• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月20日 11:12

【書評】「10%消費税」が日本経済を破壊する 藤井聡 内閣官房参与・京都大学大学院教授

 2017年にメディアが報じた「戦後2番目に長い経済成長(いざなぎ景気)超えの好景気」には違和感を覚えた人も多いだろう。庶民には生活が良くなったとの実感がまったくないからだ。
 17年末に朝日新聞が報じた世論調査でも、景気回復を「実感していない」が82%に上っている。その庶民感覚が間違っていないことを著者の藤井聡教授がマクロデータを基に明らかにする。
 日本経済がいまだデフレ経済下にあること、国内企業の99%を占める中小企業の景気は年々悪化し続けていること、サラリーマンの給与が下がったままであること、その元凶が消費税増税にあったこと。

 1997年に消費税が3%から5%に上がった。消費増税後にデフレ不況に突入し、それまで22,000人程度だった年間の自殺者が33,000人に増え、10年以上も高止まりし続けたことが、著者が本書を出版することを企図した根本的な動機だという。デフレ化の原因が同年の「アジア通貨危機」ではないことも検証されている。
 17年の総選挙の時に「10%への消費増税」を公約に掲げる自由民主党が圧倒的多数を獲得したことで、消費増税を「国民世論が支持した」ことになってしまい、19年の秋に消費増税をすることが当たり前の空気ができてしまった。だが経済学会の論者や大手メディア、シンクタンクなどの「消費増税はたいした問題ではない」との主張が、数々の事実誤認や誤謬に基づく「ウソ」や「デマ」だと断じる。

 我が国政府の財政悪化の根本的原因は、政府関係者が無知で愚かであることで、問題の本質はもはや経済学の問題ではなく、すでに集団心理学、ひいては精神病理学の領域の問題だとの指摘も興味深い。
「増税凍結」が間に合うタイムリミット、19年4月ごろまでの限られた時間のなかで、1人でも多くの読者に認識を共有してほしいとの著者の願いに耳を傾けるべきだ。とくに中小企業の経営者には必読の書である。

【緒方 克美】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月29日 10:26

【危険物火災・続報】東浜の工場内から黒煙 タンクと重機から出火(午前10時15分時点)NEW!

 今日午前9時ごろに起きた、福岡市東区東浜の危険物火災の続報...

玉木新党離脱が大吉報である理由NEW!

 「自民党に公明党」なのだから「立憲民主党に共産党」で何の問題もない。公明党や共産党が単独で政権を保持するとなれば大多数の国民が反対するだろう。しかし、その可能性は存...

2020年09月29日 09:57

【速報】福岡市・東浜で危険物火災 タンクと重機から出火NEW!

 福岡市東区東浜で大規模な危険物火災が発生している模様。午前9時20分時点。福岡市消防局によると、午前9時24分ごろに通報があり、現在も消化活動中...

2020年09月29日 09:30

徐々に解明されつつある新型コロナウイルスの正体(後)NEW!

 RNAウイルスにおいて変異が発生しやすい点について、変異が発生する領域が新型コロナウイルスのタンパク質の表面に突起のように出ているスパイクタンパク質にあることが最近...

2020年09月29日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~「90後」の若者、「ニュープアー」になった(前)NEW!

 「90後(1990年代生まれ)」は、1人あたり平均12万元もの負債を抱えるという。このデータはいささか大げさかもしれないが、彼らの多くは従来の意味での貧乏人ではない...

2020年09月29日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】有名芸能人の政治的発言(6)NEW!

 もともと利権を目当てに議員を目指し、利権探しに奔走する国会議員にとって、国会の運営自体が党利党略、派利派略となっており、懲罰委員会もその例外ではない...

2020年09月28日 16:05

徐々に解明されつつある新型コロナウイルスの正体(前)

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。全世界の感染者数は3,300万人を超え、死者数も100万人に達した。新型コロナウイルスの流行初期は、私たちは数カ月我慢すれ...

2020年09月28日 15:30

入居申し込み手続きの電子化加速、ITANDI×三井不動産レジデンシャルリース

 テクノロジーで不動産の賃貸取引を円滑にするイタンジ(株)。同社は、2020年9月、不動産関連WEB申し込み受付システム「申込受付くん」の三井不動産レジデンシャルリー...

2020年09月28日 15:00

『脊振の自然に魅せられて』洗い谷に思う

 9月14日(月)午前に某新聞社より電話を受け、洗い谷について聞かれた。登山雑誌『季刊のぼろ』の編集長が脊振山系 の井原山(983m)への登山の途中、洗い谷で亡くなっ...

pagetop