• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月10日 13:39

『脊振の自然に魅せられて』「ヤブコウジ」藪柑子 ヤブコウジ科

 山道を歩いていると背丈は10cmから15cmぐらいで、ひっそりと赤い実をつけた植物を目にします。晩秋から冬にかけて、たくましく花や実をつける「ヤブコウジ」です。

 「ヤブコウジ」は夏に白い小さな花を咲かせ、晩秋には小豆ほどの小さな赤い実をつけます。その光沢のある赤い実は、寒さにも耐えて冬を乗り切ろうとしています。その生命力に私は惹かれています。

 前回掲載したサネカズラの赤い実を探して林道を歩いていると、「ヤブコウジ」の赤い実が目に飛び込んできました。2mぐらいの赤土の崖の上から私を覗いていたのです。歩き続け、疲れていましたが、重い三脚を担いで崖の上に這い上がりました。するとたくさんの「ヤブコウジ」が群生しているではありませんか。

 「ヤブコウジ」との出会いに感動しながらカメラと三脚をセットします。太陽光が当たる中、クローズアップで撮影、私と「ヤブコウジ」の対話が始まります。この後、サネカズラにも遭遇しました。
 帰宅してパソコンで撮影した「ヤブコウジ」の画像を確認すると、クローズアップの写真よりも全体を撮影したものの、ほうが、より雰囲気が出ていました。翌日、サネカズラの撮影終了後、再度この地を訪れ、違うレンズで「ヤブコウジ」をイメージ通りに撮影してみました。

 盆栽や生け花の世界でも「ヤブコウジ」は密かに人気があります。また「ヤブコウジ」は十両とも呼ばれています。
 万両・千両・百両・十両・一両の実は、いずれも秋から冬に赤熟し、その赤い実は小粒です。そのため古来、これらの赤い実を付けた植物は、お正月の縁起物として、もてはやされてきました。花に番付があるとは面白いですね。

 ちなみに一両は「アリドウシ」です。鋭い棘をもった低木で、「ヤブコウジ」と同じで小さな赤い実をつけます。
 次回は、この「アリドウシ」についてお話します。

ヤブコウジのクローズアップの写真
ヤブコウジ

2018年12月10日
脊振の自然を愛する会
代表 池田友行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年03月26日 16:53

ホークス 川原、周東を支配下登録

   福岡ソフトバンクホークスは26日、育成選手である川原弘之、周東佑京と支配下選手契約を締結したと発表した。  川原は左投手で、支配下へ返り咲き。周東は左...

2019年03月26日 15:47

中国経済新聞に学ぶ~上海で日本米が人気 年間輸入2千トンに

   上海の人々はもともとコメ好きなため、コメの食感や品質にこだわりがある。消費の高度化にともない、上海の人々はふっくらつやつやして、味と香りのよい輸入米、とりわけ...

2019年03月26日 15:09

誤った人間活動が引き起こす地球の砂漠化!(前)  

   砂漠化がはじめて注目されたのは、今から約40年前、1977年(国際連合環境計画・UNEPがケニアの首都ナイロビで開催した国際砂漠化会議)のことだ。当時はア...

2019年03月26日 14:29

『脊振の自然に魅せられて』キバナノアマナ(黄花の甘菜・ユリ科)

   3月中ごろに咲き始め、春の花として細々と生き延びているユリ科の花があります。  名前は「キバナノアマナ」で渓谷沿いの湿気を好むようです。植物のなかでも...

2019年03月26日 14:26

(有)アトリック(埼玉)/化学製品卸

  代 表:石村 幹夫 所在地:埼玉県本庄市朝日町3―7―23  3月13日、同社はさいたま地裁熊谷支部より破産手続開始の決定を受けた。  破...

2019年03月26日 14:08

福岡を活性化させた傑物伝 アパマングループ代表大村浩次氏(21)

  出会いサポートセンター・JUNOALLを支援  今の日本で生まれる子どもの数は、年間100万人を割りこんでいる。人口が少なくなることは日本の国力にかかわ...

2019年03月26日 13:57

生涯介護のいらない人生で最期まで親の尊厳を保つ~健康を保つには「程良いこと」が肝心

  日中特殊鍼法研究会会長 長尾治療院院長 長尾 良一 世の中すべて表裏一体 長尾治療院 長尾 良一 院長  世の中すべて...

2019年03月26日 13:38

爆発的に拡大する再生可能エネルギー、日本は世界から取り残される!(前)

   日本は「不思議な国だ!」と世界から見られている。世界で唯一の「原爆被爆国」であり、チェリノブイリ原子力発電所事故と並ぶ、未曽有の「福島第一原子力発電所事故...

2019年03月26日 12:09

福岡県大木町の社福で不正受給 2施設で1億3,500万円

   福岡県大木町の「(社福)白百合福祉会」(江崎君子理事長)が利用実態を偽装し、1億円以上の給付金を不正に受給していたことがわかった。  福岡県によると、...

2019年03月26日 11:57

【書評】有森隆著『日産独裁経営と権力抗争の末路』 川又、塩路、石原、ゴーンと続く独裁者の系譜を綴る

   日産自動車と三菱自動車、仏ルノーの3社は“脱ゴーン”で足並みをそろえた。経営権をめぐる対決はひとまず休戦。秋に始まるとされるカルロ...

pagetop