• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月14日 09:56

平成「失われた30年」に秘められた謎を読み解く!(中)

アジアだけのメンバーで編成する共同体結成構想

 ――90年代前半に「アジアで団結しよう」という強い気運があったにもかかわらず、なぜその方向に駒を進めることができなかったのでしょうか。

 中尾 アジアだけの共同体構想に対して、当時から極めて前向きに積極的な発言を繰り返していたのは、マレーシアの首相(2018年に首相職に復帰)マハティールです。1990年前後からEAEG(東アジア経済グループ)を主張、後にEAEC(東アジア経済協議体)と呼ばれる構想になりました。EAECは、オーストラリアやニュージーランド、さらにアメリカを公式メンバーから除外する、アジアだけのメンバーで編成する共同体結成構想でした。この流れに準じて行動を起こした日本の政治家、官僚、有識者も当時はたくさんいました。しかし、この構想を聞きつけ、激怒したアメリカが横槍を入れてきました。

 「ASEEN+3(日本・中国・韓国)」という枠組みは、2005年に出発した東アジアサミットの中核メンバーであり、第1回会議はマレーシアで開催されました。しかし、アメリカの意向が大きく働き、すぐにオーストラリア、ニュージーランドやインドが、さらに米ロも加わって、東アジアサミットの構成メンバーは「ASEAN+3+5」(=18カ国)まで拡大しました。

 結局、この東アジアサミットは、膨張の一途をたどったAPEC(アジア太平洋経済協力会議:アメリカは第1回目から公式メンバーとして参加)と同様に、求心力を失っていくことになります。「アメリカはAPECにも、東アジアサミットにも、アメリカ抜きのアジア共同体形成への気運を阻止(形骸化させ、地域統合の進展に歯止めをかける)するために参加した」という有識者の鋭い見方もありました。

日本がたどった政治経済の失速ぶりとアジアでの孤立

 私がロンドンで親交のあった、ノーベル経済学賞にノミネートされた数少ない経済学者 森嶋通夫(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)名誉教授、大阪大学名誉教授、イギリス学士院会員)の言葉に耳を傾けてみたいと思います。森嶋は日本の没落を唯一防ぐ起死回生の政策提案は「東アジア共同体の形成」と言いました。しかし、続けて、「アジアを見下す日本の政権中枢に座るエリートには、この形成が不可能なので日本の没落は必至」と遺言を残し2004年に没しました。その後、日本がたどった政治経済の失速ぶりとアジアでの孤立、すなわち総体としての日本の没落は森嶋の予想を上回るハイペースで進んでいると言わざるを得ないのが現状です。

 その後、日本は外交姿勢として、「脱亜」と「入亜」のいずれかを選択すべきかの決断の下せないまま、ずるずると「脱亜」の姿勢を強めて行きます。地政学的には「アジア」よりも「アジア太平洋」という括りが優先され、「日米基軸」「日米同盟」という視点が圧倒していくことになります。

最後の一撃は1997年の日本発「AMF構想」の頓挫

 「脱亜」に拍車がかかるいくつかの事件が想起されます。まずは「大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件」です。1995年7月、大和銀行ニューヨーク支店で巨額損失が発覚しました。ニューヨーク支店のトレーダーで証券売買の管理責任者だった井口俊英が巨額損失を10年にわたって隠蔽し、損失の穴埋めのために保有する有価証券を簿外で、無断売却していました。損失は米国政府への罰金の支払いを含めて14億4,000万ドル(当時の為替レートで1,440億円)に膨らみました。この事件の核心は大蔵省主犯説「大和銀行は手先で主犯は大蔵省」が流れたことです。事後、大和銀行はアメリカから完全撤退します。

 明けて、96年に金融ビッグバン(日本で1996年から2001年にかけて行われた大規模な金融制度改革)が起こるきっかけとなった事件と言われています。金融ビッグバンとは、欧米に遅れをとっていた日本の金融市場を活性化するという号令のもとに「2001年までに東京をロンドン、ニューヨークなみの市場に」をスローガンに、銀行、証券、保険会社の業務をがんじがらめに縛ってきた規制を緩和・撤廃し、国内金融機関の国際競争力向上を目ざした改革です。

 外圧の最後の一撃は1997年の日本発の「AMF構想」の頓挫です。AMFとはアジア通貨危機の際に構想された「アジア通貨基金」のことです。世界銀行(WB)とアジア開発銀行(ADB)の関係と同様で、アジア通貨基金(AMF)は国際通貨基金(IMF)のアジア版といえるものでした。これは、日本の台頭を恐れたアメリカと中国との反対で頓挫しました。これを最後に、今日まで、日本独自のアジア戦略構想は一切姿を消しました。

 また、この流れに追い討ちをかけるように、大蔵省汚職接待事件(1998年に発覚した大蔵省を舞台とした汚職事件。“ノーパンしゃぶしゃぶ事件”ともいわれる)も起こりました。その結果、2001年には大蔵省が財務省と金融庁に解体されていくことになります。そして、2002年のブッシュ・小泉会談において、日本はアメリカから決定的に大きな転換を要求されることになります。その最大のテーマの1つが「不良債権処理」というものでした。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
中尾茂夫(なかお・しげお)

 1954年生まれ。京都大学大学院 経済学研究科 博士後期課程単位取得満期退学。経済学博士(神戸大学)。大阪市立大学経済研究所教授を経て、明治学院大学経済学部教授。シカゴ連邦準備銀行、トロント大学、西ミシガン大学、カリフォルニア大学リバーサイド校、タイNIDA、中国人民大学、マカオ大学などで、客員研究員・客員教授を、国内ではNHKやJBIC(国際協力銀行)などの依頼による調査研究主査を務める。著書に、『ジャパンマネーの内幕』(岩波書店、第32回エコノミスト賞)、『ハイエナ資本主義』(ちくま新書)、『FRBドルの守護神』(PHP新書)、『トライアングル資本主義』(東洋経済新報社)、『日本が外資に喰われる』(ちくま新書)など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)NEW!

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)NEW!

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop