• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月20日 11:54

【パチンカー代の『釘読み』】Eスペース、福岡市場で生き残れるか

Eスペース福岡本店

 パチンコホール(以下、ホール)「Eスペース」や「ファラオ」などを埼玉、福岡、沖縄エリアで10店舗以上展開しているイースペース(株)。福岡ではEスペース「福岡本店(福岡市東区)」「福岡東店(糟屋郡志免町)」「赤坂店(筑後市熊野)」「篠栗店(糟屋郡篠栗町)」の4店舗が営業中だ。

 福岡4店舗のパチンコ・スロット総設置台数は2,000台を超える。最も設置台数が多いのは福岡本店の922台で、残り3店舗はそれぞれ600台未満となっている。

 同社は本社を埼玉県に置くが、最も多くのホールを展開しているのは沖縄県だ。2018年には関連会社の(株)ケースペースから「イースペース我如古店(現・ファラオ我如古店)」の営業を引き継ぎ、19年3月現在、沖縄エリアでは「Eスペース」「スーパーEスペース」「ファラオ」の合計8店舗が営業中だ。

 埼玉、沖縄、福岡の3エリアでの営業で、15年9月期から17年9月期にかけての売上高は、平均約45億円で推移。単純計算で、一店舗当たり平均約2億6,000万円売り上げている計算だ。しかし、遊技機に対するものから広告に対するものまで、集客の足かせとなる規制強化の影響は同社も免れない。業績は減収傾向にある。

新たな動きが??

 また、18年9月期は2億円の最終赤字を計上。2期連続の赤字決算となったが、自己資本比率は92.7%と財務内容は堅牢だ。
同社の今後の動向が気になるところだが、「お話することはできません」(同社社員)と話す。

 福岡の遊技市場は「ワンダーランド」や「ユーコーラッキー」など、名だたるホールがしのぎを削る激戦区。生き残るためには、新たな一手が必要になる。

 【代 源太朗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)

 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、そ...

2020年02月21日 13:00

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(4)

 日本経済が民主党政権時代を上回る超低迷を続けているのに、企業収益が倍増してきたのは、労働者に対する分配所得を圧縮してきたからだ。労働者1人あたりの実質賃金は第2次安...

pagetop