• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月05日 15:20

中小企業の健康リスクによる1事業所あたりの労働性損失は年間2,004万円

 企業の労働生産性は、働いている人の健康状態や生活習慣によって大きく変わることがわかった。東京大学政策ビジョン研究センターと横浜市経済局は、中小企業の労働生産性損失と健康リスクの関係を調査しており、体調不良などによる従業員1人あたりの労働生産性損失は年間76.6万円と推計された。元気に仕事ができる職場をつくることで、仕事の効率が高まり企業としての良い成果につながるのか。

出勤時の体調不良は年間73万円損失

 働いている人の健康状態や生活習慣によって、仕事の効率を表す企業の労働生産性はどのくらい変わるのだろうか。東京大学政策ビジョン研究センター(現・未来ビジョン研究センター)と横浜市経済局は、市内の中小企業の6事業所を対象にして、企業の労働生産性と健康リスクの関係について日本初ともいわれる2017年度の調査を行っている。

 まず、健康リスクとして「主観的健康観(健康だと感じるか)」「仕事満足度」「家庭満足度」「ストレス」「喫煙」「アルコール」「運動習慣」「睡眠休養」「不定愁訴(病気やケガなどの体に具合の悪いところがあるか)」の計9項目を設定して、働いている人の健康リスクの有無をアンケートで調査した。

 そして、病気・ケガにより仕事を休んだ日数を表す「アブセンティーイズム」と、出勤していても体調がよくないために仕事を進める能力や生産性が低くなっている「プレゼンティーイズム」から、健康リスクがあると仕事の効率がどのくらい変わるかを計算した。その結果、体調不良などによる従業員1人あたりの労働生産性損失は年間76.6万円、1事業所あたりの労働生産性損失は年間2,004万円と推計された。

 従業員1人あたりの経済損失の内訳は、病気やケガにより仕事を休むことのコストが年間3.6万円、出勤していても体調がよくないために仕事を進める能力や生産性が下がることによるコストが年間73.0万円と、欠勤によるコストよりも出勤時の体調不良によるコストが企業の労働生産性損失に大きく影響していることがわかった。そのため、働いている人の健康や生活習慣を整えて、元気に仕事できる職場をつくることで、仕事の効率が高まり企業としての経営向上につながると考えられる。

横浜市経済局

高リスクの労働生産性損失は2.9倍

 働いている人の体調や生活習慣の健康リスクが高いほど、欠勤が多くなり、出勤していても体調がよくないために仕事の効率が下がるなど、企業としての労働生産性損失が大きくなることもわかっている。

 低リスク(0~2項目で健康リスクあり)、中リスク(3~4項目で健康リスクあり)、高リスク(5項目以上で健康リスクあり)に分けると、1人あたりの労働生産性損失コストは、低リスクと比べて、中リスクは約1.2倍、高リスクは約2.9倍と大きかった。働いている人の健康状態や生活習慣がよくなり健康リスクが下がれば、出勤していても体調がよくないことや仕事を休むことによる労働生産性損失コストが少なくなるということだ。

 具体的には、どのような健康リスクが多くの企業の課題になっているのだろうか。健康リスクのうち、最も「リスクあり」の結果が多かったのは「運動習慣」の68%で、「不定愁訴」の50%、「睡眠」の「49%」と続く。「運動習慣」や「不定愁訴」「睡眠」は、職場のおおよそ半数以上の人が健康リスクを抱えている。たとえば毎日の生活に運動を取り入れる習慣づくりや体調をよくするための環境の見直しなどが、健康経営としてまず取り組みやすいのではないかと考えられる。

始めやすい健康づくりは職場から

 今回の調査では健康経営の取り組みとして、「職場における運動機会の増進講座」や「食べ方で変わるカラダのコンディション講座」「ストレスとの向き合いかた講座」などを各事業所で行い、職場で健康づくりをする効果について、参加した従業員にインタビューしている。

 インタビュー調査の結果によると、体操など職場全体で健康づくりをすることで、1人ひとりが個人で始めるよりも取り組みやすくなることがわかっている。また、ウォーキングを始めるなど毎日の生活でも健康のことを考えるようになり、よい生活習慣ができたという声も出ている。また、デスクワークの職場では、職場全体でストレッチすることで集中力が上がり、仕事をしやすくなる効果もあるという。

 今回の調査期間は2カ月間と短いため、労働生産性に大きな変化が出るまでには至っていないが、これからも引き続き健康経営の効果について調査する予定という。運動や栄養、メンタルヘルスなど普段の生活で健康に気持ちを向けて、体調や生活習慣をよくすることが健康経営だ。運動や食生活の見直しを始めてからも、体調が改善されるなどの目に見える効果が出るまでには時間がかかる。健康経営の効果を見るためには、今後、長い調査期間が必要なのではないだろうか。

高齢化による人手不足の解決にも

 健康経営は、採用面での企業イメージが高まるとともに、働いている人の高齢化による人手不足が課題になっている企業からも注目されている。

 これまで、働く世代の健康を改善することは、あまり注目されてこなかった。しかし、働いている人の年齢が高い企業では、まだ定年になっていない人が健康を害して退職してしまうことが人材面での課題になっているため、元気で仕事を続けてほしいと健康づくりに取り組んでいるという。

 元気に仕事ができる職場をつくり、人材に投資することが前向きな企業経営にもつながるのではないだろうか。

【石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月23日 13:47

【福岡県政インサイダー】データ・マックスの目は節穴、高島市長の脳裏には知事の道はない

 22日、「福岡県政インサイダー」コーナーに「小川知事ついに辞意表明か 後任に高島福岡市長」という記事を掲載したところ、そのわずか30分後に自民党福岡市議団の有力市会...

2021年01月23日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(4)

 1953年9月創業のベスト電器は、当時メーカー優位の家電販売業界にあって、創業者の北田光男氏が辛酸を舐めながらも"安売り"を前面に押し出した販売手法で日本一の会社に...

2021年01月23日 07:00

【年頭所感】コロナ禍の逆風のなかで新たな挑戦、太宰府市をより住みよいまちに〜楠田大蔵市長(前)

 太宰府市は19年に令和の発表で注目をいただいた分、20年にはコロナの影響を非常に強く受け、その落差は日本一大きかったかもしれません。観光客数は4〜5月が前年同期比9...

2021年01月22日 17:18

進展しない第一生命の金融詐欺事件

   下表は第一生命保険(株)が2020年12月22日に発表した「元社員による金銭の不正取得」事案に関する報告の表題である(一部加筆および修正)。 ~この表...

2021年01月22日 16:43

【基山町】トラスト不動産開発と「まちづくりに関する協定」を締結~地方創生の新モデルを

 佐賀県基山町は、25日、トラスト不動産開発(株)と「まちづくりに関する協定」を締結する。トラスト不動産が基山町において18年ぶりとなる分譲マンションを建築することに...

2021年01月22日 16:06

自動運転、事故の責任は誰が負う? メーカーか、運転手か、それともAIか

 自動運転は、4月に「レベル3(条件付き運転自動化)」が解禁され、ホンダが高速道路での自動運転機能を搭載した乗用車を近く発売する予定で、ついに実用化されることになった...

2021年01月22日 15:30

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:副作用の急増で問われる安全性(後)

 歴史を紐解けば、人類は8000年もの昔から感染症と向き合ってきた。エジプトのミイラからも天然痘の痕跡が発見され、14世紀のペストの流行によってヨーロッパでは人口の3...

2021年01月22日 15:12

【告発/大和ハウス】バイオガスプラント事業でずさん工事 プラント正常化を「投げ出し」の卑劣(1)

 大和ハウスと、福岡県糸島市の養豚農家の間にトラブルが起きている。にわかには信じられないずさんな工事の背景には何があるのか...

2021年01月22日 14:30

政府は財政規律を凍結し積極財政を展開せよ(中)

 いずれにしても、菅総理が20年末に打ち出した大型経済対策の根幹にあるべき真水は、確定ベースで申し上げて、73兆円の4分の1程度に過ぎぬ19兆円という水準となる。筆者...

pagetop