• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月19日 07:05

コミュニティ活動に求められるそれぞれの『覚悟』(後)

大さんのシニアリポート第77回

 桜井教授が香川さんを「強く、それでいてしなやかさ、したたかさを身につけている女性」と評したのは、「自分に自信のない人間は、ヘルプすら出せません。自分が他人にとって、助ける価値のある人間とも思えないから」「“助けを求める”には、自分が助けてもらえるだけの価値が(他人にとって)ある、という自己認識が必要で、自分の存在など他人には路傍の石みたいなものだろうと思っている人間にはかなりハードルが高い行動なのではないでしょうか」と香川さんの“覚悟”を高く評価したからだ。

 しかし現実的に、カミングアウトするという行動にはそれなりの勇気を必要とする。迷惑をかけるのではないのか、という心理もはたらく。「認知症をカミングアウトできるほどしたたかになれない私たちは、どうしたらいいのか。しかし、助けが必要な場面なのに、ヘルプを出さないともっとひどいことになって、周りにももっと迷惑をかけることになる。要は、助けられる覚悟が必要なのです」と。

「子ども食堂」の風景

 「助けることには、自己犠牲をともなう。困ったときはお互い様といいますが、コミュニティで面々と続く生活の場面場面においては、助けることはやはり一方的な行為になりがちです。アンパンマンは顔を分け与えて、徐々に削られていきますが、アンパンマンでない私たちでも、顔ではない何かがすり減っていくということを実感することがあります」「コミュニティ活動では、やらない人ほど好き勝手をいう。コミュニティ活動のインフォーマルな助け合いは、根気と覚悟が必要。コミュニティは、迷惑をかける、かけられる世界であることを覚悟すべきだ」とかなり強い調子で結んだ。
「そもそも人から助けられたら、恩を返すという規範がなければ、結局、援助はコミュニティで不均衡なものにならざるを得ない。長続きさせるには、根気と覚悟が必要になります」という指摘には、十分に納得できる。

 コミュニティというのは、誰でもが平等で対等な立場であることが求められるはずなのに、実際には「助けられる、助ける」という関係性が生じると、互いに一方的(一方通行)になりがちになる。再三紹介している「ぐるり」常連(夫婦)の「棄老事件」では、棄てられた老夫婦の日常を、社協のY相談員(社会福祉士)と「ぐるり」の亭主である私に、すべて丸投げされた。肝心の子どもたちは関わりをもつことを拒否した。Y相談員は「ボランティアとはそういうもの」というが、ボランティアという意識がなく、近所の気のいい仲間という意識の私には納得がいかない。最近でもこういうことがあった。

ある日のメニュー

 第2、4木曜日に、「子ども食堂」を開いている。20人を超す子どもたちを、8人のボランティアが交替で夕食づくりを担当する。開催の本音は、子どもたちにまともな食事をつくらない(作れない)親の現状を打破したい。母親もボランティアと一緒に食事をつくる。つまり「食育」という本音が隠されている。なかには精神的な疾患を抱えて食事がつくれない親がいることも事実である。そうした家庭の子どもたちを助けたいという思いももちろんある。しかし、親の多くは、「一食100円で食べることができる食堂」「子ども食堂があるから利用している」という認識でいるのではと疑念を抱く。食堂に顔を見せないばかりか、送り迎えをする親は少数だ。冬の夜8時過ぎは真っ暗である。子どもたちを家まで送るのは、学生ボランティアと亭主である。

 昼、親に会っても挨拶するのは一部で、大半は知らぬ顔を決め込む。「お世話になってます」という言葉もない。写真をあげても「ありがとう」がない。多分、親が育ってきた生活環境も、今と同じようなものなのだろう。桜井教授のいう、「助けることは結局献身、自己犠牲をともなう」という本音、つまり「無償の行為」ということが理解できても、せめて「ありがとう」の言葉を聞きたいと思うのがボランティアの気持ちだと思う。利用する側の覚悟(感謝の念)も必要だと思うのだが…。

(つづく)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)
1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務ののち、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ二人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(近著・講談社)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月23日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(4)NEW!

 確かに保健機能食品のなかでトクホ、機能性表示食品、そして栄養機能食品という3つの制度が共存しており、今回、トクホと機能性表示食品の棲み分けが大きな課題となっている。

2019年10月23日 07:00

「放射能でおもてなし?」~安全性を疑問視する国内外からの声が急増!(4)NEW!

 最近は、関電を初め、目に余る不祥事が続き、またオリンピック開催も近づき、より多くの人に、真の危険性を知っていただきたい余り、少し発言が過激になってしまうこともござい...

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(後)

 高校球児の憧れ、甲子園には春2回、夏4回出場。そのうち2000(平成12)年の春大会ではベスト8に。同年行われた明治神宮大会では優勝をはたしている。現在は下野輝章監...

2019年10月22日 07:00

「たまねぎ男」辞任の韓国 大統領のレームダック化は必至(後)

 チョグクとは何者か。なぜ、「チョグク守護」だったのか。西岡力氏の報告(月刊『Hanada』11月号)が参考になる。チョグク氏はソウル大生時代に「南韓社会主義労働者同...

2019年10月22日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(3)

 7月23日に日健栄協がトクホの表示に関する公正競争規約を早ければ今年度中にも策定し、来年度から施行したい考えを発表した。日健栄協ではトクホの広告自主基準を07年に策...

2019年10月21日 17:02

これから加速する地銀の経営統合

 47都道府県に本部(本店)を置く地銀の分布表によると、全国に地銀は103行ある。内訳は第一地銀が64行で第二地銀が39行となっている。第一地銀のうち、経営統合してフ...

2019年10月21日 16:32

【特別連載】反社勢力に利益供与の「くるまドットコム」に融資か~大牟田柳川信金、西日本シティ銀行ら金融機関の責任〈「断たれた絆」番外編・前〉

 これまで4回の連載で明らかにしてきた、有限会社くるまドットコム代表・諸藤壮一氏のさまざまな疑惑について、諸藤氏は1回目の記事(15日付)を掲載後、代理人経由で記事の...

2019年10月21日 16:06

太宰府市の駐車場車内で女性の遺体発見、男女3人を死体遺棄容疑で逮捕

 福岡県警は10月21日、福岡県太宰府市にあるインターネットカフェの駐車場に止めた車内で、市内に住む高畑(こうはた)瑠美さん(当時36)が遺体で発見された事件について...

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(前)

 当校の体育部は16(含応援団)。その多くが開校と同時の1955(昭和30)年に発足している。10年後にはボクシング部が全国高校総体で個人優勝。以来、剣道部やバスケッ...

2019年10月21日 15:13

ホークスと福岡オープントップバスがコラボ~ヤフオクドームツアーも

 福岡ソフトバンクホークスと西鉄は福岡市内の主要観光スポットをめぐる福岡オープントップバスのルートにヤフオクドームを追加した「ホークスコラボツアー」の運行が決定したと...

pagetop