• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月13日 12:37

平成「失われた30年」に秘められた謎を読み解く!(前)

 現在、多くの日本企業の大口株主は海外投資家によって占められ、株式市場は、現物も先物も、圧倒的に海外投資家の独壇場になっている。2017年1年間の東京証券取引所における海外投資家の取引金額比率は東証一部で72.5%を占めた。なぜ、1980年代後半、世界を席巻したジャパンマネーは、バブル崩壊によって、一挙に奈落の底へ突き落されたのか。

 今話題の近刊『日本が外資に喰われる』(ちくま新書)の著者である、中尾茂夫・明治学院大学経済学部教授に聞いた。元号が「平成」から「令和」に変わるにあたり、平成「失われた30年」に秘められた謎を読み解く。

明治学院大学経済学部教授 中尾 茂夫 氏

大転換は例外なく、外からの圧力によって起こる

 ――近著『日本が外資に喰われる』(ちくま新書)が大変に話題になっています。先生が本書をお書きになられた動機はどのようなものでしょうか。

 中尾 茂夫氏(以下、中尾) 執筆動機は大きく2つに分かれます。1つ目の動機は、新年号「令和」に変わるにあたり、平成「失われた30年」を振り返り、総括していく必要を感じたからです。今、バブルの再来と騒がれ、銀座、丸の内など都心部の地価が上がっています。それに伴って、書籍や雑誌特集などで、1980年代、90年代の、バブル経済から崩壊までを振り返る風潮があります。そして、そのほとんどは、破綻した山一證券、日本長期信用銀行、日本債券信用銀行など、個別企業のストーリーが前面に出され、日本人読者が好きそうな、内因だけを追うことに終始しています。

 しかし、時代背景をよく観察し、その外因を描くことができなければ、自己満足に浸るだけで、真相に迫れないのではないかと私は考えています。それは、前例踏襲や横並び意識が強い日本で、国内の内発的なモチベーションで、既存の枠組み・システムが変わることなど過去に前例がないからです。大転換は例外なく、外因(外からの圧力)によって起こるというのが日本の歴史です。

 日本人ファンが多い「司馬(遼太郎)史観」というのがあります。私も物語(フィクション)としては楽しく読ませていただいております。しかし、外因(外からの圧力)に関しては一切描かれていません。坂本龍馬はなぜ薩長同盟を仲介することができたのか。龍馬の活動を支える資金はどこから提供があったのか。時代背景的には「パックス・ブリタニカ」全盛の時代です。そうなると、当然イギリスという国家、イギリスの貿易会社であるジャーディン・マセソン商会、スコットランドの武器商人トーマス・ブレーク・グラバーまで、全方位的に考えませんと幕末論を完成することはできません。

1980年代後半に日本は世界最大の債権大国に浮上

 1990年代から21世紀にかけての日本の対外戦略における大枠での変更は、アジアシフト構想の後退、アングロサクソン型、ビッグバン政策といった市場主義的発想への転換だったと考えられます。

 1980年代後半に日本は世界最大の債権大国に浮上し、対照的にアメリカは世界最大の債務国に転落しました。しかし、貸し手の日本は米ドル建てで債権を有するため為替リスクを負い、借り手のアメリカが為替リスクを免れるという、いびつな構造でした。なぜ、日本は経済大国や債権大国に浮上したにもかかわらず、バッシング(市場の閉鎖性や為替相場の過度な円安)ばかりを受け、貸し手という貢献度を評価されることがなかったのでしょうか。

「アジアで団結しよう」という強い気運があった

 共同体形成においては、当時欧州では、EC(欧州諸共同体)からEU(欧州連合)への発展ムードが高まり、北米ではNAFTA(北米自由貿易協定)という北米3カ国の共同体結成ムードが高揚していました。一方、東アジアにおける共同体形成をいかにデザインするのか、その時日本はどのような役割をはたすべきなのか、は大きな日本の関心事となっていました。当時の日本には、「日米貿易摩擦」(日米間の輸出入をめぐる経済的紛争)などでアメリカに苦汁を嘗めさせられていたこともあり、「アジアで団結しよう」という強い気運があったように思います。

 2つ目の動機は極めて個人的なものです。たまたま昨年、私は激しい腰下肢痛治療のため、大学から休みをいただきリハビリに専念することができました。この休みを天からの配剤と思い、これまで研究してきたことを色々と振り返り、今まで感じてきた疑問について、自分なりの解答を出してみようと思いました。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
中尾茂夫(なかお・しげお)

 1954年生まれ。京都大学大学院 経済学研究科 博士後期課程単位取得満期退学。経済学博士(神戸大学)。大阪市立大学経済研究所教授を経て、明治学院大学経済学部教授。シカゴ連邦準備銀行、トロント大学、西ミシガン大学、カリフォルニア大学リバーサイド校、タイNIDA、中国人民大学、マカオ大学などで、客員研究員・客員教授を、国内ではNHKやJBIC(国際協力銀行)などの依頼による調査研究主査を務める。著書に、『ジャパンマネーの内幕』(岩波書店、第32回エコノミスト賞)、『ハイエナ資本主義』(ちくま新書)、『FRBドルの守護神』(PHP新書)、『トライアングル資本主義』(東洋経済新報社)、『日本が外資に喰われる』(ちくま新書)など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月16日 15:08

【特別連載】断たれた絆~幻の「浪川会壊滅作戦」の舞台裏(4)

 名誉毀損という軽微な事案で、福岡県警大牟田署はなぜ諸藤壮一氏(有限会社くるまドットコム代表)を逮捕までしたのか。その背景に「幻の浪川会壊滅作戦」があったのでは、とみ...

2019年10月17日 10:45

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(1)NEW!

 関電疑獄は独占(官営)大企業(電力事業・原子力発電事業者)関電における底知れぬ無法経営を露呈してきた。その無法経営を法的側面で支えたのが一群の法務担当職員である。

適切な避難行動実現に浸水リスク明示不可欠NEW!

 木・火・土・金・水を五行という。五行は天(陽)・地(陰)から派生した五種類の作用および法則のこと。世界はこの5つの作用から成り立っているという世界観を表す。

2019年10月17日 10:00

続・鹿児島の歴史(10)~西郷・大久保以後の人物について~NEW!

 西南戦争で多くの有為な人物を失った鹿児島ですが、明治期の人物として森有礼(初代文部大臣)、川路利良(初代警視総監)、五代友厚(初代大阪商工会議所会頭)等がいます。軍...

2019年10月17日 09:52

生まれ変わった「The Okura Tokyo」、テーマは「伝統と革新」NEW!

 2019年9月12日、ホテルオークラ東京 本館は、「The Okura Tokyo(ジ・オークラ・トーキョー)」に生まれ変わった。「和の心で世界をもてなす」という開...

2019年10月17日 09:32

「抗疲労」市場 2020年に12兆円規模に(後)NEW!

 最近は疲れをとる健康食品として、イミダゾールジペプチド、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどのサプリメントも販売されている。日本疲労学会は、特定保健用食品(トク...

2019年10月17日 09:00

「減薬・偽薬」のススメ(後)NEW!

 「偽薬」というものがあることを、2019年10月3日朝日新聞「ひと」欄で初めて知った。文字通り「嘘の薬」である。見かけは直径8ミリの白い錠剤だが、薬効成分は入ってい...

2019年10月17日 07:00

浦江をここ数年で「中国一ゴミのない」県に再生させた政策科学の力!(3)NEW!

 政策科学ですが、「社会における問題の原因を明らかにしたうえで、多様な利害関係者の立場を考慮しながら、最善の解決策を提示する“問題解決型”の学問」と言われています。政...

2019年10月17日 07:00

大戸屋HD、創業家と経営陣のお家騒動が終結~創業者が最も留意すべきは相続税だ!(後)NEW!

 それでは、決定的な対立となったのは何か。ズバリ、相続税の問題である。久実氏が自らの死後に発生する見込みの相続税対策としての功労金問題だ。久実氏が生前の15年3月ごろ...

2019年10月16日 17:58

働き方開拓が【匠】を潰す

 ある料理店の料理人が一人前へと成長するための教育プログラムをお教えしよう。皿洗いから始まり、下準備などの雑用、包丁研ぎを経て、調理を行うようになる。包丁研ぎ1つとっ...

pagetop