• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月14日 07:00

「アートフェア東京2019」~3月の東京がアートで染まった!(中)

将来のことを考え若手人材ともコミュニケーションが必要

 ――アートフェア東京2019では、東京国際フォーラム内に5つの企画が設けられました。

・「Galleries」ギャラリーズ:国内外で活躍するコマーシャルギャラリー・美術商が出展
(出展総ギャラリー160軒のうち138軒が参加、3,000点を超える作品)
・「Projects」プロジェクツ:これからのアートシーンで注目すべきギャラリーが1ブースにつき、1アーティストの個展形式で発表。
・「Future Artists Tokyo」:全国芸術系大学と連携し、学生選抜チームが作品制作そしてキュレーションから展示までを行う展覧会。19大学選抜38名、アートプロデュースを学ぶ7名の計45名の学生が参加。
・「World Art Tokyo」:駐日大使推薦により選ばれた各国代表アーティスト31名が参加する国際展。(104カ国の大使館から後援)
・「Crossing」クロッシング:ギャラリーや美術商以外で、日本のアートシーンを語る上で欠かせない分野の出展者が集合。(今回は日本を代表する百貨店3社と日本各地の文化と技術、数百年の伝統を今に伝える工芸団体の展示など)

 來住 「アートフェア東京」(AFT)の中心は「Galleries」です。しかし、今は十分にアートマーケットが回ったとしても、20年後のことはわかりません。若手人材とのコミュニケーションが必要です。そこで、「Projects」ができました。さらに、30年後、40年後を考えると、学生とのコミュニケーションも必要になります。そこで、「Future Artists Tokyo」が生まれました。日本には50を大きく超える美術系大学があります。しかし、アスリートとも似ているのですが、学生時代にかなり一生懸命勉強したとしても、卒業後はそれを生かせる道(アーティストなど)に進めるとは限りません。基本的に、大学は教育するところであって、ビジネスをするところではありません。そこで、彼・彼女らとビジネスの、橋渡しの空間として、このコーナーをつくりました。とても人気があり、参加大学は昨年の6大学から11大学へと大幅に増えました。

ロビーを往来する皆さまにアートに触れていただく機会を提供

 アートは、欧米、アジア、アフリカなど問わず、「世界共通言語」だと思っています。そこで、「World Art Tokyo」では、各国大使館に声をかけ、各国代表のアーティストを推薦いただいています。昨年の9カ国からその数は大幅に増え、今年は31カ国の駐日大使館がご参加くださいました。

 新しいセクションは「Crossing」です。東京国際フォーラムのロビーエキシビションエリアで展開しました。(入場無料)6万6千人以上の来場者がありました。チケットを購入して「Galleries」に入場していただかなくとも、アートフェアを楽しんでいただく機会をつくりたいと考えました。日本を代表する百貨店3社(西武・そごう、三越、大丸松坂屋)が出展し、ストリート・アートによる展示、多様なメディアを用いた展示、伝統技術を使用した現代アートなどそれぞれがまったく違ったアプローチで展示を企画しました。

 日本各地の文化と技術、数百年の伝統を今に伝える工芸団体の展示からは、地域の特色や歴史を現在まで引き継ぎながら、これらの日本文化をつくり出そうという試みを感じていただきました。さらに、アウトサイダーアートでは、多様なバッググランドをもちながら制作を続けているアーティストや、タレントアーティストによる既成の表現方法にとらわれない作品を展示しました。

都内3カ所でATF2019サテライトイベントを同時開催した

 ――東京国際フォーラムの外へも飛び出しました。

 來住 「3月の東京を桜だけでなく、アートの花も咲いている街にする」ことを目指し、さまざまなスピンアウト企画を考えました。都内3カ所で「アートフェア東京2019」のサテライトイベントを同時期に開催し、各会場(羽田空港を除く)をめぐるバスも運行しました。

・「Future Artists Tokyo 天王洲」(水辺の街で、国内芸術系大学と連携):全国11大学13名の作家が参加し、身近な人物を一瞬の眩しさと暗さのコントラストで描いた《Portrait H》など平面作品を中心に19作品を展示。
・「Future Artists Tokyo 六本木」(ギャラリーや美術館が集まる街で、国内芸術系大学と連携):展示会の湿度や温度、時間の流れによって表情が変化する作品《残り我》など10大学12名のダイナミックな作品を展示。
・「World Art Tokyo 羽田空港」(日本の空の玄関口で、大使館と連携):クロアチアのアーティスト ジョージア・ボーシックが、日本古来の太鼓や琴の音色から着想を得て屏風に描いた抽象画を、羽田空港第2ターミナルで展示。

 さらに、国立美術館2館を含む、特別協力美術館15館と連携、また同時期開催のアートフェア「Art in PARK HOTEL TOKYO 2019」「3331 ART FAIR TOKYO」とも連携いたしました。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
來住尚彦氏(きし・なおひこ)

(一社)アート東京 代表理事・エグゼクティブ プロデューサー 
1985年早稲田大学理工学部卒業。(株)東京放送(TBS)入社。コンプレックスライブ空間「赤坂BLITZ」(1996年)を企画立案し支配人に就任。赤坂サカス推進部部長として、エンターテイメント施設と都市の共生をテーマに、複合エンターテイメント空間「赤坂サカス」(2008年)の企画立案、プロデュースを行う。2015年より国内最大級の国際的アート見本市「アートフェア東京」を主催し、芸術文化を通じた国際交流の場を創出。2016年より「日本のアート産業に関する市場調査」をアート東京として実施。アートを切り口に地域の魅力を外国人に紹介する「アートツーリズム事業」で地方創生に貢献。2017年には平成29年度戦略的芸術文化創造推進事業(文化庁)の「企画案選定委員会委員を務めるなど、現在に至るまで、芸術文化の拡充に幅広く寄与している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月13日 07:00

監訳者に聞く 「MMT(現代貨幣理論)」とは何か?(2)NEW!

 私が言論活動を始めたのは2011年からです。最初は単なるブロガーでしたが、14年に経済評論家の三橋貴明さんが主宰するメルマガの執筆陣に加わるなど、徐々に活動の幅が広...

2019年11月13日 07:00

日本橋川に「青空を取り戻す」 首都高の地下化プロジェクト(後)NEW!

 オリンピック終了後間もなく、地元住民から「日本橋に青空を取り戻せ」という声が挙がる。オリンピックの興奮が去ると、「日本橋の景観が台無しじゃないか」という不満が頭をも...

2019年11月12日 16:59

半分の工期で済む、倉庫・工場建設

 倉庫・工場建設の受注に特化しているゼネコンのある部長が、「マンションの工事なんかやってられないな!」とうそぶく。今回、12億円の工場の受注を請けたというので、「納期...

2019年11月12日 16:39

福島瑞穂・前川喜平氏が萩生田文科相を批判、「表現の自由へのどう喝」「資格に欠く」

 福島瑞穂参議院議員(社会民主党)は11日、東京・平河町のホテルでパーティーを開き、前川喜平・前文部科学事務次官とともに、教育行政をお仲間や民間に売り飛ばす萩生田光一...

2019年11月12日 15:54

【交通取締情報】11月13日、八幡東区で実施

 福岡県警は11月13日(水)、八幡東区で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年11月12日 14:37

「預金保管料時代到来」その対応策とは

 SBIホールディングスが福島銀行の株を買い取り、筆頭株主に躍りでたというニュースが流れた。別の情報では第二地銀9行がSBIに支援打診を行っているとか。銀行が融資を受...

2019年11月12日 14:33

【書評】『結婚式 結婚とはなに?こだわるべきことは?』

 過去52年にわたり結婚・結婚式を見続けてきた著者だからこそ、なんとなく「恋愛」してなんとなく「同棲」して「結婚」に向かっている若者に「結婚とは何か?」「結婚式・婚礼...

2019年11月12日 14:25

曖昧な株式管理が生んだ名門ゴルフクラブの経営権争い(前)

 ゴルフ場創業者の死後、株式の所有をめぐり、裁判が続いている。舞台は、福岡県糸島市にある「ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ(以下、クイーンズ)」だ。高速ICから車でわず...

2019年11月12日 13:40

監訳者に聞く 「MMT(現代貨幣理論)」とは何か?(1)

 「MMT(Modern Monetary Theory、現代貨幣理論)」とは何か。一部のメディアや経済評論家からは「トンデモ理論」「論外」などとほとんど全否定されて...

2019年11月12日 12:00

「サブ空港」が最善 北九州空港が採るべき戦略

  マルチエアポート化  福岡県は、福岡空港と北九州空港の「マルチエアポート化」を将来構想として視野に入れている。両空港を同一空港として運用するもので、どち...

pagetop