• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月13日 14:00

激変する情報通信業界でチャレンジを続ける 九電グループを代表するイノベーション企業(1)

(株)QTnet 代表取締役社長 岩崎 和人 氏

九州エリアの電気通信事業者として、自治体や企業などの法人を対象としたサービス「QT PRO」、光ブロードバンドサービス「BBIQ」、モバイルサービス「QTモバイル」や、マンション一括受電サービスの「BBIQ電力」などを手がける(株)QTnet。九電グループのなかの情報通信事業部門として存在感を発揮する同社の、現在の取り組みや今後の事業戦略などについて、同社代表取締役社長・岩崎和人氏に聞いた。

(聞き手:弊社代表・児玉 直)

<プロフィール>
岩崎 和人(いわさき・かずと)

 九州大学大学院工学研究科情報工学専攻課程修了後、81年4月に九州電力(株)に入社。90~94年に現QTNetへ出向するなど情報通信部門を歩み、2010年6月に電子通信部長、11年7月に情報通信本部部長、14年6月に執行役員情報通信本部長を経て、16年6月に(株)QTnetの代表取締役社長に就任した。

4つのブランドで提供する法人&個人向けサービス

 ――御社は今年で設立32周年になりますが、最初の20年間は苦労の連続だったことと思われます。

 岩崎和人社長(以下、岩崎) 我々が身を置くIT業界は、変化のスピードがとても激しい業界です。たとえば、弊社が取り扱っているサービスも、急速に増えてきました。新たなサービスを開発して「これしかない!」と思ってやっていても、すぐに新たな技術がやってきて、既存のものを凌駕していく―。この30年間、そうした技術革新と、他社との競争との繰り返しです。その都度、大変なときもありましたし、良かったときもあって、今に至っているという感じです。ただおっしゃるように、最初の20年以上は大変な期間が長かったですね。

 最近になって、社会的な信頼性も上がり、個人のお客さまにも選んでいただけるようになりました。

 現在、弊社が提供しているサービスは、大きく4つのブランドに分けられます。まず、自治体や企業などの法人を対象としたサービス「QT PRO」、光ブロードバンドサービス「BBIQ」、モバイルサービス「QTモバイル」、そしてマンション一括受電サービスの「BBIQ電力」です。売上高に占める割合は、大雑把にいうと法人向けとコンシューマーサービスとでおおよそ半々。もともと弊社は法人向けサービスの提供からスタートしており、官公庁や金融系、教育系などの法人さまからの信頼を得て、そうしたところに向けてのソリューションサービスを提供させていただいています。そうした法人向けでは当然ながらコンペもあるのですが、幸いなことに弊社のサービスを評価いただき、採用していただくケースが多いです。

 ――御社にとっての最大のライバルは、やはりNTTさんになるのでしょうか。

 岩崎 近年は業界内でもさまざまな新興企業が台頭してきており、そうしたところとも競争はしておりますが、やはり最大のライバルはNTTさんですね。技術力といい、組織力といい、資金力といい、非常に強力です。

 ――御社は九州全域を営業エリアとされていますが、今後のエリア拡大戦略についてどのようにお考えですか。

 岩崎 やはり九州のなかでは福岡は都市部の人口密度も高く、弊社だけでなく他社もいろいろと進出してきていますから、互いにしのぎを削る激戦区になっています。一方で、九州全体に目を向けると、弊社のサービスを提供可能なエリアは全体の6~7割。5万人以上の人口を有するエリアを中心に回線を獲得してきましたが、九州は地理的特性で5万人以下のところも多く、残り3~4割のエリアにはまだ行き届いていません。ただし、現在はこれだけITが普及してきていますし、今後の新たな情報インフラ登場の可能性も踏まえたうえで、エリア拡大も積極的に考えていこうかと、現在検討しているところです。

(つづく)
【文・構成:坂田 憲治】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:岩崎 和人
所在地:福岡市中央区天神1-12-20
設 立:1987年7月
資本金:220億2,000万円
売上高:(19/3)約575億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(後)NEW!

 小売業の求人募集といえば、以前はレジ後ろや店頭掲示板を使った店内掲示などが主であった。店内掲示は緊急性を要さない場合や、継続的に新規採用を続けたい場合に向いている。...

2019年08月19日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(後)NEW!

 7月10日、横浜銀行と千葉銀行が「業務提携で合意した」との発表があり、業界にインパクトを与えた。いまや銀行同士の業務提携(アライアンス)はとくに珍しくもないが、地銀...

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

pagetop