• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月24日 07:01

福岡を活性化させた傑物伝 アパマングループ代表大村浩次氏(19)

自転車をシェアする「ecobike」

大村 浩次 氏

 マンションやアパートの賃貸物件を管理してみえてきたことが、買ったけれども使われずに置かれているたくさんの自転車のことだった。自転車は車や電車などに比べて、電気などのエネルギーを使わずに走るため、CO2削減に役立ち、環境をまもる乗りものだ。一方で、放置自転車が社会問題になって久しい。また、モノをもつことより使うことに気持ちが移っている時代から、モノを共有するシェアリングエコノミーが広がる。大村社長は、いつでも使いたいときにすぐに乗れる自転車があれば、自転車をもたずに毎日便利に使うことができると考えて、自転車をシェアするecobike(エコバイク)事業を始めた。

 車や電車、バス、タクシーなどの毎日の生活でかかせない交通手段。交通業界では目的地までに使う交通手段をワンストップにデザインし、交通手段を共有するライドシェアの実現に向けて取り組んでいる。そのため、電車やバスなどを降りた後の目的地までの「ラストワンマイル」を移動するための交通手段として、シェアサイクル事業を成長させたいと考えている。APAMANグループは、OpenStreet(株)とシェアサイクル事業で提携してHELLO CYCLING(ハローサイクリング)のシェアサイクルのシステムを使い、ecobike事業を展開している。

自転車をいつでも借りやすく

 ecobikeは、提携企業を含めて約20都道府県で約5,000台の自転車を借りることができる。自転車はすべてインターネットのネットワークを使って、オンタイムに管理しているため、乗りたいステーションをHELLO CYCLINGの地図で調べてスマートフォンやパソコンから予約するだけで使うことができる。また、交通系ICカードを登録すると、自転車の操作パネルにICカードをタッチするだけで、予約なしに自転車を使うことができる。自転車を借りられるステーションは、提携先の駐車場や店舗などに設置している。利用料金はスマートフォンやパソコンからオンライン決済ができて、お財布なしで手軽に使えるしくみだ。乗り終わった自転車は、どのHELLO CYCLINGのステーションでも返すことができる。

 電車から降りた後に歩くには少し距離があるところでも、ecobikeは走る力をサポートしてくれる電気自転車のため、ふつうの自転車に乗るよりも楽に移動ができる。坂道も登りやすく、天気のいい日には風を切って走るのが気持ちいい。ecobikeの自転車は、実際に乗ってみると頑丈で安定感がある印象だ。シェアサイクルとして使うため、多くの人がたくさん乗っても問題がないように、投げてもこわれないほどの耐久性があるという。自転車をシェアしやすい仕組みをつくるだけでなく、自転車そのものもシェアしやすいように工夫を重ねている。APAMANグループは、いつでもどこでも利用できるシェアサイクルを目指して、全国で1万台の自転車を置くことを目指している。また、今は提携先の駐車場などが自転車のステーションになっているが、将来はアパートやマンションにもecobikeを置いて、通勤するときや家から出かけるときにいつでも便利に使えるようにしたいと考えている。また、自転車そのものや自転車をシェアするシステムの工夫を重ねることで、利用料金をさらに使いやすくしたいという。移動するときにはいつでもシェアサイクルが使える時代は、すぐそこにきているかもしれない。

社会に役立つ移動手段として活躍

自転車はほかの交通機関とは違い、人のちからで移動することができる。そのため災害が起こって交通のインフラが動かなくなってしまったときにも、電車やバスなどの代わりに移動できる乗りものとして活躍している。APAMANグループは、昨年の夏に広島の豪雨災害があったときに被災地に自転車を寄付し、電車やバスなどの交通が途絶えてしまった安芸地区などで人々が災害からの復旧するためにサポートした。

 シェアサイクルのecobikeは、行政と提携することで全国の町おこしにも役立っている。鹿児島県徳之島の伊仙町もその1つだ。伊仙町は、自然が豊かで景色を楽しみながらサイクリングできる絶好の場所だ。観光で徳之島にきた人にecobikeに乗ってもらえるようにすることで、車をもっていない旅行者も気軽に自転車で島をまわって海や山の景色を楽しめるようになった。また、APAMANグループは、伊仙町に旅行しやすいように(株)グランドゥースを通して民泊の運営をサポートして、島で仕事をしたい人がほかの地域から移り住みやすいコワーキングスペースをつくることを目指している。伊仙町がもつ観光やビジネスの環境を整えて、町を元気にしたいと考えているためだ。

 全国では人口が減りつつあるため、暮らしに必要なバスなどの交通機関が十分でないところが増える可能性もある。自宅から近いところに行くときはもちろん、電車などの交通機関をおりた後に目的地まで移動する手段として、シェアサイクルは今後さらに広まるのではないだろうか。

(つづく)
【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月12日 16:24

【未公開音声】WIN社・川﨑大資容疑者に手玉にとられた佐賀銀行~「担当者はオレ派」の意味は?

 横浜幸銀信用組合に対する融資詐欺容疑で逮捕された川﨑大資容疑者(51)は、「塩田大介」と名乗っていたABCホーム会長時代から、巧みな話術を用いた騙しのテクニックに長...

2019年07月15日 15:05

【タイトル】梅雨空を吹っ飛ばせ!「MIYA-JICK」開催

  野外ステージエリア  今年で15回目となる野外音楽祭「MIYA-JICK(ミヤジック)」が14日(日)、15日(月・祝)、宮地嶽神社(福岡...

2019年07月15日 07:00

コスモス薬品5月期、9.5%増収 経常は8.1%増益

 コスモス薬品の2019年5月期連結決算は、93店を出店した効果で売上高は前期比9.5%増、経常利益は8.1%増となった。

2019年07月15日 07:00

【本日(7/15)午後2時から】地域福祉フォーラム「地域の数だけある、居場所のカタチ」開催

 地域福祉フォーラム「地域の数だけある、居場所のカタチ」が本日(15日)、福岡市博多区の福岡国際会議場で開催される。

2019年07月14日 18:19

【速報】福岡県粕屋町の須恵川での遺体発見、容疑者を逮捕

   福岡県粕屋町の須恵川で8日午後に村尾照子さん(38)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、福岡県警は今日、男性1人を逮捕。逮捕されたのは粕屋町江辻の土木作業員...

2019年07月14日 07:00

リテールパートナーズ第1四半期 微減収、増益 販管費増を吸収できず

 リテールパートナーズの第1四半期(2019年3~5月、連結)は食品スーパー事業が振るわず、前年同期比0.1%の微減収になった。販管費の増加を吸収できず、経常利益は1...

2019年07月14日 07:00

西鉄ストア、「ラー麦餃子」を発売~「ラー麦女子部」による試食販売イベントも

 西鉄ストアはラーメン用小麦「ラー麦」を使用した「ラー麦餃子」を本日14日(日)から、福岡県内18店舗で発売する。

2019年07月13日 07:00

アジアに「経済民主主義」を普及させ、共同体構築を図る!(後)

 『アジアと共生する日本の中小企業』というテーマで中小企業経営者2人による報告があった。山森一男 旭東ダイカストグループ会長・日中技能者交流センター理事は「日中分業体...

2019年07月13日 07:00

構造改革の成果、現れる トライアル、増収大幅増益(後)

 は10年前後から総合スーパー跡などへの居抜き出店をやめ、新店出店に切り替えるとともに老朽店を閉鎖し近隣に新築するS&Bを進めてきた。居抜き店は複層階が多く、ディスカ...

2019年07月12日 18:23

七隈線延伸工事、陥没箇所の工事再開

   7月12日午前9時、「博多駅前陥没事故」現場での再掘削工事が始まった。工事は安全面に最大限の配慮がなされ、Ⓐ地盤改良による人工岩盤の形成・Ⓑ掘削手順の細分化(2...

pagetop