• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月01日 07:01

福岡を活性化させた傑物伝 アパマングループ代表大村浩次氏(25)

暮らしやすい社会をつくる

大村 浩次 氏

  住むことは、暮らすこと。大村社長は、人々が便利で暮らしやすい社会をつくることがAPAMANグループの使命と感じている。以前の賃貸不動産業界は、部屋を借りたい人に賃貸物件の情報を伝えて、不動産オーナーに部屋を借りる人を紹介することがビジネスだった。しかし、インターネットが普及するとともに、賃貸物件や住みやすさの評判などの情報は、誰もが手に入れられるオープンなものに変わった。そのため、部屋を借りる人には暮らしやすいサービスの情報、不動産オーナーには不動産経営に必要な情報を発信して、ユーザーのニーズを先読みした質の高いサービスをすることが、今後のAPAMANグループのあり方と考えている。

 では、住む人にとって生活がしやすくなるサービスとはどのようなものだろうか。部屋を借りている人むけの「アパマン友の会」では、さまざまな会社と提携して「生活を安く、楽しく」できる割引サービスをしている。たとえば、生活用品から映画、レストラン、スポーツクラブ、カード、旅行まで全国で数十万社以上のサービスから、データマイニングとよばれるお客さまの個人情報から生活スタイルや好みなどを知る方法を使って、1人ひとりの暮らし方にあう割引情報を届けている。同じ商品やサービスをお得に使える情報を伝えることで、生活費をかけずに便利に楽しく暮らせる方法を提案している。他社と提携している割引サービスを生活すべてに広げて、部屋を借りることから毎日を安心して暮らせる仕組みをつくりたいと考えている。また、車や自転車を共有するシェアリングエコノミーと合わせて、生活コストのかからないサービスが今後は普及していくと予想している。

 一方で、不動産オーナーには、データを使ってマッチングすることでプロパティ・マネジメントや資産の運用に役立つ情報を届けている。たとえば、法律が変わり賃貸物件に自動火災報知機を設置しなければならなくなったなどの賃貸物件の管理に必要な情報を知らなければ、後に支障が出ることも多い。個人で情報を集めると手間や時間がかかるため、APAMANグループに賃貸物件の管理を依頼するだけで、物件の管理に必要な情報をワンストップで伝えられる仕組みをつくりたいと考えている。また、駐車場を始めたい不動産オーナーには駐車場の経営の情報を伝えて、税金のことで相談があるオーナーには、税理士事務所と提携して相談できる仕組みをつくることを実現したいという。

AIで相手のニーズにあう情報を届ける

 APAMANグループは、約20万人の不動産オーナーや約100万人の入居者とのお付き合いを通して大規模なデータベースをもつ。1人ひとりに合った情報を自動的にデータベースからAI(人工知能)が見つけるデータマイニングを使って、相手がほしい情報を届けている。これまで対面や電話で話していたことや、書類や本を使って伝えていた情報を、1人ひとりの手元のスマートフォンやパソコンに伝える仕組みをつくり、相手にあわせたサービスをしたいと考えている。

 大規模なデジタルデータを使って、部屋を借りている人や不動産オーナーに、ニーズにあった情報を伝えることは、APAMANグループでは10年前から取りくんできた。最近ではAIや業務自動化システムのRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などのITテクノロジーが進んだため、これまで集めてきたデータベースを役立てて、どのような情報がほしいかを調べ、相手のニーズにあう情報を提供しやすい時代になったという。

 たとえば、部屋を借りている人に生活に便利なサービスの情報を届けるときや、不動産オーナーに資産運用に役立つ情報を届けるときには、相手をどのくらい詳しく知っているかということが、ニーズに合う情報を届けられるかどうかを左右する。また、賃貸物件を管理しているプロパティ・マネジメント事業では、不動産オーナーや取引業者にメリットのある情報を伝えることが必要だ。情報を知っていたからこそ、知らなければできなかったことができるようになることが情報の価値だ。相手がほしい情報を届けるAPAMANグループ独自のサービスをするためにも、1人ひとりのニーズがわかるデータを集めることが大切と考えている。そして、これからも情報を伝える相手を増やして、伝えられる情報の量を増やすとともに、質がよく幅広い分野の情報を伝えられるように情報サービスの提携先を増やしたいと考えている。

次の時代の暮らしの新しい常識を生み出す

 APAMANグループは、業界トップレベルのデータベースからの情報力を生かして、AIやRPAなどの最先端のITテクノロジーを使いこなすことで、人々が暮らしやすい社会をつくりたいと考えている。いつも10年先を見て、時代の流れを読むことで新しいサービスを生み出している。いまから10年先には、どのような事業を始めているのだろうか。世の中で必要とされていることをいち早くサービスとして実現する姿勢は、次の時代の暮らしの新しい常識を生み出すに違いない。

(了)
(取材・文・構成:石井 ゆかり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年03月29日 07:00

連載 東亜大学~疑惑の指導者更迭(4)─柔道界の“重鎮”の存在

 柔道界関係者によると、「東亜大学女子柔道部の監督交代は、事実上の解任ですね。当時の監督は、選手での実績がありながら、それをひけらかすことなく、真摯に指導に取り組み、...

2020年03月29日 07:00

NIDを通じたドラモリの活動 ドラッグストアとVCの将来(3)

 持株会社の(株)ナチュラルホールディングスは、九州を中心に店舗展開するドラッグストアモリ(281店舗、売上高1,441億円、2019年3月期)のほか、中国地区を拠点...

2020年03月28日 07:00

連載 東亜大学~疑惑の指導者更迭(3)─指導者、そして学生の将来を奪った

 本当に突然のことでした。私には、東亜大学の監督から直接連絡があり知りました。連絡くださったとき、監督ご自身も狼狽されていました。“明確な理由がわかりません。突然更迭...

2020年03月28日 07:00

NIDを通じたドラモリの活動 ドラッグストアとVCの将来(2)

 VCの存在が問われる現在、NIDには有力な異業種企業が入会している。静岡県を中心に総合ディスカウントストア「エスポット」、食料スーパー「POTATO」、業務スーパー...

2020年03月27日 17:40

パチンコホールやキャバクラでもタバコが吸えなくなる!~4月1日より改正健康増進法完全施行

 4月1日より2名以上の利用者がいるすべての施設について「原則屋内禁煙」となる。健康増進法の一部を改正する法律の施行により、自宅やホテルの個室などの適用除外場所以外の...

2020年03月27日 17:13

複合大型施設『アイランド アイ』が開業

 3月27日、福岡市東区にある人工島「アイランドシティ」に複合大型施設『island eye(アイランド アイ)』が開業した。健康食品通販企業の(株)やずやと不動産業...

2020年03月27日 17:06

【追及:小池都政】首都封鎖(ロックダウン)なら影響甚大~職務怠慢で感染拡大させた小池都知事の責任は

 都内で新たに41名の感染者が確認された3月25日、小池百合子都知事は緊急会見を開き、「感染拡大 重大局面」というパネルを手にしながら、オーバーシュート(爆発的感染拡...

2020年03月27日 16:57

「グローバル人材共生」に向けて~自民党が実習生制度の抜本的改革を議論

 自民党が技能実習生制度の抜本的制度改革を議論しているようだ。技能実習生制度に関して、従前多くの問題が報じられてきた。本来の趣旨である技能習得とは無関係の単純作業労働...

2020年03月27日 16:36

NIDを通じたドラモリの活動 ドラッグストアとVCの将来(1)

 日本ドラッグチェーン会(NID)は、1970年に産声をあげ、昨年6月には創設50周年を迎えた。同会の加盟社数は77社、約5,300店舗、総年商1兆4,150億円(ド...

2020年03月27日 16:01

技能実習生監理団体関係者を逮捕~実習生の携帯電話を没収した疑い

 自民党が技能実習生制度の抜本的制度改革を議論しているようだ。技能実習生制度に関して、従前多くの問題が報じられてきた。本来の趣旨である技能習得とは無関係の単純作業労働...

pagetop