2022年07月02日( 土 )
by データ・マックス

【続報】福岡市早良区多重事故~事故から一夜明けて

 事故の被害を受けた住宅リフォーム専門店「(株)アルマ」では、朝から事故処理の対応に追われていた。同社社員は事故当日のことを、以下のように振り返える。

 「通常は午後7時半頃まで事務所で業務を行っているのですが、当日は偶然、社員全員が事故が起きた午後7時頃には帰宅しており、皆無事でした。まさに不幸中の幸いで、実は私たちも今回の件はニュースで知ったんです」。

 事務所内では朝から社員による清掃が進められており、ガラスの破片などがきれいにまとめられていた。しかし、清掃前は事務所の奥の方まで破片が飛散しており(同社社員)、事故の凄まじさを物語る。

 「事故の衝撃でビル全体が揺れたと聞きました。また、弊社の事務所にぶつかったのは、車そのものではなく、事故によって外に投げ出された、運転されていた方の荷物なんです。それでもこの状況ですから、かなりの衝撃だったと思います」(同社社員)。

 死者2名を出した凄惨な事故。現場周辺には、一夜明けてもなお事故の爪痕が生々しく残っている。

ドライバーの物と思われる遺留品(上)とガラス片(下)

▼関連リンク
【読者からのレポート】福岡市早良区多重事故の現場から
福岡市早良区多重事故~事故から一夜明けて
【続報】百道2丁目の自動車事故~雷のような音
福岡拘置所そばで自動車事故

関連キーワード

関連記事