2024年05月27日( 月 )

『プラネスト』ブランド好調、大牟田市の発展に上質な住宅提供で寄与

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

大牟田のマンション需要を満たす

 トラストライフ(株)は、大牟田を拠点に自社オリジナルブランドマンション「プラネスト」シリーズの販売を主に、住まいに関わるすべてをサポートする。ブランド名「プラネスト」には、「恵まれた環境に住まう」という意味が込められている。

 「JR・西鉄大牟田駅から徒歩1分と、好立地の『プラネスト大牟田ステーション』が現在最も新しい物件です。全38戸を提供させていただき、おかげさまで5月の竣工前には完売しました」(片山鉄也代表)。

 同社が手がける物件は、鉄道路線沿線に絞られている。そうして生まれるアクセスの良さが、プラネストシリーズの魅力の1つになっている。

 「建設中の『プラネスト不知火アベニュー』も、JR・西鉄大牟田駅から徒歩8分圏内と好アクセスになっております。延命公園・大牟田市動物園にも近く、気軽に散策を楽しめますし、目の前にはスーパーマルショクがありますので、お買い物にも不自由しません。また、西鉄天神大牟田線の利用で、福岡市の中心部天神まで特急で1時間。JR九州の利用で、九州のターミナルステーション博多駅まで快速で1時間。大牟田市から福岡市までの通勤・通学にも十分対応できますし、休日のショッピングも気軽に楽しめます」(片山代表)。

大牟田の発展に必要なこと

 大牟田商工会議所の議員としても、大牟田市の発展に尽力している片山代表。そんな片山代表が考える、大牟田市の発展に必要なこととは何か。

 「より積極的な情報発信が必要不可欠です。福岡のお祭りといえば『博多祇園山笠』や『博多どんたく』の名前は出てきますが、『おおむた大蛇山まつり』はすぐには出てこないのではないでしょうか。市制100周年を迎え、三池炭鉱・三池港が世界文化遺産に登録されるなど、話題や観光資源は豊富です。また、大牟田での三井グループの存在は大きく、同グループならびに関連企業など、働く場所は十分に用意されています。観光地として、生活拠点として、多方面から大牟田市の魅力をしっかり伝えていくことが、まずは大切です」(片山代表)。

 大牟田市には、まだまだ発展の余地がある。同社は上質な住環境の提供を通じて、駅前から市の発展を盛り上げていく。

【代 源太朗】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:片山 鉄也
所在地:福岡県大牟田市鳥塚町3-1
設 立:2008年9月
資本金:1,000万円
TEL:0944-85-0606
URL:http://www.trustlife.co.jp​

 

関連記事