わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月02日 11:31

華南経済圏視察を振り返って~トランプ大統領の恫喝に屈せず(1)

 6月23日(日)から26日(水)まで、華南経済圏視察団を組織して14名で香港―マカオ―深圳―香港を廻った。香港に着くとあまりの蒸し暑さに驚いた。マカオも同様である。福岡が毎年のように暑ければ、すぐに順応できるのだが、今年は異常に涼しいので慣れるのに一苦労した。

 今回の経済視察団を組織した目的は(1)華南経済圏の潜在能力を知るため、(2)ファーウェイ(華為技術)の本社を見て、同社がアメリカのトランプ大統領の恫喝に屈するのかどうか、(3)香港・マカオにある大きな橋(港珠澳大橋)を渡るため、(4)マカオでカジノを体験して同地の将来を読み解くため、(5)香港の若者たちによる中国政府への抗議の流れを見極めるためである。


福岡定住の魅力

 1回目は港珠澳大橋からレポートしよう。23日の集合時間である午後1時10分までに14名全員が遅れずに集合した。空港には海外への往来で飛行機を利用する人たちが数多くいた。

 もともと香港~福岡間は1日3便運航していたが、キャセイパシフィック空港の子会社(キャセイドラゴン)も運行するようになり、現在は1日5便運航している。

 筆者が利用したK343便には200人ほどの乗客がおり、アシスタントスタッフのなかに日本人が3名いた。

 午後3時10分発、現地時間5時10分に到着した。以前は台北経由が大半だったので、4時間半かかっていたが、ずいぶん早く着くようになったものである。

 今回は福岡-香港-マカオ-深圳・中国-香港-福岡と4カ国・出入国できるので、パスポートにスタンプがたくさん押されると期待していたのだが、残念。スタンプはなくなった。自慢できない。

 同行者の横に40代前半の香港の婦人が同席していたらしい。聞くところによると博多区に2つのマンションを所有しているとか。現在は香港でビジネスをして稼いでいる。「退職したら福岡で生活したい」と本音を漏らしていたらしい。完全に中国復帰になった際には香港に見切りをつけようという計画をもっているのであろうか。香港人の心境は非常に複雑である。

中国の橋づくりの見本、港珠澳大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
※クリックで拡大

 香港空港に到着したのは夕方である。空港を出て乗合バスでマカオへの出国ステーションへと向かうと、大陸からのお客さんで混雑していた。とくに中高年女性の団体客が多かった。出国ゲートを抜けてバスに乗る。昨年10月に開通した橋の距離は50km弱(橋の長さは一覧を参照してもらいたい)。09年12月に工事が開始され、18年10月に完工した。マカオへフェリーを使って移動していたころの所要時間は70分、橋を利用すれば40分である。ただ、時間の圧縮よりも自動車=バスによる運送量の大幅拡大のほうがメリットは大きいといえる。

 筆者は中国で話題となる橋には意識的にツアーを組んできた。世界の橋の長さランキング11位の東海大橋は東シナ海に浮かぶ洋山島に架けられた橋だ。この洋山島に世界最大級の洋山深水港が建設されたので、その港を視察するために渡ったのである。

 10位にランクインしている杭州湾海上大橋をバスで渡ったのが2009年のことであった。揚子江の河口にある橋も通過したことがある。橋の長さランキングを見ると一目瞭然だが、中国の橋が大半を占めている。実績からみても中国はいまや世界一の橋づくりの技術力を有していると評価できる。その最高峰の作品が港珠澳大橋といえるだろう。これだけの長橋を建設してきた中国の実績には、到底どの国の技術力もおよばないだろう。

 港珠澳大橋は片道3車線になっている。現在はまだ一般車両の運送許可を与えていない。バスだけの往復運航だけが許可されており、バスだけでもひっきり無しに走っている。それだけ利用する観光客が多いということである。そこで意外な事実に気づいた。車が右側走行しているのである。マカオ・香港の車は左側走行なので、日本と同じはずだ。調べてみると中国政府がこの大橋の管理運営をしているのである。だから車が左側走行なのだ。そうこうするうちに40分でマカオ入国審査場に就いた。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月14日 15:34

福岡市東区和白で火災NEW!

 福岡市東区和白5丁目付近で火災が発生している。現地は立花高等学校から600メートル程の住宅地で出火元は民家とみられる。林に隣接しており、延焼が心配される状況。

2019年12月14日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(2)

 人口の少ない地方都市では百貨店が成り立たなくなったことを象徴する。閉鎖・縮小は経営判断としては当然と思う。政令指定都市の北九州でも3店は多すぎた。黒崎店は家賃の引き...

2019年12月14日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~ローソンの中国デリバリー売上7%に(後)

 外資系コンビニブランドは商品の供給チェーンなどでしっかりした基礎を打ち立てたが、中国人の味覚に合った飲食の現地化イノベーション(革新)では、地元コンビニの挑戦に直面...

2019年12月13日 16:51

ゲイツ1階で厳選和牛の焼肉を

 福岡市博多区中洲のランドマークの1つでもある大型商業施設「Gate’s(ゲイツ)」1階に、12月18日(水)、『和牛焼肉食べ放題 焼肉 巻次郎(以下、巻次郎)』がオ...

2019年12月13日 16:34

今年の漢字は「令」に決定~3万427票を獲得

 日本漢字能力検定協会は12日、世相を漢字一字で表す「今年の漢字」を京都市の清水寺で発表。21万6,325票の応募のなかから選ばれたのは新元号の「令和」にも使われた「...

(株)熊本清掃社(熊本)/産業廃棄物処理

 熊本清掃社は、12月10日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同13日、同地裁より破産手続開始決定を受けた。

2019年12月13日 15:50

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(1)

 2019年は消費増税対策で始まり、増税後の反動減対策で終わろうとしている。企業買収や統合・合併などの再編の動きは少なかった。担当記者に九州流通業界の5大ニュースを中...

2019年12月13日 15:13

小郡母子殺害事件、被告に死刑判決

 福岡地裁は13日、福岡県小郡市で殺人罪に問われていた元福岡県警巡査部長に死刑判決を言い渡した。

2019年12月13日 15:00

ホワイトマーク 8月、9月は新たに2社が認定

 安全衛生優良企業認定(ホワイトマーク認定)は、労働者の安全や健康確保対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省が企業を認定する制...

2019年12月13日 14:28

「『本部』が勝手に発表した」!? いきなり!ステーキ

 業績の低迷が続く(株)ペッパーフードサービス(本社:東京都墨田区、一瀬邦夫社長)は、19年12月期末配当の無配修正や、収益性低下が見込まれる44店舗の撤退を決定する...

pagetop