• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月26日 09:00

春吉橋など国体道路の空間利活用を検討へ 20年度末に提言とりまとめる

春吉橋(3月上旬撮影)

 国体道路(国道202号)の空間利活用検討会(委員長=坂口光一・九州大学大学院教授)の初会合が25日、福岡市内で開かれた。国体道路は、道路や歩道幅が狭く、交通渋滞や事故が多い。道路空間の再編のほか、現在架け替え中の春吉橋と迂回路橋を活用した賑わい空間のあり方について、検討する。対象となる区間は、祇園西と渡辺通4丁目を結ぶ約1km。七隈線天神南駅と同線延伸工事で建設予定の中間駅を結ぶ区間に相当する。交通実態調査やアンケートなどを行ったうえで、それぞれの整備コンセプトや導入機能などの案をまとめる。賑わい空間については、事業手法、スキームについても議論する。今後3回程度会合を重ね、2020年度末頃に提言をとりまとめる予定だ。事務局は九州地方整備局福岡国道事務所と福岡市。

 春吉橋などの賑わい空間利活用をめぐっては、有識者らから成る技術研究会が15年に、「新たな都市の象徴」として、橋上でバザールなどを催し、人が回遊する新たな水上広場とする旨を提言している。水上広場の企画運営には、ビジネスを生み出すため、「徹底した民間の視点と活力が必要であり、行政はサポートに回る必要がある」などと指摘している。今後の検討も、この提言をベースに進められる。

迂回路(3月上旬撮影)

 国土交通省によれば、国体道路の通行車両は1日約3万台。混雑度は1.7という慢性的混雑状態にあり、福岡都心部の主要道路で最も高い。渡辺通りの混雑度は1.26、明治通りが1.01。そのほかは1以下だ。国体道路が混雑する原因には、幅員が12m、4車線と狭く、右左折車両や駐車車両による交通阻害などが指摘されている。歩道も3mと狭く、歩行者や自転車が錯綜している。国体道路での交通事故の発生率は、福岡県内の国道平均と比べ、約4倍に上る。

 那珂川に架かる春吉橋の建設は1961年。木杭の基礎など下部工の損傷が激しいため、国は2013年から橋の架け替えに着手している。工事の完成時期は未定。架け替えに際しては、通常の場合、撤去を前提とする仮設の迂回路橋を設置して工事を進めるが、迂回路上の空間を賑わい空間として活用するため、仮設ではなく本設の橋(永久橋)として整備している。迂回路橋は橋長約64m、幅約23m。面積は、単純計算で約1472m2となる。活用方法決定後、迂回路橋の管理は福岡市に移管される。

【大石 恭正】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月17日 18:55

東京マラソン、一般参加の中止~参加予定ランナーの声

 3月1日開催の東京マラソンは、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、一般ランナーの出場を取りやめ、招待選手などエリート選手のみで行われることが決まった。

2020年02月17日 16:39

【定点観測】東京・午前8:00~マスク着用率は…

 都内ではマスクを着用する人の姿が多く見られるようになった。下の写真は、今朝の通勤時(午前8時ごろ)のものである。地下鉄丸ノ内線・中野坂上駅を降りて改札に向かう乗客の...

2020年02月17日 15:25

下請業者に不当な減額や返品を要求~伊藤忠商事の子会社に下請法違反

 公正取引委員会は2月14日、伊藤忠商事の100%子会社で、婦人服ブランド「レリアン」「キャラ・オ・クルス」「ランバンコレクション」などのブランドを展開する(株)レリ...

2020年02月17日 14:47

(株)INS(旧・(株)ヰノセント)(東京)/婦人服販売

 INSは2月14日、東京地裁に特別清算の申請を行った。

2020年02月17日 14:30

これからのカードは指紋センサー搭載カードに(前)

 中国発の新型コロナウイルスは全世界に大きなショックを与えており、新型ウイルスのワクチンがない現在、さらなる感染拡大が心配されている。新型コロナウイルスは感染者と接触...

2020年02月17日 14:00

老舗企業のお手本となるマネジメント~(株)未来図建設

 地場総合建設業の(株)未来図建設は地元のまちづくりに貢献し続け、顧客および取引先などステークホルダーから高い評価を受け絶大な信用を得ている。同社代表取締役・菅原正道...

人災としてのコロナウイルス感染拡大

 想定された事態が発生している。日本全国で新型コロナウイルス感染者が確認され始めた。しかも、中国・湖北省から日本に移動した人、中国・湖北省を訪問した人ではない。そもそ...

2020年02月17日 13:30

神奈川県知事肝いりで推進!「人生100歳時代の設計図」(後)

 人生100歳時代では、リタイアしてからスムーズにセカンドキャリア、あるいは新たな生活ステージに移行できるかがポイントとなる。

2020年02月17日 11:52

【書評】有森隆著『創業家一族』を読む~かつて日本の創業者は起業家精神が旺盛だった!(前)

 永らく日本はベンチャー不毛の地と言われてきた。インターネットの勃興に合わせて、米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が、中国にはBAT(バ...

2020年02月17日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(4)

 石田弘次郎(仮名)は、母の葬儀を、ひとりですべて準備・段取りして、取り仕切った。「母が亡くなってから葬儀までは、悲しんでいる暇などなく、葬儀の準備から会葬していただ...

pagetop