• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月27日 15:24

大々的に発表された「柳橋ホテル計画」 実は天秤にかけられていた 耳より情報 

柳橋連合市場

 10月末、柳橋連合市場(福岡市中央区)内でのホテル開発が地元紙で報道された。開発を手がける東京の(株)大京(本社:東京都渋谷区)もこのホテル開発計画を発表。しかし、関係者の一部は狐に摘まれたような気分になったという。水面下では当該用地を含む、より大型の開発計画が進められていたからだった。さらに取材の過程で明らかになったのは、売買契約後に別交渉を行っていた売買仲介業者の不穏な動き。利益追求は悪くはないが、あまりにもモラルに欠ける行為だ。

 10月30日、不動産開発の大京が「博多の台所」と呼ばれる柳橋連合市場の一角に開発するホテル計画を発表した。現在はコインパーキングとして利用されている約400坪の用地。かつては食品スーパーの「マルキョウ柳橋店」があった場所だ。同地は2015年1月に学生寮を建設する目的で、香蘭女子短大や香蘭ファッションデザイン専門学校などを運営する(学)山内学園が取得していたが、進入口が狭いことで建設を断念。その後は、関東や福岡でマンションや戸建住宅の開発、不動産売買を手がける(株)ジョイフルコーポレーション(本社:東京都町田市)が土地を借りて、パーキング事業を行っていた。

ホテル建設予定地

 市場内のビルに福岡支店を置くジョイフル社は現在、市場内中央部で建設が進んでいる「春吉1丁目プロジェクト」(通称:高口ビルの建替)に深く関わっていた。当時の高口ビルのテナント立退交渉では、柳橋連合市場を巻き込み、協同組合で何度も総会の議題に上った経緯がある。(詳細はコチラ

 今回のホテル計画にも、このジョイフル社が大きく関わっている。18年6月、同地にホテルを建設することを目的に、大京が売買契約(売買代金完済の条件付き)を締結。山内学園が大京に土地を売却する契約が交わされているのだが、関係者の話では実際は「中間省略」でジョイフル社が間に入っているという。山内学園と大京の契約金額は17.6億。しかし、実際は間のジョイフルが14.6億で買ったようになっており、3億上乗せして、大京に売却しているかたちだという。売買仲介も行っているため、この取引だけでジョイフル社が手にした金額は数億円との試算が成り立つ。ジョイフル社にとっても、大きな取引であったに違いない。

 10月には地元紙がホテル計画を大々的に報じたことで、地上12階242室のホテル誕生に期待が集まっているのだが・・・。一部の市場関係者が首をひねっているのも事実のようだ。どうやら水面下では別の大型開発計画が進行しており、ホテル計画は現実の話なのかと懐疑的に捉える関係者もいる。

 そんななか、一時ジョイフル社が買い主である大京の知らぬところで、別の第3者へ売却を検討していたことが明らかになった。事実なら売買契約成立後に契約を覆すことになる。一般的には考えられないことなのだが・・・。売買契約後の8月、ジョイフル社が第3者に先の売買金額におよそ10億円上乗せした金額(28.8億円)で提案していた文書が見つかっている。金額の内訳も詳細に記載されていること、解約違約金も含まれていることから、新たな買い手が見つかれば、大京に対し、契約を解除する交渉に出る予定だったとみられる。買い主である大京にジョイフル社の一連の行為について確認したところ、一切把握していなかった。利益を追及するのは悪いことではないが、先の契約がありながら天秤にかけるようなジョイフル社の行為が事実なら、モラルに欠ける行為と言わざるを得ない。

【東城 洋平】

▼関連リンク
・柳橋連合市場・ビル建替えまでの人間ドラマ(前)
・柳橋連合市場 マルキョウ跡のパーキングにホテル計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 20:51

福岡県が博多区の一部に高齢者等避難開始 北九州市ほか5市町にはレベル4の警戒情報発令NEW!

   福岡県は、降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっているとして北九州市、飯塚市、中間市、宮若市、水巻町、小竹町に警戒レベル4相当となる土砂災...

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープン

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

2019年07月18日 13:38

【追悼】非常に悔いが残るお別れ、松本組専務・平島義和氏

 16日午前中、松本組から「平島義和専務が急逝」というファックスが流れてきた。筆者は「嘘だろう!何かの間違いではないか」と、このファックスの内容に疑念を抱いた。なぜな...

2019年07月18日 13:22

大塚市長に聞く、新「ふるさと納税」再申請をひかえた直方市の課題と今後~福岡県直方市

 今年6月1日からスタートした、「ふるさと納税」新制度。直方市は総務省より「不適切な寄付集め」との指摘を受け、税制優遇期間が6月から9月までの4カ月に指定を受けた43...

pagetop