• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月22日 10:26

加熱する米中貿易戦争:日本の生き残り戦略はどこに?(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2019年4月19日付の記事を紹介する。

本年6月に大阪で開催される予定のG20首脳会議を間近に控え、米中間の対立が先鋭化している。当初は関税の掛け合いであったが、その後、「新冷戦」と揶揄されるまでに軍事、安全保障の分野における覇権争いの様相を呈するまでになってきた。次世代通信の5Gの主導権を巡る通信衛星の打ち上げ合戦も加熱する一方である。場合によっては、6月のG20サミットは「米中対決:大阪夏の陣」となるかもしれない。

 その背景にあるのは「経済、安全保障の両面にわたり、中国がアメリカに追いつき、追い越そうとしている」とのトランプ政権の間に広がる危機感である。アメリカの国防総省が2年前の2017年6月に公表した『アメリカ優位時代以降のリスク分析』には、そうしたアメリカの焦りといら立ちが既に随所に散りばめられていた。

 曰く「米軍はかつてのような他国の軍事的行動を思いとどまらせるような軍事的優位性を失ってしまった。苛立たしい限りであるが、我々は戦争に負けることを受け入れざるを得ない状況に追いやられている。ロシアや中国はこうしたアメリカ軍の限界に付け入り、軍事力の増強と影響力の拡大に邁進中だ。中でも、中国の南シナ海における支配地域の拡張には目に余るものがある」。

 そのため、トランプ大統領は「アメリカ・ファースト」の維持のためにも軍事力の強化に並々ならぬ意欲を見せ、国防予算の増加に歯止めがかからない。にもかかわらず、国防総省の分析ではアメリカ軍の優位性は根底から揺らぎ始めている。その原因こそが「中国」なのである。「このままでは、早晩、アメリカの世界的地位は中国に脅かされる。今ならまだ間に合う。何としても中国の影響力のこれ以上の拡大を阻止せねばならない」。これがトランプ政権による「対中関税強化策」の隠された狙いである。

 アメリカ農務省は2015年4月の時点で、更に驚くべき報告をまとめていた。即ち「アメリカ経済は今後15年間で50%の成長を遂げるだろう。しかし、この間、中国は300%の成長を実現する。2030年までに中国はアメリカと肩を並べるか、追い抜くことは確実である」。

 中国の挑戦は農業分野に留まらない。特許申請の分野でも中国の躍進はすさまじい。技術革新の分野での特許申請と獲得の状況を見れば、トランプ政権が目の敵にする「メイド・イン・チャイナ2025(中国製造2025)」の基盤となる中国の特許獲得戦略が一目瞭然である。

 2008年の時点では、日本は23万2,000件の特許申請を記録。中国は19万5,000件であった。ところが、その後、中国の猛追が始まり、2014年には中国はついに世界一となった。その数は80万1,000件を突破し、全世界の特許申請数のほぼ半分を占めるに至っている。同年、アメリカの申請数は28万5,000件に過ぎなかった。

※続きは4月19日のメルマガ版「加熱する米中貿易戦争:日本の生き残り戦略はどこに?(前編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月02日 17:18

【速報】福岡県立学校がゴールデンウィークまで始業を延期 新型コロナウイルスの感染拡大で

 福岡県は2日、福岡県立学校の始業をゴールデンウィークまで延期することを決めた。福岡県教育委員会で今日午前から続いていた検討会議で決定したもの。5月7日からの始業を目...

2020年04月02日 17:27

アンケートを利用して大学生を勧誘し、無理やり契約迫る~東京都のセミナー運営会社に行政処分

 東京都は3月31日、学生向け就職活動教育や支援、人材育成塾「一生懸命塾」の運営などを手がける(株)もといに対し、特定商取引に関する法律に基づき、4月1日から3カ月の...

2020年04月02日 17:26

【コロナに負けない(10)】時間差で真理が逆転する

   韓国の友人に以下の謝罪文を送った。  「正直に検査をし、大量の新型コロナウイルス感染者を出して、韓国の医療システムが崩壊したなどと批判された。しかし、結果は...

2020年04月02日 17:25

【政界インサイダー情報】新型コロナウイルス問題 IRを直撃

 ここにきて、我が国も東京、大阪の大都市を筆頭に、日々急激な新型コロナウイルスの全国的拡散で、経済への大打撃も含めて予断を許さない状況です。とくに、米国の状況は...

2020年04月02日 17:21

危機認識・検査拡大・経済対策即時実施が不可欠

 国会審議における中核野党の存在感が低い。国民民主党が自公側に寝返っている印象が強い。このような時期であるからこそ、国会の役割、野党の役割が大きい...

2020年04月02日 16:00

新宿区に続いて渋谷区も~夜間営業の店舗やライブハウスなどの出入り自粛を要請

   東京都渋谷区は4月1日、区のHPで「区長メッセージ」と題したリリースを公表。「ライブハウスやさまざまな飲食店などエンターテインメント施設や娯楽施設が多いのは渋谷...

2020年04月02日 15:30

【突撃レポート】破産手続申請の原鶴温泉咸生閣

 データ・マックスは3月31日に福岡地裁久留米支部に破産手続きの開始を申請した原鶴温泉咸生閣に向かい、突撃レポートを敢行した。その模様を動画でお届けする...

2020年04月02日 15:00

日本でも拡大する「医療ツーリズム」の現状

 日本の高度な医療サービスを求め、外国人が観光と合わせて訪れる「医療ツーリズム」が新たな市場として成長している。主に中国を始めとしたアジア圏を中心に、引き合いが増加...

2020年04月02日 14:40

【福岡市立学校】始業延期で揺れる保護者 安堵、不安、受験生は?……さまざまな声

 福岡市が市立学校の始業延期を決めた。市立学校では政府の要請を受けて3月2日から春休みまで一斉休校措置をとっており、春休みと今回の臨時休校を加えると約50日間にわたっ...

2020年04月02日 13:50

イタリアにおける新型コロナウイルスの最新状況(前)

 小池百合子東京都知事は、「感染爆発を抑えられるかの重大局面」だと繰り返し述べ、ついに日本でも初めて「緊急事態宣言」が出されるか――。これまでイタリアや欧州がどのよう...

pagetop