2022年01月22日( 土 )
by データ・マックス

ハウステンボス 中国資本の受け入れ検討

 ハウステンボス(以下、HTB)が、中国の投資会社である復星集団から最大25%の出資受け入れを検討していることがわかった。

 HTB株の3分の2はエイチ・アイ・エスが保有。残りは、九州電力や西部ガス、JR九州などが保有しており、HTB親会社のエイチ・アイ・エスは過半を維持しながら、それぞれ復星集団へ株式を売却する見通し。HTBは、「成長戦略の1つとして検討を進めている」としている。
 

関連キーワード

関連記事