活用策は「上階を開放」――大転換期で新天町は生き残れるか!?(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月16日 07:00

活用策は「上階を開放」――大転換期で新天町は生き残れるか!?(後)

 ――人がいれば、それだけで賑わいが生まれてきますから、2~3階部分を活用して住民を増やしていくというのは、賑わいを生む1つの手だと思います。

HIPPO Design Research Network 代表
椛島 清太 氏

 佐藤 天神に限らず、ヨーロッパの街にあって日本の街にないもの、それは都心の中心部のマーケットです。観光に特化したようなマーケットもあれば、日常生活に特化したようなマーケットもありますが、そういうところに人がきて、賑わいが生まれるじゃないですか。そういったマーケットが、天神の街中になぜないのか――。

 椛島 今、アメリカなどで「ジェントリフィケーション」(地域の高級化により一般の人が住めなくなるということ)という現象が起こっているのですが、これは問題だと思っています。たとえば、シアトルやサンフランシスコなどでは、ハイテクの企業が集まって街は良くなったのですが、一方で家賃が高騰し、そういう高給取りしか住めない街になってしまいました。そうすると、そこからどうしても生活感が失われ、街の魅力がなくなっていくわけです。

 今の天神ビッグバンもそのように、時代に逆行しているように思えてなりません。私としては、生活の多様性―いろいろな年齢層のいろいろな家族体系の人たちが、お願いをしてでも街に住んでもらえるような、そういう枠組みを行政主導でつくるべきだったと思いますが、それを捨ててしまって、ジェントリフィケーションの道をまっしぐら。そうなると、誰も住みませんよね。

 ――そうならないために、新天町はこれからどうなっていくべきでしょうか。

 椛島 商業的見地でいうと“物”は絶対になくなりませんが、これからは、その必要な物を「どう買わせるか」という方向にシフトしていくと思います。物に対する価値観の在り方をどうつくっていくかが、これからの勝負の肝だと感じます。

 佐藤 やはり、街中の商店街にとっては、そこに“来る理由”や“行かないとできないこと”などが必要ですよね。

 椛島 ベタな話ですが、今はモノ(物)消費からコト(事)消費へと移行しているといいますが、さらにこれからは、トキ(時間)消費やトコ(場所)消費なども出てくるでしょう。その4つを組み合わせて、「行く理由」と「居る理由」「使う理由」などをいかにつくっていくかが、問われていると思います。昔であれば、「アンカーテナント」(核テナント)として、百貨店やGMS(総合スーパー)などが集客力をもっていましたが、もはやその力はありません。そうなると、あとは組み合わせることでマグネット力を付けるしかありませんが、その組み合わせのクリエイティブなアイデアをどうつくるか―。

 佐藤 これまで話してきたような、新天町としての新たな価値づくりは、ハードがともなえばそれに越したことはありませんが、既存の新天町のなかでも、コンテンツさえ全部替えてしまえば、成り立つように思います。新天町の商店街全体が何かポリシーをもって、「ここはそれを表現する場所だ」――みたいなことになれば、その考え方に共感する人たちが、わざわざそこまで出かけてくるというようなことはあり得ます。

 現実的な話をすると、1~2階部分はそのままにしつつも、上階部分を、たとえば、ネットやグラフィック、建築など、クリエイティブな活動をやっている連中を集めて、それに特化したような場所にしていけば、それだけで1つの価値になりますよ。

 椛島 そうした人たちが集まることによって、また新たな価値ができたり、新しいモノができたりしますし、そうすると、そこにきたい人も増えます。新天町をそうした何かの“メッカ”にしていくことで、その場所自体をブランド化していく取り組みも面白いでしょう。それで人は集まりますからね。波及効果は絶対にあると思います。外国人観光客だって、絶対に来るでしょう。

 たとえば、新天町の上階部分を全部フリーにして、“入れ子”で小さなハコをたくさんバラバラに入れて、そこでハコごとに好きなことをやれるようなスペースにするのはどうでしょうか。かっちりと決めるのではなく、そのなかに飲食があったり、事務所があったり、物販があったり、サービスがあったりなど、好きにやれる土台を用意できたら面白いかもしれません。

 佐藤 すべてを新たにつくり直すのは難しいですが、上階部分にテコ入れしていくだけでも、新たな魅力をつくっていくことは十分に可能だと思います。新天町がこれからどうなっていくか、我々としても期待しています。

(了)
【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月09日 07:00

相次ぐマンションの設計偽装NEW!

 構造設計一級建築士の仲盛昭二氏は、発覚が相次ぐ耐震偽装マンションに関し、マンション販売会社・設計事務所・行政に対して質問書を送付した。なぜ、この時期に仲盛氏が耐震偽...

2020年08月09日 07:00

復活の道が見えない日産自動車の研究(2)NEW!

 指名委員会の次なる仕事は、代表執行役の選任。指名委員会は2019年10月8日、西川氏の後任の社長兼CEOに内田誠・専務執行役員を起用すると発表した...

2020年08月09日 07:00

2019年度九州流通企業売上高ベスト10~4位までの順位は昨年度と変わらずNEW!

 2019年度の九州流通企業売上高ベスト10が決まった...

2020年08月08日 07:00

経営者が考えておくべきハラスメント対策とは

 新型コロナウイルス関連の報道に埋もれた感じがありますが、今年6月からいわゆる「パワハラ防止法」(労働施策総合推進法の改正)が施行されました...

2020年08月08日 07:00

生まれ変わった交流拠点、糸島ファームハウス「UOVO」(後)

 UOVOではファミリー層向けに、子どもが遊べるようにと芝生スペースも整備中。日射しの強い夏は、散水用のスプリンクラーがそのまま“涼”を感じられるアイテムになる...

2020年08月08日 07:00

コロナ禍に揺れる新大阪駅~都市機能不足、リニアにも暗雲(後)

 骨格に関してはもう論ずることがないので、地方創生回廊中央駅構想について見ていくことにする...

2020年08月07日 18:24

【8/8~21】お盆期間の飲み会は1次会、2時間まで 福岡県が要請

 福岡県は8~21日、県民に対して、接待をともなう飲食店、居酒屋など酒類を提供する飲食店やカラオケでの滞在を2時間以内とし、1次会のみの利用を要請する...

2020年08月07日 18:23

新型コロナウイルスが直撃~旅客運輸会社は生き残ることができるのだろうか

   来週、お盆を迎える。「今年は帰省を控えるべきか、それとも帰省すべきか」と、ぎりぎりまで迷っている人が多いといわれているが、旅客運輸業界の株価、経営状況などをみて...

2020年08月07日 17:55

【横田一の現場レポート】〈解散・総選挙は今秋〉説が無視できない理由 維新人気で「Go To改憲」

 コロナ禍にあってもなお、今秋の解散・総選挙説が永田町では囁かれている。7月15日には維新副代表の吉村洋文・大阪府知事が、地方分権の超党派勉強会「新しい国のかたち(分...

2020年08月07日 16:57

厚生労働省公表の「ブラック企業」 7月31日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年7月31日に公表(20年6月30日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

pagetop