• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月20日 07:02

シリーズ・地球は何処に向かう、日本人はどうなる(9)~貴方の老後は貧か富か(2)

日本高齢社会最前線~無縁社会の実相『誰も気にかけない』

大さんのシニアリポート第73回

家族という幻想からの脱却

 「棄老」の最大の原因は、家族関係の崩壊にある。終戦直後の都市部、とくに東京への一局集中化が発端である。上京するということは、地方で培ってきた家族や親戚、仲間という地縁・血縁を壊すことを意味した。上京後も核家族化がそれに追い打ちをかけた。一度壊れた絆を再構築することは不可能に近い。

 日本会議が重視している5つの項目のなかに、「伝統的な家族観の固守」がある。しかしそれはかなりの難題だと思われる。「家族」という考え方を下支えしているのは、「儒教的思想」である。「儒教では、身近なところから、徳を段階的に広げることを教えの原理にしている。まず、社会の基本単位としての『家』があり、家の原理を共同体レベルに広げ、さらに国家にまで拡大することで、『徳治政治』が実現できると説く。儒教が、ときに『家の宗教』とよばれるのもそのためだ。

 では、家の土台をしっかり固めるには、どうすれば良いのか?そこで登場するのが『孝』という考え方だ。『孝』の字が、『老』と『子』とで成ることからでもわかるように、『孝』は本来、老人を養うことを意味していた。つまり、子が親を養い、敬うことが『孝』の基本である」(『常識として知っておきたい日本の三大宗教 神道・儒教・日本仏教』(歴史の謎を探る会 編)というように、日本人の「家・家族」の根底にある思想は儒教の理念そのものなのである。

 「そこから、親が死んだ後も尽くすことが求められるようになり、祖先をまつることも『孝』の一部となった。さらに、祖先の祭祀を続けるには、子孫を絶やさないことが必要である。そこから、子を生み育てることも、『孝』にふくまれるようになった。つまり、『孝』には、『祖先の祭祀』『父母への敬愛』『子孫の繁栄』という3つの側面があることになる」(同)。

 現在、「長幼の序」(年長者と年下とには序列がある)という言葉の意味を理解している人はどれほどいるだろう。「儒教がそもそも、社会の倫理や規範を整えて理想的な社会を築こうとする思想である」(同)ことを考えれば、国家的秩序の維持を最優先させた戦前、「君臣の義」(主君と家臣は正しい義《道徳・倫理にかなっている》で結ばれている)と「長幼の序」とは日常生活に深く浸透していた。

 戦前の「大家族制」は儒教の精神そのものだった。戦後、戦争未体験の団塊の世代までは、それでも“儒教の匂い”を色濃く残した世代だったといえるのかもしれない。しかし、高度成長期以降に生まれた世代には、もはや「長幼の序」は通用しない。「家の宗教」である儒教は、家族そのものが崩壊することによって、その力を喪失していった。

 私は新著のなかで、「家族という幻想からの脱却」「(子どもに)棄てられる前に棄てる」を提案した。決断させたのは、桜井政成さん(立命館大学政策科学部教授 副部長・政策科学)のブログを目にしたからだ。

 「江戸時代以降の伝説のいくつかについては、高齢者が一軒家に集住し、互いに助け合いながら生活し、そして死を迎えたという。すなわち、今でいう『セルフヘルプグループ活動』『コーポラティブハウス』がすでに近世のムラ社会には存在していた可能性が高いのである。

 たとえば柳田国男の『遠野物語』には、『デンデラ野』という地域で、高齢者相互扶助システムが行われていた伝説が掲載されている」(考えるイヌ~桜井政成研究室~)と述べている。このブログを読み、自主運営する「ぐるり」こそが、これから最も必要とされるコーポラティブハウスだと確信している。

 行政のセーフティネットを巧みに利用し、行政の“真意”を見極めつつ、自分たちの強い意思で地域をつくり上げていく。「集合住宅(団地)が住民を殺す」という現実から逃れる方法はそれしかない。

(つづく)

<プロフィール>
大山 眞人(おおやま・まひと)

1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務の後、ノンフィクション作家。ニュースサイト「NetIB-NEWS」で『大さんのシニアレポート』を連載中。2月に『親を棄てる子どもたち』(仮題・平凡社新書)を刊行予定。近著に、『悪徳商法』(文春新書)、『団地が死んでいく』(平凡社新書)、『騙されたがる人たち』(講談社)など。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月23日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(4)NEW!

 確かに保健機能食品のなかでトクホ、機能性表示食品、そして栄養機能食品という3つの制度が共存しており、今回、トクホと機能性表示食品の棲み分けが大きな課題となっている。

2019年10月23日 07:00

「放射能でおもてなし?」~安全性を疑問視する国内外からの声が急増!(4)NEW!

 最近は、関電を初め、目に余る不祥事が続き、またオリンピック開催も近づき、より多くの人に、真の危険性を知っていただきたい余り、少し発言が過激になってしまうこともござい...

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(後)

 高校球児の憧れ、甲子園には春2回、夏4回出場。そのうち2000(平成12)年の春大会ではベスト8に。同年行われた明治神宮大会では優勝をはたしている。現在は下野輝章監...

2019年10月22日 07:00

「たまねぎ男」辞任の韓国 大統領のレームダック化は必至(後)

 チョグクとは何者か。なぜ、「チョグク守護」だったのか。西岡力氏の報告(月刊『Hanada』11月号)が参考になる。チョグク氏はソウル大生時代に「南韓社会主義労働者同...

2019年10月22日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(3)

 7月23日に日健栄協がトクホの表示に関する公正競争規約を早ければ今年度中にも策定し、来年度から施行したい考えを発表した。日健栄協ではトクホの広告自主基準を07年に策...

2019年10月21日 17:02

これから加速する地銀の経営統合

 47都道府県に本部(本店)を置く地銀の分布表によると、全国に地銀は103行ある。内訳は第一地銀が64行で第二地銀が39行となっている。第一地銀のうち、経営統合してフ...

2019年10月21日 16:32

【特別連載】反社勢力に利益供与の「くるまドットコム」に融資か~大牟田柳川信金、西日本シティ銀行ら金融機関の責任〈「断たれた絆」番外編・前〉

 これまで4回の連載で明らかにしてきた、有限会社くるまドットコム代表・諸藤壮一氏のさまざまな疑惑について、諸藤氏は1回目の記事(15日付)を掲載後、代理人経由で記事の...

2019年10月21日 16:06

太宰府市の駐車場車内で女性の遺体発見、男女3人を死体遺棄容疑で逮捕

 福岡県警は10月21日、福岡県太宰府市にあるインターネットカフェの駐車場に止めた車内で、市内に住む高畑(こうはた)瑠美さん(当時36)が遺体で発見された事件について...

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(前)

 当校の体育部は16(含応援団)。その多くが開校と同時の1955(昭和30)年に発足している。10年後にはボクシング部が全国高校総体で個人優勝。以来、剣道部やバスケッ...

2019年10月21日 15:13

ホークスと福岡オープントップバスがコラボ~ヤフオクドームツアーも

 福岡ソフトバンクホークスと西鉄は福岡市内の主要観光スポットをめぐる福岡オープントップバスのルートにヤフオクドームを追加した「ホークスコラボツアー」の運行が決定したと...

pagetop