 ただ、重要性については、金融商品取引法の主要な目的趣旨である金融商品市場の取引者つまり投資家たる株主の保護、投資活動における取引行為の安全や信用の保護から見て、その重要性の程度と内容を判断考慮できるから、とくに具体的に例示列挙がなくても合憲である、との解釈見解も成り立つ(法令の合憲性の推定的解釈)。これは具体的な法令適用について合憲性を議論するから問題は適用違憲の議論となる。法令解釈の誤りと表現しても「言葉の違い」以上の差異はない。

 そこで、取締役のしかもゴーンただ1人の役員報酬の金額表示が、日産の有価証券報告書における財産価値(その一例が時価総額)表示に関して、仮に本来の表示すべき金額より半額である「虚偽表示」が重要事項の虚偽表示に該当するかどうかの客観的判断の問題となる。

 報道によれば、各事業年度の合計が喧伝されているが、それは「為にする」報道であり、あくまで、各事業年度における金額について個別に判断されなければならない。各年度の虚偽表示額は10億円程度であるから、10億円の「役員報酬過少虚偽表示」が日産の株式の売買投資行為に重大な影響を与える「重要事項」といえるかどうかである。それは言い換えればゴーンの役員報酬が10億円増額表示されていれば、投資家の判断を大いに変更させる要因となり得たかの客観的判断となる。

 日産の役員報酬の総額が30億円の上限内にあることが明示されており、その範囲内で各個別の役員に具体的にいくらの役員報酬であったかどうかは、1億円以下の役員報酬について開示義務がないことも併せ考えれば、まったく投資家の判断に影響がないことは明白である。つまり、まったく「重要性」はない。

 なお、有価証券報告書虚偽記載罪はそれ自体、故意犯である。そこで、「重要事項性」についても行為者の認識、故意は必要か否かの議論が成り立つ。重要性自体は客観的行為属性であるが、行為者は自己の行為が重要であることの認識まで必要かどうかである。

 客観的に重要性が認められる表示について重要性を認めることができなかったという弁解は「違法性の意識・認識」の問題として消極的に解釈するのが判例学説である。しかし、金融商品取引法の規定内容はほぼすべてが極めて高度な専門知識を必要とする判断事項であるから、一般の営業マン程度の知識しかない企業人には、そもそも重要性の判断は不可能である。

 従って、高度な専門知識を前提とする「違法性の意識・認識」であれば、当然、意識認識はあり得ない。それは犯罪構成要件の認識、つまり故意がないことに他ならない。

(つづく)

<プロフィール>
青沼 隆郎(あおぬま・たかお)

福岡県大牟田市出身。東京大学法学士。長年、医療機関で法務責任者を務め、数多くの医療訴訟を経験。医療関連の法務業務を受託する小六研究所の代表を務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月12日 17:07

エイチ・アイ・エス、2019年10月期連結決算発表NEW!

 エイチ・アイ・エスは12日、2019年10月期連結決算を発表した。それによると売上高は前期比11.0%増の8,085億1,000万円、営業利益は前期比3.0%減の1...

2019年12月12日 16:58

呼子「萬坊」、JR九州傘下へNEW!

 九州旅客鉄道(株)(本社:福岡市博多区、青柳俊彦社長、以下、JR九州)は、佐賀県唐津の名物となっている「いかしゅうまい」の製造・販売を行う(株)萬坊(本社:佐賀県唐...

2019年12月12日 15:53

【交通取締情報】12月13日、福津市で実施NEW!

 福岡県警は12月13日(金)、福津市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年12月12日 15:12

JAF、雪道での制動距離を検証~走れても止まれないノーマルタイヤNEW!

 日本自動車連盟(JAF)福岡支部は、雪道・凍結路での「ノーマルタイヤやスタッドレスタイヤなどの制動距離」を検証する映像の視聴を呼びかけている。

2019年12月12日 15:06

中国経済新聞に学ぶ~習近平主席 日中関係に関する八つの論断NEW!

 中国国家主席習近平氏は11月25日、第一回中日ハイレベル人的・文化交流対話の東京での開催に書簡で祝辞を寄せた。習主席は「現在、中日関係は持続的に改善されつつある。中...

2019年12月12日 14:16

昭和産業、家庭用小麦粉製品の価格を値下げNEW!

 昭和産業(株)(本社:東京都千代田区、新妻一彦社長)は6日、家庭用小麦粉の製品価格を、2020年2月1日出荷分より1~2%値下げする。

2019年12月12日 14:11

北九州市の建設会社を排除通報 役員が暴力団と密接交際NEW!

 福岡県警は12月9日、北九州市戸畑区の建設会社「(有)木島設備」(木島且三代表)の役員などが暴力団と密接に交際していたとして、公共工事から排除するよう県や福岡市、北...

2019年12月12日 11:18

【業界ウォッチ】中川政七商店

 商業施設でアパレルの比重が低下し、生活雑貨ショップの存在が高まるなかで、勢いのあるのが「中川政七商店」。2010年11月、京都のファッションビル「ラクエ四条烏丸」に...

2019年12月12日 10:24

(株)スリーエイト 新社長就任

 高濃度酸素カプセルなどを販売している(株)スリーエイト(福岡市南区)の新社長に山口正人氏が就任した。

2019年12月12日 09:21

「この国を変えるのはみんな」と山本太郎氏、政治変革への参加訴え~さいたま

 れいわ新選組の山本太郎代表は11日、さいたま市のJR浦和駅前で街頭記者会見を開き、「政治を疑え」と政治主体への監視を促す一方、「この国を変えるのはみんな。ぜひ力を合...

pagetop