• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月23日 10:12

世界を変える「ブロックチェーン」と日本発の可能性(1) 未来トレンド分析シリーズ 

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏

国際関係やビジネスのあり方を一変させる可能性を秘めた技術開発が急展開を見せているが、その主役は「ブロックチェーン」だ。国際政治情勢も劇的な動きをみせるなか、この革新的な技術をめぐって、早くも各国がしのぎを削り始めている。しかし、日本はスタートダッシュに遅れてしまっているようだ。

「皆で使える台帳」

 ブロックチェーンについては、日本では昨年、取引価格が80%も急落したため、投機的な印象が強いビットコインと錯覚されることもあるが、ビットコインを可能にした基盤技術がブロックチェーンであり、ブロックチェーン技術そのものは中立的なものである。

 では、ブロックチェーンとはどんな技術なのか。一言でいえば、「皆で使える台帳」のこと。たとえば、銀行の台帳は銀行と預金者しか使えない。しかし、ブロックチェーンはインターネットにつながっていれば、「誰でも、どこからでも使える」のが特徴でもあり、強みでもある。

 要は、皆のパソコンのパワーを少しずつ分け合ってつくられる情報管理・活用システムといえよう。「P2P」の代表選手と言っても過言ではない。結果的に、多く分けている人には多くの収入が入る仕掛けでもある。収入が得られるので、皆がパソコンのパワーを分けてくれるインセンティブも働くというものだ。

 しかも、すべての取引記録を皆でもち合い、支え合っているため、相互の監視が効くことになる。いうまでもなく、パワーもデータも皆でもち合っているので、たとえ1個が壊れてもブロックチェーンは壊れることがない。「ブロック」とはそうした台帳の1ページにあたる。それらがつながって「チェーン」を形成するのである。

 ヨーロッパではエストニアがブロックチェーン技術の活用先進国として知られる。選挙の投票においても、医療機関を受診する際にも、ブロックチェーンを生かした個人認証カードが機能している。そのため、日本をはじめ世界各国から視察団が引きも切らない。しかし、ブロックチェーン技術を活用している国はエストニアに限らない。

 たとえば、「第二のドバイ」と異名をとる中央アジアのアゼルバイジャンでもブロックチェーンの実用化が急ピッチで進んでいる。具体的には、不動産登記、電子公証人サービス、公共料金の徴収など、実に多方面にわたる分野で日常生活に利便性をもたらしている。

 こうした実用化の動きを見て、世界の多くの国々で新たなビジネス基盤づくりの実証実験が進展するようになってきた。何と、原油や天然ガスの商品取引や芸術品のオークションにもブロックチェーンの利用が始まったのである。オークション大手のサザビーズでは贋作防止にブロックチェーン技術を最大限に生かしている。

 実は、ブロックチェーンの出発点は2008年に起こったリーマン・ショックだった。金融業界への不信感が高まり、信頼できる「分散型の金融システム」への期待が高まったことが背景にある。すなわち、「皆で支え、皆で使い、皆で見張る、そして改ざんができない台帳」をつくろうという動きが生まれたわけだ。まさに金融界における革命的な動きといえるだろう。

(つづく)

<プロフィール>
浜田 和幸 (はまだ・かずゆき

国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。16年7月にネット出版した原田翔太氏との共著『未来予見~「未来が見える人」は何をやっているのか?21世紀版知的未来学入門~』(ユナイテッドリンクスジャパン)がアマゾンでベストセラーに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月03日 17:14

【コロナに負けない(45)】地域への感謝と現場の責任感。「ありがとう基金」に1,000万円~フードウェイグループ

 スーパーチェーンや精肉小売を手がけるフードウェイグループは5月28日、福岡市の「ありがとう基金」に1,000万円を寄託した...

2020年06月03日 16:40

『脊振の自然に魅せられて』「カマツカの花と感動の対面」

 雨の縦走路をさらに進む。あの花に会えるだろうか、期待が膨らむ...

2020年06月03日 16:30

【コロナと対峙する企業】日産自動車~赤字6,712億円は、カルロス・ゴーンの「負の遺産」の清算だ!「平時リーダー」の内田誠社長は「有事リーダー」のゴーン前会長を超えることができるか(前)

 日産自動車の2020年3月期の連結決算は、最終損益が6,712億円の赤字となった。経営難に陥り、カルロス・ゴーン前会長が再建にとりかかった2000年3月期の最終赤字...

2020年06月03日 15:56

日本建築検査研究所への反論~ベルヴィ香椎6番館問題

 日本建築検査研究所(以下「検査研」)からデータ・マックス(以下「DM」)にベルヴィ香椎6番館の記事についてのメールが送られてきた。以下にこのメールについて反論してい...

2020年06月03日 15:30

杭に関する施工偽装!杭の不適切な切断とデータ偽装!(前)

 Net I・B Newsでは、愛知県名古屋市営住宅において杭が施工されていなかった事例を報じたが、元杭工事関係者から杭の不正に関する情報が寄せられた。その内容は、「...

2020年06月03日 14:40

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(前)

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の世界的な感染拡大によって、働き方に変革が求められている。なかでも、ウイルス感染を回避しつつ仕事に取り組める手段として、テレワーク...

2020年06月03日 14:00

熊本副知事・小野泰輔氏が来月投開票の東京都知事選に出馬表明~ホリエモンの出馬は?

 2日、熊本県副知事・小野泰輔(おの・たいすけ)氏が7月5日投開票の東京都知事選に出馬すると表明した。小野氏は今年46歳...

2020年06月03日 13:16

九州地銀の20年3月期決算を検証する(4)

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の純資産残高順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位は福岡銀行...

2020年06月03日 12:04

経産省、コロナ消毒で使う次亜塩素酸水に「有効性の確認なし」

 経済産業省は、5月29日時点において、消毒に使われる次亜塩素酸水(次亜塩素酸を主成分とする液体)について、新型コロナウイルス(COVID-19)への有効性は5月29...

2020年06月03日 11:21

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(前)

 スーパーやドラッグストア、SC(ショッピングセンター)開発・運営、金融などさまざまな事業を展開する同社では低収益事業の改革が目下の経営課題だ。2021年2月期は業績...

pagetop