わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月18日 09:39

【シシリー島便り】「Gibellina」を訪れて

 シシリーにきて10年以上が経った。毎年夏、日本の実家へ帰る度に、両親が少しずつ老いていく姿を見ると心が痛む。今年の夏は母が手術を行った。また、祖母が亡くなり、自身の老いを感じる年の瀬である。

 シシリーにきた当時、イタリア語もろくに話せず、英語は通じず、何とか日々の生活を送っていた。当時の私をよく知る友人は「とても日本人らしかった」と言う。

 シシリーの人にとっての日本人は、礼儀正しいが、話しかけにくく、何を考えているかわからないというイメージがあるそうだ。シシリー島で日本人に会った場合も、とくに必要なければ、話しかけることはほとんどない。ローマやミラノなどと異なり、「日本人会」などというものも存在しない。
最近では、日本人留学生が少しずつ増えてきているようだ。皆うまくシシリーでの生活を楽しんでいる。

 シシリーは日本人にとって居心地のよい島だと思う。10数年経った現在、シシリーの人に冗談っぽく「随分シシリー人のようになってきたね」といわれる。島に馴染んできた半面、日本人としてのアイデンティティーを消失しつつあるとの危機感に襲われるが、山あり谷ありの経験はバイタリティーを培うと思っている。

 昨日、1968年1月14日にマグニチュード6,4の地震で大きな被害を受けた街の1つ、Gibellinaを訪れた。Gibellinaは地震によって街の80パーセントが崩壊した。市も州も国も助けてくれず、地震による精神的ダメージと経済的問題などで、この街を後にする住民が続出し、街はゴーストタウンと化した。50年が過ぎた今日、住民は最盛期の20,000人から4,000人に減った。
 8人の芸術家、建築家、作家が街を復興させようと、現代アート作品をGibellina に提供した。街の入口では大きな花にも見える星型のオブジェが出迎えてくれる。過去から現代、そして未来への希望の入口のようだ。

 オブジェが空洞になっているのも時間の流れを表現している。新Gibellinaと呼ばれる現在のgibellina市だ。地震で崩壊した部分は現在、cretto di BurriというAlberto Burriが設計した、bianco aquilaという色のセメントで固められている。上空から見ると、それが当時の街を模型のようにあらわしているのが良くわかる。

 高さが2m以上ある壁をセメントで囲み、地震前の街並みをあらわしている。まるで巨大迷路のなかを散歩するような感じだ。何トンもの重さになるセメントを運ぶのに、軍隊も駆り出されたそうだ。

 夏場だと、真っ白なセメントの色が太陽を反射し、照り輝く。夕暮れ時には、なんともいえない郷愁感が漂う。車で約30分弱、山道を走ると、新地区に着く。しかし、Burriはあえて、新地区ではなく、もともとの街があったその場所に“作品”をつくりたがった。

 新地区は町全体が蝶のかたちをしていて、いくつもの大通りが平行に走っている。街全体の規模が人口の割に大きいため、余計に閑散としているように感じる。Ludovico Quaroniの母教会、Pietro Consagraが設計したmeeting会場、そこから脇へ進むと市民広場がある。現代アーティストたちが力を注いだ新しい町並みは、その後の手入れが行き届いていない状態で放置されているかのようで残念に思える。逆に、大変見どころがあるのは街外れに位置する美術館だ。この美術館はOrestiadi財団が管轄し、1996年に前市長のLudovico Corraoによって建てられた。建物は、地元の大地主Di Stefano家の屋敷を改装している。

 入口へと続く中庭には、馬たちが大きな白い山のなかに埋もれていく悲劇を表現した作品が展示され、反対側にある横たわった1頭の馬のブロンズ像とのコントラストが印象的だ。

 展示品は2部にわけられる。復興のために提供された現代アート作品と、アフリカ、スペイン、シシリー各地方の調度品のコレクションだ。芸術家たちは北イタリア出身者がほとんどで、Gibellina市に1カ月ほど滞在し、作品を完成させ、街に貢献した。さらに、トルコの絹、モロッコの結婚衣装、コーランの紙をいれる筒、護身用ナイフなども展示されている。

 これらのコレクションは現美術館館長のEnzo Fiamettaのコンセプトを体現している。芸術作品を通して訪問者に、過去から現在、そして未来の姿を提示しているかのようだ。地震による大きな被害を受け、街は崩壊したが、ギリシャ時代、イスラム時代の発掘品は人々に太古の時代の感動を与えてくれるし、現代アートは人々が受けた傷を癒し、明るい未来への道を切り拓いてくれているかのようだ。

 Gibellinaを訪れ、時間の流れと同時に人の思いが、風景から、作品から感じられた。悩みごとが多い今日この頃だが、元気をもらえた1日だった。
 クリスマスの準備が目前に迫っている。そろそろ子どもたちへのプレゼントの準備をしなければ…。

<プロフィール>
神島 えりな(かみしま・えりな)

2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

キーワードタグ:旅行  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月26日 13:57

山本太郎氏が都知事選擁立を「一切聞いてない」、長妻発言に敬意と警戒

 立憲民主党の長妻昭選対委員長が7月5日投開票の東京都知事選にれいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及したことについて、山本氏は24日、「そ...

2020年01月26日 07:00

フットワークの良さを武器に100周年を目指す老舗企業

 福岡地区で老舗として知られる博多電設工業(株)は、1936年11月に西嶋要次郎氏が西嶋電気商会として創業した電気工事業者である。54年1月に(有)博多電設鉱業所とし...

2020年01月26日 07:00

福岡の街づくりに青春を全力投入されたら如何ですか

  福岡では天神再開発、博多周辺開発で中心部の街づくりが進行している。博多の街は1587年に豊臣秀吉による区割りで現在の基盤が形成された。そして第二次世界大戦で度重な...

2020年01月26日 07:00

お客さまの健康を第一に考え『最善主義』を貫く健康食品業者

 東京製薬(株)は2016年11月に設立された医薬品および健康食品の製造販売業者。代表取締役社長を務める森本匡豊氏は薬剤師の資格をもち、主に高齢者を対象に、古くから生...

2020年01月25日 15:56

「メイト黒崎」が自己破産~負債総額約25億円

 北九州市の商業施設「クロサキメイト」(北九州市八幡東区)を運営する「株式会社メイト黒崎」は、下資料の通り、1月24日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同日付で保...

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

pagetop