• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月24日 07:03

新しい「姥捨山」の実現を求めて(後)

大さんのシニアリポート第74回

 私が住む地域はすべて中高層の集合住宅(公営・UR、約2,000戸)である。毎年1・2件の飛び降り自殺がある。高齢者の場合には、簡単な現場処理をしておしまい。花が添えられることも、手を合わせる人の姿も目撃したことはない。住民の話題になることはあっても、すぐに忘れ去られる。10数年前、2,400万円という自治会費の詐取事件があったが、原因究明も再発防止の具体策もとられることはなかった。いつの間にか下校時の子どもを見守る住民の姿も消えた。おかげで子どもへの痴漢が多発している。近くの公民館で開催される高齢者向きの講演会やフォーラムに参加するのは、数人程度。あらゆることに対して無関心を装う。無縁社会の真の姿がこの地域にはある。

 高齢住民は、訳あって田舎を棄て(田舎に棄てられ)た人たちである。だからこそ、最も必要とされるはずの“絆”を積極的に求め合おうとしない。日本会議が声高に唱えるような「伝統的な家族観の固守」というお題目は、もはや夢物語にすぎない。戦後の高度経済成長における地方から大都市への働き手の大量流入。住宅確保のための「狭小集合住宅」の乱立。それにともなう必然的な「核家族化」。そして経験したことのない「超高齢化時代」の到来。時代が完全に親と子を分断してしまったのだ。

 私は拙著のなかで、「家族の再構築は不可能」、だからこそ“新しい絆”をつくるべきだと提言した。それは桜井政成(立命館大学政策科学部教授 副部長・政策科学)が唱える「江戸時代以降の伝説のいくつかについては、高齢者が一軒家に集住し、互いに助け合いながら生活し、そして死を迎えたという。すなわち、今でいう『セルフヘルプグループ活動』『コーポラティブハウス』がすでに近世のムラ社会には存在していた可能性が高いのである。たとえば柳田国男の『遠野物語』には、『デンデラ野』という地域で、高齢者相互扶助システムが行われていた伝説が掲載されている」(ブログ/考えるイヌ~桜井政成研究室~)という発言に啓発を受けたからだ。「デンデラ野」とは「姥捨山」のことである。サブタイトルの「新しい『姥捨山』のかたちを求めて」は、桜井がいう「コーポラティブハウス」を指す。

 具体的には「高齢者同士の同居」を模索することなのだが、見知らぬ者同士が自主的にひとつ屋根の下で生活をともにしている実例が見つからない。そんなとき平成26年2月4日の朝日新聞に、「乙女ハウス 困窮問う 貧困脱却へ 空き家提供3年」という小見出しで、横浜に女性専用のシェアハウスの記事を見つけた。低賃金や派遣労働など不安定な雇用形態により、一人暮らしができない女性に住んでほしいと1人の女性が空き家を提供。名前を「乙女ハウス」(今はない)。家賃1万円。20代から50代の女性5人が暮らした。ドキュメンタリー映画監督の早川由美子がこれを映画にした。「持ち家を空き家にせざるをえなくて悩む人が増える一方、住む場所がなくて困る人たちがいる現実がある。日本が抱える住問題を考えるきっかけになれば」と撮影の動機を述べている。ここに独居高齢者が抱える「無縁社会」にどう生かしていけるかのヒントがある。

 同新聞(平成30年12月6日)に、「高齢者と学生 同じ屋根の下で暮らす」と題して、高齢者の自宅の空き部屋に学生を格安で下宿させ、互いに助け合う「互助の精神」をもちながら生活する「異世代同居」の取り組みを紹介している。部屋を貸すことで高齢な家主の見守りや孤独死を避けることができ、町内会の行事への参加を条件に加えれば地域の活性化にもつながるという利点もある。市内のある住宅街(かつての高級住宅街)では、二階に上がれない高齢者が多く住む。ある人が「二階を学生に貸せば互いにメリットがある」と勧めたものの、拒否されたという。「自分が建てた家に、他人を入れたくない」というプライドがそういう態度をとらせたのだろう。「日本人は住宅にプライベート意識が強く、気をつかったり遠慮したりしがちで、他人との同居のハードルは高い」と指摘する学者もいる。「高齢者相互扶助システム」という発想には、私が運営する高齢者の居場所「サロン幸福亭ぐるり」を地域の“核”とし、その周辺に住む住人が互いに支え合うという形態も可能だ。理想の「コーポラティブハウス」作りを目ざすためには、さまざまな選択肢を提案していくしかない。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月17日 17:39

市立小学校増築工事の影響で住宅に亀裂、下水逆流~近隣住民と福岡市の間で深まる溝

 福岡市の外郭団体が発注した工事で受けた建物の損傷について「謝罪した」とする福岡市側と、「謝罪されたおぼえはない」とする被害者。もはや修復不可能に映るまでに広がった両...

2019年06月17日 17:23

「第4回 『サロン幸福亭ぐるり』講演会」(前)

 6月8日(土曜)、地域にある公民館の多目的ホールで、「第4回『サロン幸福亭ぐるり』講演会」を開催した。講師は桜井政成(立命館大学政策科学部教授)さん。専門は「組織社...

2019年06月17日 17:00

日建設計・JSCAの最凶タッグが耐震偽装を事実上認めた!(後)

 豊洲市場のような公共建築物の場合、民間の建築物における建築確認の代わりに計画通知という制度があり、特定行政庁(豊洲市場の事例では東京都)が計画を審査します。

2019年06月17日 16:48

Jリーグを九州から盛り上げろ!九州のクラブの経営力を診断(前)

 サッカーのJリーグ史上、稀にみる復活劇といえる。今季、6シーズンぶりにJ1に復帰した大分トリニータが躍進を続けている。J1の在籍歴がありながら、初めてJ3に降格した...

2019年06月17日 16:00

「(それは)立憲民主党です」、山本太郎氏が戦う姿勢見せない野党を名指しで批判~広島

 衆参両院で予算員会が開かれないまま通常国会の会期末が迫る中、新党「れいわ新選組」の山本太郎参院議員は16日、広島市内で開かれた街頭記者会見でこの状況をつくったのは戦...

2019年06月17日 14:59

【9/1】ホテルオークラ福岡開業20周年記念企画 京都・神戸・福岡の総料理長3人による「ホテルオークラ グランシェフの夕べ」を開催

 ホテルオークラ福岡は9月1日(日)、京都、神戸、福岡の総料理長3人による「ホテルオークラ グランシェフの夕べ」を開催する。

2019年06月17日 14:39

天然由来の粉末でグリストラップの悩みを解消 宝成産業

 「最大の悩みがグリストラップだった」と宝成産業(株)の代表・横尾睦氏は大手飲食チェーン勤務時代を振り返る。「グリストラップ」とは飲食店の厨房に設置が義務付けられてい...

2019年06月17日 14:00

日建設計・JSCAの最凶タッグが耐震偽装を事実上認めた!(中)

 公設市場にはシビアな建築コスト削減は求められていないと思います。建築コストを抑えることよりも、仮に大地震が発生した場合でも市場の機能を損なわず都民に食材を提供できる...

2019年06月17日 12:47

シェールガス革命による化学業界のパラダイムシフト(前)

 世界屈指の化学企業は、われ先にと米国南部のテキサスに化学原料の工場建設を進めている。日本の三菱ケミカル、シンテック、三井化学をはじめ、台湾のフォルモサ石油化学、フラ...

2019年06月17日 11:42

不動産景気の微妙な分岐点

 あるマンション販売会社での話。業界地場トップの社員が弊社にやってきて、「最近、来訪者の数が減ってきています。御社の実数の変化はありますか?」と聞かれたという。質問さ...

pagetop