海外でも評価される光冷暖システム 博多が誇るグレートモーニングとは(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月20日 07:00

海外でも評価される光冷暖システム 博多が誇るグレートモーニングとは(中)

(有)チョコレートショップ 代表取締役 佐野  隆 氏
Anny Group KFT(株) 代表取締役社長 二枝 たかはる 氏
(株)力の源ホールディングス 代表取締役会長兼社長 河原 成美 氏

「博多から世界へ」2人のパイオニアとともに

 ――2号店の計画もあると聞いています。

 二枝 新たなホテルの計画を立てているところで、博多区内で今年中に着工し、来年に竣工する予定です。今はまだコンセプトやデザインなどを話し合っている段階ですが、ホテルの名称だけは「1.2(ワン・ツー)グレート」にしようと考えています。1号店のグレートモーニングでは、主に2~4名を対象にした部屋がメインでしたが、2号店では1~2名でも利用できるホテルにしようということで、この名前になりました。

 グレートモーニングが開業する前、私が「直営でも、フランチャイズでもいいから、このホテルを世界に向けて展開していきたい」という今後の夢を語ったところ、河原さんがすぐさま「ならば、そのフランチャイズの第1号店は私が個人的に出資して出しましょう」とおっしゃってくれたことには、本当に驚きました。河原さんは続けて、「だって光冷暖を開発した二枝君が、自信をもって自らのお金で第1号店を出すんでしょ。であれば、成功することを疑う余地はない」ともおっしゃってくれて、これが“世界で戦う男”の考え方や心意気なのだと、深く感銘を受けたのを覚えています。

 ――「博多から世界へ」ということでしたが、海外展開は具体的には、どのように進めていかれますか。

 二枝 すでに韓国では、現地の不動産業者との連携で、17棟のホテルに光冷暖を入れることが決まっています。また、タイやカナダ、中国でもモデルルームをつくるほか、来年には上海でもホテルをオープンする予定です。

 ――河原社長や佐野代表は、初めて「光冷暖」を体験されたときは、どのように感じましたか。

 河原 私が初めて光冷暖のモデルルームを訪れたのは、6年ほど前のことでした。すでに「石の癒」で成功されていたことや、そのノウハウをベースにしてつくったということで、光冷暖自体への期待値が非常に高かったですし、私自身も環境や健康について関心があったことから、「早く体験してみたい」という好奇心が強かったことを覚えています。実際に体験したところ、すぐに気に入り、実家にも光冷暖を入れてもらいました。本当に気持ちが良く、とにかく静かで快適です。素材が良く、健康にも良いものですから、病院や医療機関などでは待合室だけでなく、建物全体に光冷暖を入れるべきだと思います。

 佐野 私は、実際に体験したのは今回のホテルが初めてでしたが、存在自体は以前から知っていて、「どんな体験ができるのか」「どんな風に違うのか」と、とても興味深く思っていました。入った瞬間は「空気が優しい」と感じ、それと同時に、その空間でとても落ち着いている自分がいることに気づきます。何もない空間なのに、とてもリラックスできるという、まったく新しい体験でした。まるで五感を刺激して“第六感”に訴えかけるような感覚ですね。

 河原 普通はリラックスというと、音や香りを用いる方法が多いですが、それを空間でリラックスさせるというのがすごいですね。まるで、深い山のなかの禅寺で座禅を組んでいるかのようです。

 ――お2人は、すでに博多から世界に向けて店舗を展開していますね。

 河原 08年に一風堂のアメリカ1号店を出店し、その後、「IPPUDO NY」が全米レストラン投票サイトの「Yelp!」で2010年度の第1位を取りました。全米の全レストランで1位というのは大きかったですね。そこで海外部門は勢いがつきました。

 我々は、「1億人に“笑顔”と“ありがとう”を発信する」という目標を掲げています。世界にむけて何らかの一風堂関連の商品を発信していきたいと思っています。私は、ラーメンとはメディアであり、情報だと思っています。たとえば、弊社の看板商品「赤丸新味」「白丸元味」も情報ですし、一風堂も情報です。世界に日本食文化のすばらしさと「“笑顔”と“ありがとう”」を伝えていきたいと思います。

 佐野 当時は、ラーメン屋さんが世界に行くとは思いもしませんでしたが、河原さんたちがあっという間に「博多」を世界に轟かせてくれました。我々もそれに勇気づけられ、17年1月に3代目となる娘がフランス・パリに出店しました。5分も歩けば、約20店舗のチョコレート屋がある激戦区で勝負していますが、お客さまの9割が現地の方です。

 二枝 お2人を始めとした諸先輩方のおかげで、博多は日本で一番注目されている場所になりました。弊社も14年に、健康だけでなくエネルギーを無駄遣いしないということで、福岡市の推薦を受けて「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞しました。弊社以外はすべて世界的な企業でしたので、これは「世界でも認められたのだ」と自信をもてました。

(つづく)
【麓 由哉】

<プロフィール>
河原 成美(かわはら・しげみ)

1952年、福岡県生まれ。79年にレストランバー「AFTER THE RAIN」を開店。85年に「博多一風堂」をオープンし、翌86年に(株)力の源カンパニーを設立。2008年のニューヨーク進出を皮切りに、世界中にラーメンと日本食の魅力を伝えるグローバルリーダーとして活動している。現在、力の源カンパニーのファウンダー、(株)力の源ホールディングスの代表取締役会長兼社長を務める。

 

佐野 隆(さの・たかし)
1965年、福岡県生まれ。老舗洋菓子店「チョコレートショップ」のオーナ――。人気商品『博多の石畳』を始め、焼き菓子やケーキなど次々と新商品を開発し、一時代を築いた。現在160点以上の商品を約50人のパティシエとともに手づくりし、“博多カルチャー”“Made in HAKATA”を発信し続けている。

 

二枝 崇治(ふたえだ・たかはる)
1959年、福岡県生まれ。88年にライフショップ「Annyのお気に入り」、2003年にストーンスパ「石の癒」を開業。オリジナル商品を主軸とした雑貨業や独自開発のストーンスパ、エアコンいらずの“光冷暖システム”など、ユーザーの生活に寄り添った商品開発を実施している。現在、アニーグループのKFT(株)代表取締役を務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

NHK抜本改革が必要不可欠であるという真実NEW!

 「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が参議院議員に当選し、同党が政党要件を獲得したことを契機にして、NHK問題に対する主権者の関心が高まっている。NHKが「公共放...

2019年08月19日 15:40

マツキヨHD、ココカラファインと経営統合の協議開始NEW!

 (株)マツモトキヨシホールディングス(本社:千葉県松戸市、松本清雄社長)と(株)ココカラファイン(本社:神奈川県横浜市、塚本厚志社長)が経営統合に向けた協議開始に関...

2019年08月19日 15:06

西日本新聞の柴田建哉社長殿、貴方は社を復活させる覚悟がありますか?(1)NEW!

 まずは弊社が発刊するI・Bの2019夏季特集号の巻頭文「『人口減』の先に待ち受ける、激変時代 企業の命運は朽ちるのか、あるいはいかに発展させるのか」を参照されたし。

2019年08月19日 14:51

フージャース、大分で99戸新築マンションNEW!

 大分市中島町2丁目で、まもなくマンション新築工事が始まる。物件名は「デュオヒルズ大分中島」で、地上15階建の総戸数99戸のマンション。建築主は(株)フージャースコー...

2019年08月19日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』「夏だ! 沢登りの季節がやってきた」NEW!

 今年の夏は例年より暑さを感じます(加齢のせいもあり)。こんな時期の山旅は沢に限ります。福岡市早良区飯場に福岡市で唯一の大型渓谷「野河内渓谷」があります。この渓谷は井...

2019年08月19日 14:22

ライオンズクラブ337-A地区 明るい未来をつくるために(1)NEW!

 世界最大級の奉仕団体として知られるライオンズクラブ。同クラブは、『We serve』─「ライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の手段を与え、人道的ニーズを...

2019年08月19日 13:00

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(前)

 NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(2019年6月2日放送)を見た。ある女性が全身の身体の機能が奪われる「多系統萎縮症」という回復の見込みのない難病と宣告され...

2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経...

2019年08月19日 10:50

海洋資源大国・日本の生きる道:海底に眠るレアアース泥でエネルギー革命を!(後編)

 「水を制するものは、世界を制す」。これが21世紀の資源争奪戦の現実である。狭い国土に人が密集しているが、石油などエネルギー資源の乏しい国。必要なエネルギー源の9割を...

2019年08月19日 10:39

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会の人事等、設立の準備が進む

 政府は今秋の臨時国会において、内閣府大臣官房の指揮下、カジノ管理委員会設立に向けた人事案を提出するとのことで、来年度の具体的な実行に向け、着々と準備が整っている。全...

pagetop