• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月22日 15:07

内戦の長期化が生んだポピュリズム~ウクライナ大統領選、人気コメディアンが圧勝

 ウクライナ大統領選挙で現地の人気コメディアン、ボロディーミル・ゼレンスキー氏が現大統領ペトロ・ポロシェンコ氏や元首相ユリア・ティモシェンコ氏に勝利した。出口調査では7割以上の得票率だったゼレンスキー氏は、コメディアンとしてロシアでも活躍した経歴の持ち主。近年は政治を題材にしたコメディー『国民のしもべ』シリーズに主演。政府の腐敗を糾弾して大統領に就任する歴史教師ゴロボロトカを演じた。

 このテレビドラマシリーズは第1シーズン、第2シーズンともに各24話が制作された人気作。しかし、第3シーズンが大統領選挙の投票日前に立て続けに公開されるなど、選挙のアピールに使われたとの批判もある。

 同作に対する批判はほかにもあり、その1つが「ウクライナの政治家がロシア語で演説している」というもの。ユーロマイダンと呼ばれた反政府運動から国全体を巻き込む騒乱に発展した2014年2月以降、ウクライナの政治家は公の場でウクライナ語を話すことが一般的になっていた。

 旧ソ連圏における国語の復興は常に民族主義運動の中心にあったが、それは経済が現在もロシア連邦との関係が前提で展開していることの裏返しでもある。ウクライナも同様で、同国東部をめぐる紛争はロシアにとっての軍事利権が同地帯に集中しているためだとする見方は根強い。

 2015年に同国政府と東部の親ロシア派の間で停戦協定が交わされたものの、実質的には機能しておらず、ドネツク州およびルガンスク州では散発的に軍と分離独立派の間で戦闘が起こっている。

 ゼレンスキー氏の政治能力は未知数。それでも選ばれたのは、ウクライナの内戦終結のためにロシアと話し合うと宣言したほか、ロシア・メディアの入国解禁などロシアとの融和を目指していることと無関係ではない。

 同氏の今後について、ロシア紙プラウダは、「彼はメディアを使って強力な『情報戦』の戦端を開くだろう」と報じている。

 ウクライナの新大統領は「国民のしもべ」か、それともメディアで国民を操る扇動者か。同国の今後に注目が集まっている。

【小栁 耕】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月06日 10:39

国民守る意思と能力がない布製マスク内閣NEW!

 安倍無能内閣が真価を発揮している。1住所あたり2枚の布マスクの支給。自己申告制による所得が減少した世帯への30万円支給。いつ実現するのかも不明だ。最低最悪の施策であ...

2020年04月06日 09:56

【コロナに負けた!(1)】コロナ狂想曲NEW!

 プロフェッショナルにとって、仕事は自分が自分であると実感できる唯一の瞬間といっても過言ではあるまい。3月、福岡市美術館での個展中止の電話をもらう。DMを出したばかり...

2020年04月06日 09:20

WHOは政治と公衆衛生を分けるべき~WHOに台湾の参加を求める要望書を送付NEW!

 3月26日、九州在住の台湾出身の医療関係者らで構成される「西日本台湾学友会」が、台湾のWHO参加を求める要望書をWHOのテドロス事務局長宛に送付した...

2020年04月06日 07:00

アジアの世紀を踏まえて、2020年以降の世界政治経済動向を占う!(後)NEW!

 「21世紀が「アジアの世紀」になることは間違いありませんが、私はGDPの大きさや経済成長率だけで中国やインドが欧米に代わって、世界のさまざまな新しいルールをつくって...

2020年04月06日 07:00

機能性食品CRO事業における臨床試験をサポートNEW!

 医薬品や健康食品の機能性・安全性の受託試験・被験者供給事業を展開する(株)EAS。中小企業向けに、臨床試験をリーズナブルに提供できるのが強みで、地域の大学・研究機関...

2020年04月05日 07:00

アジアの世紀を踏まえて、2020年以降の世界政治経済動向を占う!(中)

 「私は自分の希望で外務省でのほとんどの時間を国際機関の仕事(国連、OECDなど)すなわちマルチラテラルな分野で過ごさせていただきました...

2020年04月05日 07:00

【業界ウォッチ】新型コロナウイルスの影響

 東京都が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月28日、29日の週末の2日間、不要不急の外出の自粛を呼びかけたことを契機に、25日夜から27日にかけて、都内のスー...

2020年04月05日 07:00

エンターテインメント業界、コロナ直撃で感染防止対策へ

 新型コロナウイルスの影響が直撃しているエンターテインメント業界。外出を控える人が多いなか、各社はどう対応しているのか...

2020年04月04日 18:48

中洲の火が消える、名門クラブが一斉に休業・休店

 中洲のビル管理会社経営者がコロナ発病にとりつかれた。いよいよ中洲にも凶暴なコロナが横行するリスクが高まってきた…

2020年04月04日 07:00

アジアの世紀を踏まえて、2020年以降の世界政治経済動向を占う!(前)

 今人類は「パーフェクトストーム」(複数の厄災が同時に起こり、破滅的な事態に至ること)の洗礼を受けており、この地球は前代未聞の嵐に飲み込まれようとしている。さて私たち...

pagetop