建設資格を取ろう!~「土木施工管理技士」編
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月09日 13:34

建設資格を取ろう!~「土木施工管理技士」編

(株)建設技術者養成センター 坂口 智美 代表取締役

 「土木施工管理技士」とは、日本の施工管理技士国家資格のうちの1つで、土木工事を請け負う際の工事現場1カ所につき最低1人は必要とされ、現場では主任技術者や監理技術者として配置することができる資格です。主任技術者や監理技術者になると施工計画を作成し、工事中は工程・安全・品質の管理を行います。

 この資格を取るための国家試験は(一財)全国建設研修センターが実施しており、試験科目は、学科と実地の2科目です。学科は、一般土木、専門土木、法規、施工管理、ほかの択一問題。実地は経験記述、施工管理の記述問題。合格ラインは、学科・実地ともに60%以上で合格となります。実際の試験では、たとえば次のような問題が出題されます。

(例題)土質試験結果の活用に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)土の含水比試験結果は、土の間隙中に含まれる水の質量と土粒子の質量の比で示され、乾燥密度と含水比の関係から盛土の締固めの管理に用いられる。

(2)粒度試験結果は、粒径加積曲線で示され、曲線の立っているような土は粒径の範囲が狭く、土の締固めでは締固め特性のよい土として判断される。

(3)一軸圧縮試験結果は、飽和した粘性土地盤の強度を求め、盛土および構造物の安定性の検討に用いられる。

(4)圧密試験結果は、飽和した粘性土地盤の沈下量ならびに沈下時間の推定に用いられる。

 正解は(2)です。土中にある、さまざまな大きさの土の粒子が土全体のなかで占める割合のことを粒度といい、その粒度を調べる粒度試験の結果から、粒径の分布(大きい粒~小さい粒子の広がり)状態を表したものを粒径加積曲線といいます。粒径範囲が狭い土は、粒子がそろっているため粒子の間に細かい粒子が入らず、締固めには悪い土と判断されます。そのため、(2)の「よい土」という判断は、間違っていることになります。

● ● ●

 毎年の出題傾向を見ると、過去の問題に関連する問題も多く出題されています。そのため、受験対策として一番有効なのは、やはり過去問約7年分を繰り返し解くということ。それも暗記ではなく、理解しながら勉強をするためにも、自分に合った参考書を選ぶことが重要です。問題と見直しができる約30分程度の勉強を毎日行うことが、一発合格への近道になります。

2018年度 土木施工管理技士技術検定試験
1級願書受付:3月16日~30日
1級学科試験日:7月1日
2級願書受付:3月7日~22日
2級学科試験日:6月3日
2級学科・実地試験日:10月28日

<プロフィール>
坂口 智美(さかぐち・ともみ)
1972年生まれ、福岡県出身。学卒後、建設業界へ。建設従事者からの「国家資格は、独学ではなかなか合格できない」という声がきっかけとなり、2001年に工事監理技術者養成センターを大阪で設立。主に出張講習を全国展開し、14年には拠点を福岡(本社)と沖縄(営業所)に移し、社名を(株)建設技術者養成センターに変更。同センターは、生講義で行うことにこだわり、受講生の合格率は90%を超える。(株)建設技術者養成センター 代表取締役。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

2019年02月15日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 1月31日発表 九州地区(福岡を除く)

   厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。19年1月31日に公表(18年12月31日更新分)さ...

2019年02月15日 14:53

焼酎「白波」の薩摩酒造、FSSC22000認証を取得

   焼酎ブランド「白波」で知られる薩摩酒造(株)(本社:鹿児島県枕崎市、本坊愛一郎社長)はこのほど、食品安全マネジメントシステムの国際規格「FSSC22000」の...

pagetop