• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月07日 17:20

シリーズ・地球は何処に向かう、日本人はどうなる(10)~事業魂が消え、起業する者が減る

日本人の起業魂は消滅したのか!!

 年末、新聞の特集に多くの若い人が海外で事業を起こしているというレポートが掲載されていた。確かに日本にこだわる必要はない。日本人としてではなく、世界人として己が勝負できるところで事業を起こせばよいのである。ただ残念なのは、やる気がある若者たちが日本を見捨てている点である。

 逆に国内では外国人が起業するケースが多い。福岡でも外国人、とくに中国人起業家の姿が目立つ。彼らの独立心の旺盛さには感服する。

 現代の日本人は文句をいうばかりで、自身の責任を転嫁している者が実に多い。こういったタイプの人間は歳をとるごとに就職できるチャンスがなくなるということに気づいていないのか!!独立心が旺盛だった建設業・不動産業でも企業数が減っているようである。時代が日本人を軟弱にしているようだ。

 ステップアップのためのセミナーが12月5日、東京に続き、翌6日に福岡で開催された。東京は4,000人、福岡は学生中心に400人が集まった。若い時代には誰もが「己の城=起業する精神」を抱く習性をもっているのだろうか!!学生時代からセミナーを受講すれば誰もが起業を志すことはないにしても、多少は閉塞した日本社会を打破してくれるプラス材料になることだろう。

身内の事業者たちが会社売却

 起業する者たちが減る一方、会社を売却する者が増加している。昨年1年で筆者の友人4人が会社を売った。それだけM&Aコンサルが大繁盛しているということだ。M&A会社は代表の年齢から判断して案内状を送付してくるようだ。弊社にも送ってくることがある。

 手の込んだ例もある。設備業者に送りつけられたM&A会社からの案内状を読んで思わず唸った。これなら「ちょっと話を聞いてみよう」という気にもなるだろう。

 「私は設備会社に絞ってM&Aコンサルを行っている平木(仮名、以降の登場人物も同様)です。先だって東京において上場会社さんに規模20億円の設備業者さんを買い取っていただきました。この5年間で20件の実績があります。ぜひ、一度面談させていただけないでしょうか」という趣旨の文言が並べてあった。これならば会ってみようという誘惑にかられても仕方がないだろう。上記4社のM&Aにもコンサルが絡んでいたのだ。M&Aコンサルビジネス大繁盛である。

 田坂の場合、奥さんを亡くしていた。腰を悪くしていたので弱気になっていたようだ。退院した際、激励しに会社に行った。口では「事業続行」と強気で語っていたが、「社員たちのなかに社長になる人材がいない」と嘆いていた。私は「あれ、自前理論(社員のなかから事業継承者を探す)とは違うな」という疑念を抱いた。結果として、その時点でM&Aの話が進行していたのである。

 銀行マン時代の田坂の正義感にあふれた元気な姿を思い出すと懐かしい。「潰しても笑われるから手堅い経営という消極的な規模の会社に終わってしまった。これが非常に残念である」と後悔をしている。今後、何をするのだろうか。老後生活をエンジョイするかは不明である。

 日田は常に2番手の存在だった。これまで懸命に尽くし、尊敬してきた経営者が突然、会社を手放した。日田は「裏切られた」と内心で憤った。この体験が今回のM&Aの原点にある。もともと、トップに立つだけの度量はない。その弱点をカバーするために様々な策を講じ、己の会社をもつことができた。日田は会社の事業を拡大し続け、ピークになった時点で売却。日田は株を100%掌握していた。「裏切られた」経験からの教訓である。

 残り2件は前向きである。佃は別の事業へ転進するための事業資金を入手するために会社を売却。今年4月から新事業を始める。佃には息子が2人いるが、それぞれの道を進んでいるので事業を継承させるのを断念した。

 三池には子どもがいない。いったんは甥に会社を譲ろうとしたが、早い段階で無理だと判断し、上場会社に売った。残りの人生は地方から政治家を育成して「地方活性化」に貢献するという意欲を燃やしている。

 佃・三池の両名はリスクを背負い、事業を起こした非凡な人物である。単に老後をエンジョイするだけにはとどまらない。一方、前者の2人には何か物足りなさを感じる。M&Aコンサルが繁盛するのも良いし、経営者たちが会社売却で功労金を得るのも結構なことだが、今後、企業数が減り続けていくと日本はどうなってしまうのだろうか――。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年05月24日 18:41

【特報2】川﨑大資こと塩田大介氏の代理人弁護士がデータ・マックスに回答書で「警告」~横浜幸銀と佐賀銀行は不可解な「取材拒否」

  ■代理人弁護士は「やってはいけないことだった」 データ・マックスに届いた回答書  ※クリックで拡大  データ・マック...

2019年05月24日 14:21

【特報】参院厚生労働委員会で、データ・マックス記事をもとに秋元司内閣府副大臣を追及~川﨑大資こと塩田大介氏と関係があったことを認める

 昨日(5月23日)開かれた参議院厚生労働委員会で、立憲民主党の石橋通宏参院議員が質問に立った。質問の内容は、データ・マックスで5月21日に報じた記事に基づいたもの。

2019年05月25日 07:00

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(2)

 運輸安全委員会のHP下部には、参考というかたちで掲載され、報告書の本文中「3 分析」に用いる分析の結果を表す用語について以下のように定義されている。

2019年05月25日 07:00

入場料のある本屋「文喫」、アマゾンとの差別化は“検索しない”本探し(後)

 どんな本でもネットで買える時代。でも本屋好きは、本屋にいくことをやめられない。何かを探すでもなく、なんとなく本屋に行って、思いがけなく面白い本にハマってしまうことが...

2019年05月24日 17:30

【申し込み終了のお知らせ】国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」

 6月5日(水)に参議院議員会館1階101会議室で開催する国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」は、参加者が定員である100名に達したため申し...

2019年05月24日 16:55

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(1)

 2018年9月4日に近畿地方を通過した台風21号。「想定外」ともいえる暴風により、近畿地方を中心に大きな被害をもたらし、関西国際空港とりんくうタウンを結ぶ関空連絡橋...

2019年05月24日 16:24

リビン・テクノロジーズ(旧・シースタイル)が上場承認 東証マザーズ

   東京証券取引所は、不動産関連のウェブサービスを手がけるリビン・テクノロジーズ(株)(東京都中央区、川合大無社長)(旧・シースタイル)を上場承認した。上場するのは...

2019年05月24日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」5月21日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年05月24日 14:33

こうや豆腐摂取で「床ずれ」の治癒促進効果を確認

 旭松食品(株)(本社:長野県飯田市、木下博隆社長)は、凍り豆腐(こうや豆腐)摂取による、いわゆる「床ずれ」にあたる「褥瘡(じょくそう)」の治癒促進効果についての試験...

2019年05月24日 12:07

伊藤園「お~いお茶 緑茶」の原料茶葉すべてをGAP認証に

 伊藤園は、2020年度までに、同社の主力商品「お~いお茶 緑茶」に使われる原料茶葉のすべてを、「GAP認証取得農園」で生産された原料での製造販売を目指す。

pagetop