わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
活用策は「上階を開放」――大転換期で新天町は生き残れるか!?(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月16日 07:00

活用策は「上階を開放」――大転換期で新天町は生き残れるか!?(後)

 ――人がいれば、それだけで賑わいが生まれてきますから、2~3階部分を活用して住民を増やしていくというのは、賑わいを生む1つの手だと思います。

HIPPO Design Research Network 代表
椛島 清太 氏

 佐藤 天神に限らず、ヨーロッパの街にあって日本の街にないもの、それは都心の中心部のマーケットです。観光に特化したようなマーケットもあれば、日常生活に特化したようなマーケットもありますが、そういうところに人がきて、賑わいが生まれるじゃないですか。そういったマーケットが、天神の街中になぜないのか――。

 椛島 今、アメリカなどで「ジェントリフィケーション」(地域の高級化により一般の人が住めなくなるということ)という現象が起こっているのですが、これは問題だと思っています。たとえば、シアトルやサンフランシスコなどでは、ハイテクの企業が集まって街は良くなったのですが、一方で家賃が高騰し、そういう高給取りしか住めない街になってしまいました。そうすると、そこからどうしても生活感が失われ、街の魅力がなくなっていくわけです。

 今の天神ビッグバンもそのように、時代に逆行しているように思えてなりません。私としては、生活の多様性―いろいろな年齢層のいろいろな家族体系の人たちが、お願いをしてでも街に住んでもらえるような、そういう枠組みを行政主導でつくるべきだったと思いますが、それを捨ててしまって、ジェントリフィケーションの道をまっしぐら。そうなると、誰も住みませんよね。

 ――そうならないために、新天町はこれからどうなっていくべきでしょうか。

 椛島 商業的見地でいうと“物”は絶対になくなりませんが、これからは、その必要な物を「どう買わせるか」という方向にシフトしていくと思います。物に対する価値観の在り方をどうつくっていくかが、これからの勝負の肝だと感じます。

 佐藤 やはり、街中の商店街にとっては、そこに“来る理由”や“行かないとできないこと”などが必要ですよね。

 椛島 ベタな話ですが、今はモノ(物)消費からコト(事)消費へと移行しているといいますが、さらにこれからは、トキ(時間)消費やトコ(場所)消費なども出てくるでしょう。その4つを組み合わせて、「行く理由」と「居る理由」「使う理由」などをいかにつくっていくかが、問われていると思います。昔であれば、「アンカーテナント」(核テナント)として、百貨店やGMS(総合スーパー)などが集客力をもっていましたが、もはやその力はありません。そうなると、あとは組み合わせることでマグネット力を付けるしかありませんが、その組み合わせのクリエイティブなアイデアをどうつくるか―。

 佐藤 これまで話してきたような、新天町としての新たな価値づくりは、ハードがともなえばそれに越したことはありませんが、既存の新天町のなかでも、コンテンツさえ全部替えてしまえば、成り立つように思います。新天町の商店街全体が何かポリシーをもって、「ここはそれを表現する場所だ」――みたいなことになれば、その考え方に共感する人たちが、わざわざそこまで出かけてくるというようなことはあり得ます。

 現実的な話をすると、1~2階部分はそのままにしつつも、上階部分を、たとえば、ネットやグラフィック、建築など、クリエイティブな活動をやっている連中を集めて、それに特化したような場所にしていけば、それだけで1つの価値になりますよ。

 椛島 そうした人たちが集まることによって、また新たな価値ができたり、新しいモノができたりしますし、そうすると、そこにきたい人も増えます。新天町をそうした何かの“メッカ”にしていくことで、その場所自体をブランド化していく取り組みも面白いでしょう。それで人は集まりますからね。波及効果は絶対にあると思います。外国人観光客だって、絶対に来るでしょう。

 たとえば、新天町の上階部分を全部フリーにして、“入れ子”で小さなハコをたくさんバラバラに入れて、そこでハコごとに好きなことをやれるようなスペースにするのはどうでしょうか。かっちりと決めるのではなく、そのなかに飲食があったり、事務所があったり、物販があったり、サービスがあったりなど、好きにやれる土台を用意できたら面白いかもしれません。

 佐藤 すべてを新たにつくり直すのは難しいですが、上階部分にテコ入れしていくだけでも、新たな魅力をつくっていくことは十分に可能だと思います。新天町がこれからどうなっていくか、我々としても期待しています。

(了)
【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月23日 18:03

ビジネスを守る奥義は「商標拳」~特許庁の動画が話題

 特許庁が1月21日に公開した商標権に関する特設サイトの動画が話題になっている。公開直後にSNSを通じて拡散され、広告分などを含めるとこれまでにおよそ23万回の動画再...

2020年01月23日 17:34

女性との性交を撮影しSNSに投稿~東京都中央区の会社社長を逮捕

 警視庁は1月20日、私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律(リベンジポルノ防止法)違反などの疑いで、東京都中央区の会社社長・佐伯友貴容疑者(33)を逮...

2020年01月23日 17:30

“フットボール+ファッション”をテーマとしたセレクトショップ「バランススタイル福岡」が九州初上陸

 次のトレンドを発信し続ける場所として知られる大名エリア(福岡市中央区)。ここに、新しいコンセプトを掲げるセレクトショップがオープンした。

2020年01月23日 17:16

博報堂とみずほ情報総研に2カ月間の指名停止措置~委託業者が不正行為

 環境省は1月17日、(株)博報堂(東京都港区、水島正幸代表)とみずほ情報総研(株)(東京都千代田区、向井康眞代表)に対し、不正または不誠実な行為があったとして、2カ...

2020年01月23日 17:02

武漢市当局 公共交通機関の運行を停止し、出入りを「封鎖」へ

 中国内外で新型コロナウイルスの感染が拡大し、死者は17人に達した(22日夜時点)。1月22日、武漢市政府は「23日10時から、市全域のバス、地下鉄、フェリー、長距離...

2020年01月23日 16:48

NF管理(株)(旧・ナガサワ食品(株))(兵庫)/ドライブイン経営

 NF管理は、1月9日、神戸地裁姫路支部より特別清算開始決定を受けた。

2020年01月23日 16:17

アロマセラピーで認知症を予防・改善(前)

 認知症にかかわる医療費は15兆円に上り、国民経済を大きく圧迫している。2025年には、団塊の世代が75歳を迎え、認知症患者数は爆発的に増大していくとみられている。そ...

2020年01月23日 16:11

山口FGと愛媛銀行が業務提携

 山口県(下関市)に本社がある「山口フィナンシャルグループ(以下、山口FG)」と愛媛県(松山市)に本店がある第二地銀の愛媛銀行は22日、人口減少や地域経済の経営環境が...

2020年01月23日 16:00

若手ビジネスパーソンに伝えたい仕事の本質~「傍を楽にすれば、仕事はうまくいく」(1)

 インターネットやスピードが重視される時代にあって、ビジネスに求められるものとは何か。元西日本銀行専務で(株)Kアライアンス・ジャパン代表取締役会長・川邊康晴氏(川邊...

2020年01月23日 15:30

【検証】「ゴーン国外脱出」~菊池弁護士の誤解説

 関西テレビに菊池弁護士(司法研修所刑事弁護教官経験者)が出演し、今回のゴーンの国外脱出について法律解説をした。弁護士の誤解説には弁護士が反論すべきだが、日本の弁護士...

pagetop