• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月26日 14:08

福岡を活性化させた傑物伝 アパマングループ代表大村浩次氏(21)

出会いサポートセンター・JUNOALLを支援

 今の日本で生まれる子どもの数は、年間100万人を割りこんでいる。人口が少なくなることは日本の国力にかかわり、子どもがへると街に住む人が少なくなり活気が失われてしまうことから、少子化問題を何とか解決できないかと考えてきた。

 企業は、社会の役にたつだけでなく、利益の一部を社会にもどすことが大切だと大村社長は考えている。日本の国の経済力を強くして、地域を元気にしたいという社会貢献の思いから、行政や公的機関、自治体と協力して、出会いサポートセンター・JUNOALL(ジュノール)をボランティアで支援している。現在、全国8都市に展開しており、今後も全国各地に広めていく予定だ。将来的には、全国47都道府県に100カ所以上のセンターをつくり、1万組以上の婚姻を目指している。

人と人のつながりから結婚が生まれていた

大村 浩次 氏

 一昔前までは、社会に自然なお見合いのネットワークがあり、すでに結婚して子どもをもっている女性が、知りあいの年頃の男性や女性の結婚の仲介をしていた。結婚を考える年になるとお見合いの写真が出まわるくらい、相手を紹介する個人のネットワークがさかんだったといわれている。男性も女性もお互いに知りあいのつながりで紹介していたため、似た境遇でつりあい、人柄も合いそうな組みあわせで紹介していた。境遇や人柄が合う人どうしを紹介していたため、お見合いから結婚につながりやすかった。

 しかし、今ではお見合いを紹介しあえるような人と人のつながりが少なくなり、お見合いで出会う機会がほとんどなくなってしまった。また、昔とは人間関係のあり方がかわり、お互いの知りあいを通して紹介をうけると人間関係を気兼ねして断りにくいために避けたいという気持ちから、今ではお見合いをしない人が増えたといわれている。

 また、以前は職場恋愛から結婚につながることも多かったといわれている。同じ会社で働いていると社会のなかでのお互いのふだんの姿がわかり、同じ会社には似た価値観やバックグラウンドをもつ人が集まりやすいため、合う人が見つかりやすかったのではないだろうか。しかし今では、恋愛がうまくいかなかったときに同じ職場にいづらくなるなど、職場の人間関係に気兼ねする人も増えたといわれている。

ITを活用した独自のデータマッチング

 JUNOALLは、一昔前までは地域のネットワークのなかで人が組み合わせていたお見合い相手を、ITを使った独自のノウハウでデータマッチングすることが特長だ。これまでAPAMANグループが部屋探しでつちかってきた、合うものを見つけるマッチングの仕組みを生かしている。JUNOALLは、希望する相手の条件や結婚観からデータベースの画像やプロフィールを自分で検索して、相手の条件からデータマッチングしてお見合いをすることで、結婚につながりやすい出会いをつくるしくみだ。

 また、お見合いは個人情報をあずかるため、外部に個人情報が漏れることを防ぐ仕組みを備えている。全国のJUNOALLでは、インターネットにつながれていない専用のネットワークを使って登録された個人情報を共有しているため、外部からは一切アクセスできず、単独のネットワークで管理しているためインターネットを通して外部からハッキングすることはできない。また、情報の抜き取りを防ぐため、データのやり取りにUSBを使わない、全国のJUNOALLの専用ルームに行かないとデータを検索できないなど、厳重なセキュリティ対策をしている。

 JUNOALLは社会貢献のための事業で、非営利団体のNPOが運営しているため、無料または良心的な費用でサービスを提供している。また、成婚時の成功報酬などの謝金もかからない。近年、20代や30代は賃金が上がりにくくなっているという社会背景もあり、今の時代にあった良心的な費用を設定することで、若い世代のことを考えたサービスを提供している。また、良心的な費用でサービスを受けることで、結婚後の生活に資金をまわしてほしいという思いもあるという。

結婚して子どもをもちやすい社会をつくる

 結婚後のライフスタイルについても、APAMANグループは若い世代の生き方の選択の幅を広げる新しい提案をしている。たとえば、これまで仕事をするためには仕事のあるところに住むことが必要だったが、コワーキングスペースのfabbit(ファビット)は、遠くまで通勤をすることなく住んでいる街で仕事をすることや大都市に移り住むことなく地方都市で仕事ができる環境を整えて、これからの時代にあった多様な働き方をサポートしている。また、女性が仕事をしやすいコワーキングスペースをつくることで、結婚しても仕事を続けることができ、子どもをもちやすいようにサポートしている。大都市にくらべて物価の安い地方都市で仕事をしやすくすることで、今までの時代とは違ったライフスタイルを提案し、こどもをもちやすい社会をつくりたいと考えているのではないだろうか。またシェアサイクルのecobike(エコバイク)は、どこでも自転車を借りられる街をつくり、車をもつことなく通勤や外出しやすくすることで、これからの若い世代にとって暮らしやすい社会をつくることに取りくんでいる。

(つづく)
【取材・文・構成:石井 ゆかり】

関連キーワード:JUNOALL  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月01日 12:01

6月から食品リコール情報を一元化、事業者に届出を義務づけNEW!

 消費者庁と厚生労働省は6月1日、食品リコール情報を一元的に公開するシステムの運用を開始する。アレルゲン表示の欠落や大腸菌汚染など、健康被害の原因となり得る食品を自主...

2021年03月01日 11:55

糸島最大級のリゾート施設「LASPARK RESORT」、志摩桜井に登場NEW!

 観光地として人気の糸島に、新たな交流拠点が誕生した。Wiリゾート(株)(本社:福岡市中央区、渡邉将太代表)が手がけた統合型リゾート施設「LASPARK RESORT...

2021年03月01日 11:41

【福岡県緊急事態宣言解除】飲食店の時短要請(午後9時までに延長)と感染拡大防止協力金の支給は7日まで継続NEW!

 福岡県は本日をもって新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の対象区域から解除されたが、7日まで飲食店の営業時間短縮要請と感染拡大防止協力金の支給を継続する...

2021年03月01日 11:33

九州地銀の2021年3月期 第3四半期(12月期)決算を検証する (4)NEW!

   【表1】を見ていただきたい。九州地銀17行(含むFG・FH)の2020年12月期の有価証券残高順位表である。(以下、億円以下は切り捨てて表示) (1...

2021年03月01日 11:30

【21世紀世界最大のプロジェクト マレー半島横断運河構想】DEVNETがタイ運河総合開発計画(Project:SOLLUNA)に着手NEW!

 13日、(一社)DEVNET INTERNATIONALの明川保文総裁は、タイ王国においてタイ運河総合開発計画に着手したことを明らかにした...

2021年03月01日 11:17

【IR福岡誘致開発特別連載27】なぜ、IR長崎には中国の富裕層の国外カジノ観光禁止規制が致命傷となるのか?NEW!

 IR福岡誘致開発特別連載25、26で中国の習近平政権が近く実施するであろう「中国人富裕層の国外カジノ観光禁止」規制を報じた。『西日本新聞』を含めた各紙も一斉に、同様...

2021年03月01日 09:00

トライアル5、マルキョウ7品目を値上げ 食品19品目売価調査NEW!

 トライアル値上げ5、値下げ4品目、マルキョウ値上げ7、値下げ3品目――データ・マックスが27日行った食品主要19品目の売価調査によると、昨年11月30日時点に比べ、...

2021年03月01日 07:00

新型コロナと労災認定NEW!

 2021年1月30日には、福岡県内での新型コロナウイルス感染者が、累計1万6,000人を超えました。特定の施設や職場でのクラスター発生など、業務により新型コロナウイ...

2021年03月01日 07:00

【八ッ場ダムを考える】完成まで68年八ッ場ダムにおける「闘争」とは(2)NEW!

 「八ッ場(やんば)ダム」は、2009年9月、民主党政権下でダム建設中止が宣言されたことから、一躍全国的に有名となったダムだ。その完成には、1952年の調査開始から2...

2021年03月01日 07:00

鎌倉・空き家再生ファンドで住民参加型のまちづくり(中)NEW!

 エンジョイワークスは鎌倉、葉山、逗子で空き家や空き店舗などのリノベーションを行うほか、全国では他社のリノベーション事業もサポートしている...

pagetop