• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月07日 15:10

ミドリムシ摂取で肝硬変・肝臓がんリスクにつながる「非アルコール性脂肪性肝炎」の抑制作用

肝臓のα-SMA陽性面積率

 ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は4日、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ、以下ユーグレナ)粉末と、ユーグレナ特有の機能性成分であるパラミロン粉末の継続摂取試験で、肝星細胞の活性化を抑え、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の肝臓の線維化が抑制されることを示唆する研究結果を確認したと発表した。

 非アルコール性脂肪性肝炎は「肝臓のメタボリックシンドローム」ともいわれる脂肪肝から生じる炎症性疾患。症状が進行すると肝臓が線維化し、肝硬変や肝臓がんの発症につながる可能性があるという。今回の研究は、ユーグレナ粉末とパラミロン粉末の継続摂取による肝臓の線維化抑制に関するメカニズム解明が目的。
 コラーゲン線維を産生することで硬くなり、肝臓の線維化を起こす原因の1つになる細胞である、肝星細胞の活性化に関わる「α-SMA(内臓などを構成している結合組織と呼ばれる部分が異常増殖する現象)」の免疫染色(特定の物質を検出するための手法の1つ)による陽性面積率の確認を行った。

 試験は非アルコール性脂肪性肝炎を発症させたマウスを、(1)通常のエサのみを摂取させたコントロール群、(2)ユーグレナ粉末を加えたエサを摂取させたユーグレナ群、(3)パラミロン粉末を加えたエサを摂取させたパラミロン群に分け、それぞれ7日間経口摂取させた後、肝臓のα-SMAの免疫染色の陽性面積率を比較した。

 結果、(2)と(3)については(1)と比べ、α-SMA免疫染色の陽性面積率が約40%減少し、ユーグレナ粉末またはパラミロン粉末の継続摂取が肝星細胞の活性化を抑制し、肝臓の線維化の抑制を示唆することを確認した。なお今回の研究成果は、米国の学術誌「Food Science & Nutrition オンライン版」にも掲載されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月18日 16:36

違法に売春場所を提供~北九州市のソープランド経営者ら6人逮捕

 福岡県警は9月18日、北九州市小倉北区船頭町3丁目のソープランド「バカラ」の経営者ら6名を売春防止法違反(場所提供)で逮捕したと発表した。

2019年09月18日 15:40

【交通取締情報】9月19日、糸島市で実施

 福岡県警は9月19日(木)、糸島市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月18日 14:47

九州自動車道で事故による渋滞が発生

 九州自動車道(上り線)で事故の影響による9kmの渋滞が発生している。

2019年09月18日 14:23

博多駅筑紫口の新たなランドマークに~「都ホテル 博多」9月22日開業へ

 JR博多駅の筑紫口前で開発が進められてきた「都ホテル 博多」が、いよいよ9月22日に開業を迎えるにあたり、同ホテルの運営を行う(株)近鉄・都ホテルズ(大阪市天王寺区...

2019年09月18日 13:39

ツルハHD、2020年5月期第1四半期~増収増益に

 ツルハホールディングス(HD)は17日、2020年5月期第1四半期の連結決算を発表。それによると売上高は前年同期比9.3%増の2,088億500万円、営業利益は前年...

2019年09月18日 13:06

【政界インサイダー情報】北九州市は鈴木北海道知事を見習うべき

 先日、北九州市でIR Project誘致に関し、同市の一部民間企業や経営者から積極的な意見があがり、内部で検討しているという報道を見て、いささか困惑している。以前も...

科学的に立証されていない放射能汚染水安全性

 東京電力福島第一原子力発電所に、100万トンを超える放射能汚染水が保管されている。放射能汚染水はいまも増え続けている。この問題に関して、日本維新の会代表で大阪市長の...

2019年09月18日 10:10

8月の貿易収支、2カ月連続の赤字

 財務省は18日、8月の貿易統計(速報)を発表。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1,363億円の赤字となり、2カ月連続の赤字だった。

2019年09月18日 09:48

【7月オープンの人気店】スタバのイタリアンベーカリー「プリンチ」

 スターバックスコーヒージャパンは7月にイタリアンベーカリー「プリンチ 」の路面店1号店を、「代官山 T-SITE」(東京都渋谷区)に出店した。プリンチは、2月にオー...

pagetop