• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月19日 07:05

コミュニティ活動に求められるそれぞれの『覚悟』(後)

大さんのシニアリポート第77回

 桜井教授が香川さんを「強く、それでいてしなやかさ、したたかさを身につけている女性」と評したのは、「自分に自信のない人間は、ヘルプすら出せません。自分が他人にとって、助ける価値のある人間とも思えないから」「“助けを求める”には、自分が助けてもらえるだけの価値が(他人にとって)ある、という自己認識が必要で、自分の存在など他人には路傍の石みたいなものだろうと思っている人間にはかなりハードルが高い行動なのではないでしょうか」と香川さんの“覚悟”を高く評価したからだ。

 しかし現実的に、カミングアウトするという行動にはそれなりの勇気を必要とする。迷惑をかけるのではないのか、という心理もはたらく。「認知症をカミングアウトできるほどしたたかになれない私たちは、どうしたらいいのか。しかし、助けが必要な場面なのに、ヘルプを出さないともっとひどいことになって、周りにももっと迷惑をかけることになる。要は、助けられる覚悟が必要なのです」と。

「子ども食堂」の風景

 「助けることには、自己犠牲をともなう。困ったときはお互い様といいますが、コミュニティで面々と続く生活の場面場面においては、助けることはやはり一方的な行為になりがちです。アンパンマンは顔を分け与えて、徐々に削られていきますが、アンパンマンでない私たちでも、顔ではない何かがすり減っていくということを実感することがあります」「コミュニティ活動では、やらない人ほど好き勝手をいう。コミュニティ活動のインフォーマルな助け合いは、根気と覚悟が必要。コミュニティは、迷惑をかける、かけられる世界であることを覚悟すべきだ」とかなり強い調子で結んだ。
「そもそも人から助けられたら、恩を返すという規範がなければ、結局、援助はコミュニティで不均衡なものにならざるを得ない。長続きさせるには、根気と覚悟が必要になります」という指摘には、十分に納得できる。

 コミュニティというのは、誰でもが平等で対等な立場であることが求められるはずなのに、実際には「助けられる、助ける」という関係性が生じると、互いに一方的(一方通行)になりがちになる。再三紹介している「ぐるり」常連(夫婦)の「棄老事件」では、棄てられた老夫婦の日常を、社協のY相談員(社会福祉士)と「ぐるり」の亭主である私に、すべて丸投げされた。肝心の子どもたちは関わりをもつことを拒否した。Y相談員は「ボランティアとはそういうもの」というが、ボランティアという意識がなく、近所の気のいい仲間という意識の私には納得がいかない。最近でもこういうことがあった。

ある日のメニュー

 第2、4木曜日に、「子ども食堂」を開いている。20人を超す子どもたちを、8人のボランティアが交替で夕食づくりを担当する。開催の本音は、子どもたちにまともな食事をつくらない(作れない)親の現状を打破したい。母親もボランティアと一緒に食事をつくる。つまり「食育」という本音が隠されている。なかには精神的な疾患を抱えて食事がつくれない親がいることも事実である。そうした家庭の子どもたちを助けたいという思いももちろんある。しかし、親の多くは、「一食100円で食べることができる食堂」「子ども食堂があるから利用している」という認識でいるのではと疑念を抱く。食堂に顔を見せないばかりか、送り迎えをする親は少数だ。冬の夜8時過ぎは真っ暗である。子どもたちを家まで送るのは、学生ボランティアと亭主である。

 昼、親に会っても挨拶するのは一部で、大半は知らぬ顔を決め込む。「お世話になってます」という言葉もない。写真をあげても「ありがとう」がない。多分、親が育ってきた生活環境も、今と同じようなものなのだろう。桜井教授のいう、「助けることは結局献身、自己犠牲をともなう」という本音、つまり「無償の行為」ということが理解できても、せめて「ありがとう」の言葉を聞きたいと思うのがボランティアの気持ちだと思う。利用する側の覚悟(感謝の念)も必要だと思うのだが…。

(つづく)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)
1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務ののち、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ二人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(近著・講談社)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月27日 17:14

『脊振の自然に魅せられて』「残雪の道標補修作業と素晴らしきブナ林」(前)

 2月21日(金)、「脊振の自然を愛する会」の会員Mを誘い、脊振山系:金山周辺の道標整備に出かけた。Mは私より年上で、かつてF大学の教授をしていた。

2020年02月27日 15:32

餃子計画、本社および大阪事務所を移転

 飲食店の運営と餃子類食品の製造卸を手がける(株)餃子計画が2月25日、本社および大阪事務所を移転した。

2020年02月27日 14:52

九電工が役員人事の変更を発表~失われた信頼を取り戻せるか

 (株)九電工(福岡市南区)は2月26日、代表取締役と役員人事の変更を発表した。代表取締役社長には佐藤尚文氏(現・取締役会長)が就任。西村松次・現代表取締役社長は取締...

安倍内閣が検査を忌避する「特殊な事情」

 TBS「News23」で上昌広・医療ガバナンス研究所理事長が的確なコメントを提示した。詳細を水島宏明氏が紹介してくれているのでご参照賜りたい。

2020年02月27日 14:07

山本太郎氏が国会休会申し入れの真意を説明~ネット番組で

 れいわ新選組の山本太郎代表は26日夜、インターネットを通じた市民との対話番組で、同日要請した国会休会について、「役人のマンパワーを集中させるため」と述べ、公務員をコ...

2020年02月27日 12:26

「設立25周年記念祝賀会」延期のお知らせ

 3月18日(水)に開催を予定しておりました弊社の「設立25周年記念祝賀会」ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、お客様の健康と安全を最優先に考慮した結果...

2020年02月27日 11:52

自民党・二階幹事長の不敵かつ巧妙な「小池拘束戦略」~東京都知事選

 小池百合子東京都知事は、東京オリンピックを何としても開催して主催自治体の知事として挨拶し、世界に名前を売ることを最大の戦略・目的にしている。それが叶えば都知事のポス...

2020年02月27日 11:42

クイーンズヒルゴルフクラブ元支配人 クラブ運営の将来を憂う

 (株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場(以下、クイーンズヒル)の株式保有権をめぐって訴訟していた、現代表取締役・田原司氏と前代表取締役・横田俊介氏。2019年12月20日...

2020年02月27日 11:23

ザ・ベーシックス福岡、洗練された知と食のもてなし

 福岡地所グループで、ホテル事業を担当している(株)エフ・ジェイ ホテルズは、2019年5月末に閉館した旧「ハイアット リージェンシー 福岡」を、新たなコンセプトの自...

2020年02月27日 11:10

千葉県佐倉市の産廃業者に行政処分

 東京都は2月26日、(株)林建材(千葉県佐倉市、林孝至代表)に対し、廃棄物処理法に基づき、同社の産業廃棄物収集運搬業許可の取消処分を下した。

pagetop