• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月14日 09:28

コード決済におけるクレジットカード不正対策ガイドラインを策定(前)

(一社)キャッシュレス推進協議会

新しいサービスには、往々にして即座に新たな悪用方法が生まれる。スマホを利用したキャッシュバックキャンペーンなどでQRコード決済(以下コード決済)が話題となった2018年末には、同サービスでの流出クレジットカード情報の不正利用がすぐその後追いで報じられ、キャッシュレス社会推進の腰折りを危惧させた。業界団体がガイドラインを策定した狙いはどこにあったのか。

コード決済で新たな不正が生まれた

 政府は、消費増税や東京オリンピックなどさまざまな要因を挙げ、「キャッシュレス化」を推進しており、2019年はキャッシュレス元年ともいわれている。キャッシュレスとはその名の通り現金不要の決済のこと。その範囲には既存のクレジットカードやデビットカード、すでに普及が進んでいるSuicaやnanacoなどの電子マネーも含まれる。

 そのなかでもキャッシュレスの代表格といえばコード決済。18年後半から急激な普及を見せている。起爆剤は12月4日から開始したPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」。日本中をお祭り騒ぎに掻き立てた結果、予定より大幅に早く10日間で幕を下ろした。

 幕引き直前の12月11日には、早くもネット上やメディアでPayPayを利用した新たな不正が話題となり始めた。流出カード不正利用である。

 PayPayでクレジットカードが不正に利用されているというもので、概要はすでに流出していたクレジットカード情報をPayPayアプリに登録し、不正に利用したというもの。

 PayPayアプリからの情報流出ではなかったが、カード登録の際にセキュリティコード入力の回数制限がなかったため、「カード番号」と「期限」の情報だけ入手すれば、登録成功するまで何回でも試すことができた。PayPayアプリのシステム設計が不正利用を招いたとされた。

 コード決済を使うとカード情報が流出するという誤ったイメージも一部でついたが、すでに流出していた情報をコード決済で使用したというのが真相で、カード名義人がコード決済アプリを使用することは、この不正利用には関係がなかった。

キャッシュレスを望まない国民

 「いつもニコニコ現金払い」などという言葉に代表されるように、日本人はキャッシュレスにアレルギーが強いといわれる。その場で現金払いしないことに不安や不信感をもつ。その結果、諸外国と比較してキャッシュレス化が遅れたまま改善が進んでいない。

 政府は16年に20%であったキャッシュレス比率を、27年までに2倍の40%を目指す方針としている。ペイ各社がキャンペーン合戦を繰り広げる浮揚感のなか、なし崩しにキャッシュレス化推進するのを望んでいたはずが、出端をくじかれた。

 PayPay側は入力回数の制限や利用金額制限などいくつかのセキュリティ対策を施した。改善により不正使用そのものは収まったようだが、キャッシュレスに対する不信感を日本人に蘇らせてしまった。

 4月16日、これを含め流出カードの不正利用に関して(一社)キャッシュレス推進協議会が「コード決済における不正流出したクレジットカード番号などの不正利用防止対策に関するガイドライン」を発表した。

 コード決済事業者やクレジットカード事業者などが一体となって対策が必要であり、コード決済の利便性を不当に阻害しない対策を進めたいというものだ。

 ガイドラインであるので、具体的な方策ではなく、各社で対策を進めるうえでの留意点や方向性を示すものとなっている。

(つづく)
【吉田 誠】

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月04日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】関電責任取締役提訴事件(3)真実隠蔽過程の序章

 かつて「関電疑獄」として、関電収賄事件の解説記事を連載した。そのとき、不祥事を引き起こした取締役会自身の手によって、ヤメ検を中心とした真相究明を目的とする「第三者委...

2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

 「単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(3)

 実は、EMP攻撃のリスク分析はアメリカでは20年前から行われている。というのも、国防総省そのものが、仮想敵国を標的にしたEMP兵器の開発に取り組んできたからだ...

2020年07月03日 16:57

この世界、どうなる?(8)「マイアミ・ナイス」

 私が学生のころ、日本のテレビでは「マイアミ・バイス」というアメリカ製のテレビドラマが流行っていた。ドラマ・アナリストによると、「よくできたシリーズ」だったそうだ...

2020年07月03日 16:45

加熱処理乳酸菌FK-23は抗ガンに高い効果 酵素処理乳酸菌LFKはインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制

 DEVNETは、ニチニチ製薬と提携して、FK-23を免疫強化や抗ガンなどに、LFKをインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制、花粉症などのアレルギー対策などに役立ててい...

2020年07月03日 16:15

6月、九州北部地方の月平均気温が過去最高の24.9℃に

 福岡管区気象台によると、6月の九州北部地方(山口県を含む)の地域平均気温平年差は、1946 年の統計開始以降最高となり、もっとも暑い6月となった...

2020年07月03日 16:02

手ぶらでBBQ!カリフォルニアバーベキュービーチでアイドルが体験レポート

 福岡のアイドルグループ、ふくおか官兵衛Girlsの白石ありさと、NEO☆学院の望月琉菜が「California B.B.Q BEACH」(福岡市西区今宿)をレポート...

筑後商事(株)(旧・(株)マミーズ)(福岡)/スーパー「マミーズ」経営

 同社は6月22日、福岡地裁柳川支部から特別清算開始決定を受けた...

2020年07月03日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月30日発表 福岡労働局分

 6月30日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年07月03日 14:24

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(中)

 「ナレッジスイートは基本的にデータビジネス可視化のサービスであり、その見せ方は非常に重視しています...

pagetop