• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月17日 14:45

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(前)

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、設立20周年記念事業の核事業として、「食と健康」による市場を創造し、10兆円産業を目指すことにした。目的を達成するために、「食と健康」市場創造プロジェクトを立ち上げ、第1回製配販合同会議を2018年10月下旬に開いた。同プロジェクトでは、昨年に続き19年、2~3月に東京・神奈川・千葉など4店舗で実証実験を実施する。棚割り・陳列・販促・登録販売者・栄養士などによる情報提供のあり方、人材活用法など、実施計画を決め、来年3月の「JAPANドラッグストアショー」で中間報告し、6月以降にJACDS加盟企業の店舗で「食と健康」の普及を図る考えだ。本稿では、DgS業界が製配販の総力を挙げ、市場創造を目指す「食と健康」に焦点を当て、最新動向を紹介する。

成長路線を持続するためプロジェクトを立ち上げる

 DgS業界は、ここ数年、踊り場ともいうべき状態が続いていたが、JACDSが行った2017年度「全国ドラッグストア実態調査」によると、全国総店舗数は1万9,534店舗、総売上は、6兆8,504億円と、再成長の兆しがみえてきた。ただ、成長要因は、(1)処方箋調剤、(2)インバウンド需要、(3)食品の取り込みの3点で盤石とはいえない。加えて、薬価の切り下げ、モノから人へのインバウンド需要の変化、価格訴求と利便性のみに頼る食品部門など不安要素があり、長期安定成長は望めない。

 そこで、将来に向けて、成長路線を持続するため、JACDS主導で新たな市場創造に取り組むのが、「食と健康」市場プロジェクトだ。同プロジェクトは、JACDS設立20周年記念事業として位置付けられており、「食と健康」の新カテゴリーをつくり、市場創造を行おうというもの。同プロジェクトの最も重要なポイントは、リアル店舗からの「適切な情報提供」で、需要を顕在化させることにある。

 同プロジェクトは、JACDSが17年に発表した「街の健康ハブステーション」構想に基づくもので、「25年に売上高10兆円」を目標に向け、DgSの社会的機能・役割として「地域の健康プラットフォーム」「生活者からの相談窓口」になるべく、大きく戦略転換することにした。

これからは、地域連携がキーワードになる

 10月25日、JACDS東京事務所で開かれた「食と健康」市場創造プロジェクト第1回製配販合同会議には、プロジェクトを成功に導くために、薬業界の製配販関係者に加え、プロジェクトへの協力・支援を表明している消費者庁・厚労省・経産省・日本栄養士会などの行政・団体の担当者などがオブザーバーとして出席、総勢50名が顔をそろえる盛大な船出となった。

 オブザーバーとして参加した厚生労働省医薬・生活衛生局総務課の安川孝志薬事企画官は、「食と健康」市場創造プロジェクトへ期待を込め、次のようにエールを送った。

 「当課は、薬事行政を担当しているが、必ずしも薬というわけではなく、食・栄養をしっかり摂るということが大事なことだと考えている。予防が大事だとも思っている。厚労省生活習慣病対策では、「1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ」とあるように、病気にならない生活習慣、栄養をしっかり摂る食生活が重要だと考えている。国民の間では健康が今、ブームになっており、健康への関心がますます高まっている。

 しかし、その一方で、健康に関する情報が錯綜している。消費者が正しい商品を選択できるかどうか、という点で、専門的な見地からいうと、薬剤師、登録販売者、管理栄養士などが連携して、相談に応じて正しい情報を消費者に伝えていくことが、DgSの大事な役割だと思う。地域のなかでDgSが活動するときに、薬剤師、登録販売者、管理栄養士などがはたす役割は、ますます重要になる」―。

 さらに安川薬事企画官は、地域連携が非常に重要になり、キーワードになると指摘。「大切なのはそのなかで、しっかりデータ、エビデンスを示していくこと。実績とともに、どういう役割をはたしたかということを、データで示すことも大事だ」と強調した。

(つづく)

【取材・文・構成:大川 善廣】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月24日 14:31

21日の大雨によるロードサービス救援要請235件~JAF九州本部NEW!

 日本自動車連盟(JAF)九州本部は、大雨の影響による21日のロードサービス要請件数を発表した。

2019年07月24日 11:50

九州北部地方が梅雨明けNEW!

 福岡管区気象台は九州北部地方(山口県を含む)が梅雨明けしたとみられると発表した。

2019年07月24日 11:20

アビスパ、ペドロ・ジュニオール選手との契約を解除NEW!

 アビスパ福岡は7月16日に獲得を発表していたFWペドロ・ジュニオール選手との契約を解除した。正式契約の過程でペドロ・ジュニオール選手に登録上の問題が発生したため。

れいわ新選組の経済政策方針を広く共有しようNEW!

 拙著『25%の人が政治を私物化する国―消費税ゼロ・最低賃金1,500円で日本が変わる―』(詩想社新書)​​​​​​​では、全有権者の25%を占めている「三だけ教」信...

2019年07月24日 09:41

地方議員たちの見た参議院選挙~地方の自民党内では「シラケ」ムードNEW!

 与党・自民党が議席を減らすという結果で終わった第24回参議院議員選挙だが、期間中は各党の応援に地方議員たちも奔走、というより「バタバタ」していた。

2019年07月24日 07:00

【交通取締情報】24日、古賀市と福津市で実施

   福岡県警は24日(水)、古賀市と福津市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。なお、予告なく日時、場所の変更、中止をする場合があるという。

ライオンズクラブを本来の姿に─337-A地区の今とこれから─(3)

  独善・独断的な決定プロセス   前回 、2017-2018年度のガバナー選出をめぐる騒動について記したが、以下に顛末を記す。  2014-20...

2019年07月23日 21:15

【ホークス速報】初回からお祭り騒ぎの3者連続ソロHR!乱打戦を制し、祭典初日を勝利~鷹の祭典2019inヤフオクドーム

 福岡ソフトバンクホークスは23日、年に一度の「鷹の祭典inヤフオク!ドーム」(以下、鷹の祭典)初戦で千葉ロッテマリーンズに11-7で勝利した。

2019年07月23日 17:28

伝統の「対応力」で中核事業に~飯塚病院

 麻生グループは、地方財閥起源の企業としては稀有な存在だ。九州勧業・紙与産業は大家業に転じた。安川電機は株式上場して大企業となった。祖業に固執した貝島炭礦は消滅した。...

2019年07月23日 16:42

西部ガスグループが手がける初のホテルに宿泊してみた~アンドコンフィホテル熊本城ビュー

 7月1日オープンのホテル「アンドコンフィホテル熊本城ビュー」。8階建て98室の同ホテルは、西部ガスグループが手掛ける初のホテルとして注目を浴びている。今回は、一般客...

pagetop