• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月27日 10:43

【シシリー島便り】シシリーの柑橘類

 クリスマスが終わると、日本では一気にお正月準備に取りかかるが、シシリー島では年明け1月6日まで、クリスマスの飾り付けが取り外されない。
クリスマスイブから年明けまで、シシリーでは大量の食事を摂る慣習があり、まさに「食べ地獄」である。そんな時期はさっぱりした柑橘類が食べたくなる。

 パレルモにコンカドーロと呼ばれる「黄金盆地」が存在する。9世紀、アラブ人によってこの地にオレンジやレモンの木々が植えられた。その木々が太陽の光に照らされ、果実が黄金のように輝いていたことからイスラムの詩人たちはこの地を褒めたたえた。

 コンカドーロの多くは、その後分割され、それぞれ私有地となり、地主たちは集めた地代でパレルモ中心部に豪邸を建てたり、スペイン貴族の称号を金で買ったりした。コンカドーロで採れた果物はイタリア本土で売られたが、18世紀になると北ヨーロッパにも輸出されるようになった。 

 当時、料理に酸味を加えるために、ぶどうなどを使っていたが、シシリー産のレモンが登場して以降はレモンで酸味を加えるようになった。また皮から抽出される製油が香水などに使われるようになり、市場が拡大した。

 柑橘類の栽培で利益を得られるようになると、新しい投資家たちがやって来る。「ブルジョワ階級」だ。彼らはレモン畑だけでなく、土地を改良し、オリーブ畑、ブドウ畑をさらに拡大した。1800年代半ばには、蒸気船が発明され、アメリア合衆国へも柑橘類が輸出されるようになる。

 シシリーのオレンジとレモンは一緒に輸送されたが、オレンジに比べレモンのほうがはるかに多くの量が輸出されていた。レモンは1年に何度も花を咲かせ、1本の木から年間600個から1,000個の実がなるのに対し、オレンジは1年に400個から600個にしかならないからだ。

 1800年代、シシリー島の柑橘類栽培者たちはほかのどんな農業生産者より裕福な生活ができたという。その後、1860年にイタリア統一。この混乱の時代にマフィアが台頭したといわれる。ゆすり、たかり、恐喝、見張り番の取り立てなど、まさに「コンカドーロ=黄金盆地」がその舞台となった。

 マフィアは、使用人に隣人の畑を見張らせ、農作業をさせ、武器をもって警備させて、隣人の利益を守った。さらに、収穫前にオレンジ、レモン、マンダリンを買い占め、季節になると高く売りさばいた。港まで運ぶ業者と、それを船に積み込む雇人もマフィアの圧力がかかっていた。

 周囲に不安要素を抱えさせ、その危険から守る役をはたすかのように見せかける二役を演じることにより、マフィアはすべてを支配していった。レモン畑を囲む高い塀は、殺し屋が身を隠すのに役立った。ピストルが入るだけの大きさの穴が残っている石壁もある。

 第1次世界大戦のころまで、シシリーから多くのレモンがアメリカに輸出されたが、戦争を機に輸出が途絶えた。それに代わって新たにシシリーの柑橘類産業に登場したのがマンダリンである。

 マンダリンにはクレメンティーノ、タンジェリンなど、さまざまな種類がある。インドや中国、マレーシア原産のものなどが多いが、シシリー島にはマルタ島産が入ってくる。

 マンダリンは皮をむきやすく、香り高く、シシリー島で一気に人気が出た。さらに、シシリー東部でつくられるアランチャロッサ、ブラッドオレンジがある。赤い色はアントシアニンという色素が含まれる。オレンジにアントシアニンが含まれるようになるのは、実が熟す冬の季節に日中と夜間の気温差が10℃以上ある地域に限られる。暖かさではなく、寒さがオレンジを赤く染めるのだ。

 通常のオレンジよりも値段が高いのは、季節が限られ、皮がとても傷付きやすいからだ。1990年代に規制がなくなり、海外から安いオレンジが輸入されるようになった。これによってシシリー島の柑橘農園の3割以上が打撃を受け、廃業に追い込まれてしまった。

 北アフリカやスペイン、イスラエルから大量生産の安い果物が輸入されてくる。不景気の続くシシリーの一般家庭にとって、地元の農作物を守りたい半面、低価格でおいしい輸入品に手がのびてしまうのは致し方ないことなのだ。

 ノルマン王たちが美しい柑橘畑、人工池に囲まれる宮廷ですごし、まるで楽園、ハーレムと化したシシリ――。現在、パレルモは建物に覆われ、荒んだ地区もあるが、そこに至るまでの事情を知ると景色を見る目も変わってくる。

 今回が最後の投稿になる。シシリーに住む私にとって、日本とはるかに異なる文化、歴史、言葉のなかで生活するのは、もちろん苦労も多いが、人間らしい生活ができるところだと、実感することが多い。

 この地を選んできたわけではないが、運命だったのだろうと思う。シシリーに感謝しつつ、この島の魅力がより多くの人に伝わるよう精進したい。来る2019年、すばらしい年となることを祈って『ARRIVEDERCI E BUON ANNO!!!』

(了)

<プロフィール>
神島 えりな(かみしま・えりな)

2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

キーワードタグ:旅行  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月20日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(1)NEW!

 2015年4月1日に誕生した機能性表示食品制度は、それまでの「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」の行政主導の動きから、官邸主導の決定となり、食品の機能性表...

2019年10月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(4)NEW!

 関電の取締役会は機能不全となってしまった。かかる場合、虞犯取締役は辞任する他なく、また、関電は直ちに仮役員の選任を裁判所に申請し、適法な取締役で構成された取締役会に...

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

pagetop