• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月12日 09:52

アジアに「経済民主主義」を普及させ、共同体構築を図る!(前)

 7月7日(日)、法政大学・外濠校舎4階S406教室において、「国際アジア共同体学会 2019年春季大会」(共催:日本ビジネスインテリジェンス協会・日本華人教授会議、後援:日本中国友好協会・国際善隣協会)が開催され、学者を中心に約80名の有識者が集合した。午前の部の総会では4代目理事長に黒瀬直宏氏が選出された。午後の部の統一テーマは「中小企業によるアジア共生の道を探る―アジアの亀裂100年を振り返りつつ」であった。

中国とロシアの経済格差は中小企業発展の差だと考えています

黒瀬 直宏 新理事長

 午後の部は午前中に国際アジア共同体学会の4代目理事長に就任した黒瀬直宏氏の挨拶から始まった。専門を中小企業論(嘉悦大学 ビジネス創造学部教授)とし、特定非営利活動法人アジア中小企業協力機構(ICOSA)理事長でもある黒瀬氏は抱負を次のように語った。

 「私は中小企業の研究者であると同時にアジアに大きな関心をもっています。アジアには発展段階が異なる中小企業が多数あり、それぞれがさまざまな役割をはたしています。21世紀がアメリカの時代からアジアの時代に変わりつつあるなかで、アジア発展の大きな柱となるのが中小企業です。中小企業が次から次へと活発に開業できるかどうかで、その国の経済発展の命運が決まると言っても過言ではないと思います。

 このことは、「移行経済」(中央集権的計画経済から自由主義市場経済への移行を目指す旧社会主義国や社会主義政権を維持しながら斬新的に市場経済化を目指す国の経済)の観点から、中国とロシアを比較することによって理解が可能です。中国は、3つの柱によって市場経済を爆発的に発展させ、世界第2位の経済大国になり、購買力平価ベースのGDPではアメリカを抜きました。その1つ目は国営企業の民営化、2つ目は外資の導入です。そして、最も市場経済に寄与したのが3つ目の郷鎮企業(中国で人民公社解体後の 1985年頃から急増した農村企業の総称)の勃興です。

 一方、ロシアを見れば、もちろん領土は小さくなりましたが、現在のGDPは韓国並みです。どうして、こんなに差が開いてしまったのでしょうか。私は極東ロシアにいったことがありますが、そこでは少数の国有企業に生産が集中していました。たとえば、消費財である靴製造業は日本であれば都市の至るところにありますが、極東ロシアには大きなものが5つ、6つしかありませんでした。ロシアでも国有企業の民営化で市場経済を発展させようとしたのですが、独占によって利益を得る体質を変えることができず、中小企業が生まれる余地がありませんでした。

 私の信念でもあるのですが、中小企業が発展しないと、本当の意味での経済は発展しません。ただし、日本でも、アジア全体でも、その中小企業発展の前には、大企業との経済格差、不公正取引、従業員不足など、さまざまな問題が横たわっています。私は、国際アジア共同体学会の活動を通じて、その課題を解消し、アジアにおいて「経済民主主義」(注1)を普及させたいと考えています」

【注1】経済民主主義:経済的側面の民主化により、労働者大衆の生活を向上させること。政治制度としての民主主義が実現されたとしても経済的不平等が残存する場合には、民主主義は不完全であるといわねばならない。このため経済民主主義の主張が生じた。

社会変革を促す技術開発のほとんどは、中小企業から生まれる

内田 弘 氏

 黒瀬新理事長の挨拶の後、内田弘氏(専修大学名誉教授)のⅠ.『記念講演』「アジアの亀裂の歴史を振り返り、アジア共生社会を展望する~近現代東アジア史と三木清の技術哲学」が始まった。コメンテーターは苑志佳氏(立正大学教授)であった。

 内田氏は「アジア共同体の基盤になるものは中小企業の技術である」ことを強調した。そして、「日本の中小企業技術は現在も、中国を含めてアジアの中小企業のレベルを大きく上回る。アジアの中小企業は日本の中小企業の技術を欲している。日本で始まった5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)は製造業の現場で、アジア全体の生産管理の共通言語になっている」と語った。

 続けて、三木清(大正―昭和時代前期の京都学派の哲学者)の研究者でもある内田氏は、三木清の「技術哲学」や「東亜協同体論」(注2)に言及した。最後に、小説『下町ロケット』の神谷弁護士のモデルでもある鮫島正洋弁護士の言葉、「社会変革を促す技術開発はほとんど、大企業からでなく、中小企業から生まれる」(2019年5月14日、朝日新聞)を披露して話を結んだ。

【注2】東亜協同体論:東亜協同主義においては、1つの民族の協同は単に閉鎖的でなく同時に開かれ、そこに東亜諸民族の協同への道が考えられ、同様に東亜諸民族の協同も単に閉鎖的でなく、同時に世界に対して開かれたものとして考えられる

(つづく)
【金木 亮憲】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月24日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(5)

 ベスト電器は2010年1月、有薗会長、濱田社長が経営責任をとって退任し、深澤政和副会長が代表取締役社長に、井澤信親氏が代表取締役専務となる新人事で年を明けた。しかし...

2021年01月24日 07:00

【年頭所感】コロナ禍の逆風のなかで新たな挑戦、太宰府市をより住みよいまちに〜楠田大蔵市長(後)

 当面はコロナ対策を万全にしていくということに尽きますが、今年はある意味、総決算、集大成の1年になってきますので、積み上げてきた3年間の取り組みを1つの形にしていく重...

2021年01月23日 13:47

【福岡県政インサイダー】データ・マックスの目は節穴、高島市長の脳裏には知事の道はない

 22日、「福岡県政インサイダー」コーナーに「小川知事ついに辞意表明か 後任に高島福岡市長」という記事を掲載したところ、そのわずか30分後に自民党福岡市議団の有力市会...

2021年01月23日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(4)

 1953年9月創業のベスト電器は、当時メーカー優位の家電販売業界にあって、創業者の北田光男氏が辛酸を舐めながらも"安売り"を前面に押し出した販売手法で日本一の会社に...

2021年01月23日 07:00

【年頭所感】コロナ禍の逆風のなかで新たな挑戦、太宰府市をより住みよいまちに〜楠田大蔵市長(前)

 太宰府市は19年に令和の発表で注目をいただいた分、20年にはコロナの影響を非常に強く受け、その落差は日本一大きかったかもしれません。観光客数は4〜5月が前年同期比9...

2021年01月22日 17:18

進展しない第一生命の金融詐欺事件

   下表は第一生命保険(株)が2020年12月22日に発表した「元社員による金銭の不正取得」事案に関する報告の表題である(一部加筆および修正)。 ~この表...

2021年01月22日 16:43

【基山町】トラスト不動産開発と「まちづくりに関する協定」を締結~地方創生の新モデルを

 佐賀県基山町は、25日、トラスト不動産開発(株)と「まちづくりに関する協定」を締結する。トラスト不動産が基山町において18年ぶりとなる分譲マンションを建築することに...

2021年01月22日 16:06

自動運転、事故の責任は誰が負う? メーカーか、運転手か、それともAIか

 自動運転は、4月に「レベル3(条件付き運転自動化)」が解禁され、ホンダが高速道路での自動運転機能を搭載した乗用車を近く発売する予定で、ついに実用化されることになった...

2021年01月22日 15:30

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:副作用の急増で問われる安全性(後)

 歴史を紐解けば、人類は8000年もの昔から感染症と向き合ってきた。エジプトのミイラからも天然痘の痕跡が発見され、14世紀のペストの流行によってヨーロッパでは人口の3...

2021年01月22日 15:12

【告発/大和ハウス】バイオガスプラント事業でずさん工事 プラント正常化を「投げ出し」の卑劣(1)

 大和ハウスと、福岡県糸島市の養豚農家の間にトラブルが起きている。にわかには信じられないずさんな工事の背景には何があるのか...

pagetop