建築との出会いからこれまで 建築家から見た福岡のまちづくり(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月24日 11:11

建築との出会いからこれまで 建築家から見た福岡のまちづくり(1)

SAKO建築設計工社 代表 迫 慶一郎 氏

 中国を中心に、世界各国で独創的な建築を生み出す建築家として注目されるSAKO建築設計工社代表の迫慶一郎氏。迫氏が建築家を目指したきっかけから、中国に進出して数々の建築を世に発信してきた経験談、さらに福岡の『まちづくり』に対する現状や、今後の発展の可能性について聞いた。

建築家を目指した幼少期のきっかけ

 ――まず初めに、迫さんの生い立ちについてお聞かせください。

 迫 私は、福岡市の南区で生まれ育ちました。小学校2年生のときに父が他界してから春日市に移り住みまして、家の周りが山や池に囲まれた、自然が豊かな環境で育ちました。小学校ではソフトボールをやり、中高と野球に明け暮れて、ずっと野球漬けでしたね。その後、九州大学の建築学科に行く予定だったのですが入れてもらえず(笑)、翌年、東京工業大学の建築学科に入学しました。

 ――大学で建築学科に行かれたことが、そのまま建築家を目指されたきっかけになったのでしょうか。

北京建外SOHO(集合住宅・複合施設)

 迫 幼少期に2つのきっかけがありました。1つは、手書きの看板製作をしていた祖父の影響です。そしてもう1つは、小学生のころ、自宅付近で住宅団地が造成され、周りで2階建ての木造住宅がどんどん建っていくのを見て、大工さんがすごくかっこよく見えたことですね。それで、最初は大工というのを職業にしたいなと思っていて、5年生のときに将来の夢を、迷わず「大工」と書いたんです。隣の仲の良かった友人もずっと大工になりたいと言っていて、私が「大工になりたいと書いたよ」と言ったら、その友人は「建築 家(けんちくいえ)」と書いていたんですね。「なんだ、そのけんちくいえというのは」と聞いたら、友人が「大工よりも大きいものをつくるんゼ」と言われ、よくわからなかったんですが、私も負けていられないなと思って、「けんちく いえ」と書きました。それが、今の仕事をすることになった最初のきっかけですね。

 それからそういう仕事をやりたいとずっと思い、大学に入るときも建築学科しか受けなかったんです。

「経験だけで仕事をやるんじゃない」

 ――学卒後は、「山本理顕設計工場」に進まれたとのことですが、きっかけをお聞かせください。

 迫 当時、日本で“都市論”を真正面から語り、それを形にしている人が2人だけいました。1人は、代官山ヒルズを手がけた槙文彦さん。もう1人が、山本理顕さんでした。その山本さんが手がけたのが緑園都市(横浜市)で、新設される駅周辺のエリアに建築家としての独自の都市論を持ち込んで、実際にどんどん建てていっていた。それが、またかっこいいと思って、山本さんのところで働きたいと思ったのです。

 ――山本理顕設計工場では、何年くらい勤められたのですか。

 迫 8年いました。結果、3つのプロジェクトを担当しまして、最初のプロジェクトは入社して2カ月くらい経ったときのものです。広島西消防署のコンペがあり、それを担当しました。これは当時、広島市が「ピースアンドクリエイト2045」という企画を進めていまして、それは著名建築家を招いてコンペを行い、良いものを残していくという企画でしたが、それを1人で全部任せてもらえました。私もチャンスを活かそうと思って、もともと製図室でもどこでも寝るのは得意でしたので(笑)、連日事務所に泊まり込み、すべてをコンペに注ぎ込みました。結果は運良く当選することができました。

 基本設計に入ると、普通は先輩スタッフが設計チームを率いるようになるのですが、私がそのままプロジェクトリーダーとしてやらせてもらい、竣工までやり遂げました。それが、ものすごく良い経験になりましたね。

 ――今のお仕事のベースになっているということですね。

 迫 そこで学んだことは、山本さんも公言するように、「経験よりも大切なのは、そのプロジェクトをいかに自分が成功させたいと思ってやるかだ」です。ですから、自分がやれることは、とにかく全部出し尽くすこと。懸命に取り組んでいると、周りが自ずとサポートをしてくれるようになるんですね。

 そして、2つ目が東京の東雲キャナルコートCODANという公団(UR)住宅でした。URとしても、事業の方向性を都心賃貸にシフトする目玉プロジェクトでした。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
SAKO建築設計工社
代 表:迫 慶一郎
設 立:2004年2月
資本金:10万米ドル
URL:http://www.sako.co.jp/

<プロフィール>
迫 慶一郎(さこ・けいいちろう)
1970生まれ、福岡市出身。筑紫丘高校を卒業後、東京工業大学に進み、96年東京工業大学大学院修了。山本理顕設計工場で8年間の勤務を経て、2004年SAKO建築設計工社を設立。04年~05年には、米国コロンビア大学客員研究員・文化庁派遣芸術家在外研修員を務め、北京を拠点に現在までに100を超えるプロジェクトを、中国、日本、韓国、モンゴル、スペインで手がける。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年05月17日 12:39

【スクープ第3弾】「塩田大介」が福岡を拠点にねらう、企業主導型保育事業の闇(3)~存在しない建物に対して1億6,000万円の助成金申請

  ABCホーム会長時代の塩田大介氏(左/アクセスジャーナルより)と、「川﨑大資」を名乗る現在の塩田大介氏   ...

2019年05月19日 07:05

私的リーダー論(後)

  大さんのシニアリポート第78回 各部署は担当者に任せ、責任の範囲を明確に線引きする 大人気のカラオケ  スタッフの「や...

2019年05月19日 07:00

イオン九州、3社統合を延期 高コストと老朽店、喫緊の課題(3)

  重い人件費負担  高コストの原因は販管費の43%を占める人件費の高さ。前期の営業収益に占める人件費比率は14.43%で、流通企業では突出して高い。イトー...

2019年05月18日 07:05

私的リーダー論(中)

  大さんのシニアリポート第78回 組織(この場合は「ぐるり」)の存在と、来亭者の数を増やすためには、「ぐるり」の品目(運営の内容)を地域に知ってもらうこと...

2019年05月18日 07:00

イオン九州、3社統合を延期 高コストと老朽店、喫緊の課題(2)

  GMS出店、3年間凍結  営業力強化に向け、新年度から柴田社長が営業本部長を兼務する臨戦体制を敷いたが、2カ月で撤回し伊藤文博取締役常務執行役員兼ディベ...

2019年05月17日 17:37

自転車の安全運転を街頭PR~博多警察署

   博多警察署は17日、「自転車月間」(5月1日〜31日)に合わせ、自転車の安全運転に関する街頭広報啓発を商工会議所入口交差点で実施した。午前7時半過ぎ、男女の「D...

2019年05月17日 16:19

日本経済におけるバブル崩壊の原因と2020年の近未来展望(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年05月17日 15:06

一風堂が中国・南京市に初出店~「一風堂 南京Deji Plaza店」

   力の源ホールディングス傘下のCHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE.LTD(本社:シンガポール)は現地のライセンスパートナーであるR...

2019年05月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」5月15日発表 福岡労働局分

   厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。5月15日に公表された福岡労働局分は下記の通り。 ...

2019年05月17日 13:06

私的リーダー論(前)

  大さんのシニアリポート第78回 「サロン幸福亭ぐるり」  リーダー論といっても、啓蒙書や啓発書に出てくるリーダー像ではなく、あく...

pagetop